癌転移の治療ガイド » 知っておきたい癌と必要なケアのこと

知っておきたい癌と必要なケアのこと

がん治療を受ける患者にとって、まず最優先にすべきことはがんを完治することです。しかし、がんを治療することだけでは、患者と家族の心のケアまでは行き届きません。ここでは、がん治療とあわせて行う心と体のケアについて紹介していきます。

感染症予防

がんの治療を受けている人は一般の人に比べて免疫機能が低下しやすい傾向にあり、免疫機能が少ない状態で感染症にかかってしまうと、一般の人よりも重症化してしまう可能性が高くなります。

そのため、がん治療を行っている人は感染症予防を入念に行わなければなりません。手洗い・うがいをしっかりしたり、入浴や歯磨きをこまめにしたりするなど日常生活の中で気をつけたいことやおすすめの食事方法、ペットとの関わり方などさまざまな注意が必要です。

また、ウイルス性の病気で一般的なインフルエンザも、がん治療を行っている人は注意深く予防しておくことが求められます。ここでは、がん治療と感染症予防について詳しく解説しています。

免疫力アップの方法

がん治療を行っている人やがん治療が終わったばかりの人が願うのは、がんの再発や転移を防ぐこと。そのために重要なことは、免疫力をアップさせることです。

免疫力が下がったままだと、がんの再発や転移だけでなく、インフルエンザなどの他の感染症にかかってしまうリスクも高まります。ここでは、免疫力を高めるためにはどうすればよいのかを分かりやすく解説していきます。

免疫のメカニズムや免疫を上げるために必要なこと、免疫力アップに役立つ簡単でおいしい厳選レシピもあわせて紹介していくので、チェックしてみてください。

がんの治療中に災害にあった場合の対処法とは?

自然災害が多いことで知られる日本では、地震や台風、大雨、洪水、大雪などに見舞われることがあります。大なり小なり国内のどこかで災害が起きる中、気になるのは「がんの治療中に災害に遭った場合は、どう対処すればよいのか?」ということでしょう。

がん治療を行っている人は、普段の生活の中でもさまざまなことに気をつけながら生活しなければなりませんが、そこに「被災」という現実が重なってしまうと、パニックを起こしてしまうのも無理はありません。

しかし、災害発生時でも事前に準備をしておけば、冷静な対応をすることができます。ここでは、そんな時に役立つ情報を分かりやすくまとめています。災害によるリスクや被災した時に備えて普段から準備しておくべくもの、被災した場合の緊急対応のやり方など、さまざまなケースを想定して解説しています。

妊孕性温存について

医療技術の発達によって、がん治療の成績がよくなり、近年ではがん治療が終わった後のライフプランにまでしっかりとケアする風潮になってきました。その1つが、この妊孕性温存です。

妊孕性とは、子どもを授かる力のこと。手術や抗がん剤などのがん治療によって生殖機能に影響し、妊娠する能力が弱くなったり、完全に失ってしまったりすることもあります。「いつか子どもがほしい」と考えているがん患者に寄り添い、生殖機能をしっかりと残そうというのが、妊孕性温存なのです。

ここでは、妊孕性温存が注目されている理由やなぜ失ってしまうのか、そうならないための対応策などを詳しくまとめました。

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)