癌転移の治療ガイド » 知っておきたい癌と必要なケアのこと

知っておきたい癌と必要なケアのこと

がん治療を受ける患者にとって、まず最優先にすべきことはがんを完治することです。しかし、がんを治療することだけでは、患者と家族の心のケアまでは行き届きません。ここでは、がん治療とあわせて行う心と体のケアについて紹介していきます。

感染症予防

がんの治療を受けている人は一般の人に比べて免疫機能が低下しやすい傾向にあり、免疫機能が少ない状態で感染症にかかってしまうと、一般の人よりも重症化してしまう可能性が高くなります。

そのため、がん治療を行っている人は感染症予防を入念に行わなければなりません。手洗い・うがいをしっかりしたり、入浴や歯磨きをこまめにしたりするなど日常生活の中で気をつけたいことやおすすめの食事方法、ペットとの関わり方などさまざまな注意が必要です。

また、ウイルス性の病気で一般的なインフルエンザも、がん治療を行っている人は注意深く予防しておくことが求められます。ここでは、がん治療と感染症予防について詳しく解説しています。

免疫力アップの方法

がん治療を行っている人やがん治療が終わったばかりの人が願うのは、がんの再発や転移を防ぐこと。そのために重要なことは、免疫力をアップさせることです。

免疫力が下がったままだと、がんの再発や転移だけでなく、インフルエンザなどの他の感染症にかかってしまうリスクも高まります。ここでは、免疫力を高めるためにはどうすればよいのかを分かりやすく解説していきます。

免疫のメカニズムや免疫を上げるために必要なこと、免疫力アップに役立つ簡単でおいしい厳選レシピもあわせて紹介していくので、チェックしてみてください。

がんの治療中に災害にあった場合の対処法とは?

自然災害が多いことで知られる日本では、地震や台風、大雨、洪水、大雪などに見舞われることがあります。大なり小なり国内のどこかで災害が起きる中、気になるのは「がんの治療中に災害に遭った場合は、どう対処すればよいのか?」ということでしょう。

がん治療を行っている人は、普段の生活の中でもさまざまなことに気をつけながら生活しなければなりませんが、そこに「被災」という現実が重なってしまうと、パニックを起こしてしまうのも無理はありません。

しかし、災害発生時でも事前に準備をしておけば、冷静な対応をすることができます。ここでは、そんな時に役立つ情報を分かりやすくまとめています。災害によるリスクや被災した時に備えて普段から準備しておくべくもの、被災した場合の緊急対応のやり方など、さまざまなケースを想定して解説しています。

妊孕性温存について

医療技術の発達によって、がん治療の成績がよくなり、近年ではがん治療が終わった後のライフプランにまでしっかりとケアする風潮になってきました。その1つが、この妊孕性温存です。

妊孕性とは、子どもを授かる力のこと。手術や抗がん剤などのがん治療によって生殖機能に影響し、妊娠する能力が弱くなったり、完全に失ってしまったりすることもあります。「いつか子どもがほしい」と考えているがん患者に寄り添い、生殖機能をしっかりと残そうというのが、妊孕性温存なのです。

ここでは、妊孕性温存が注目されている理由やなぜ失ってしまうのか、そうならないための対応策などを詳しくまとめました。

癌になってからの仕事のこと

癌の告知を受けて冷静に物事を考えられる人はまずいないでしょう。時間をかけて心の落ち着きを取り戻し、まずは治療のこと、家族のことを考えたとします。その次に問題となるのは仕事のことではないでしょうか。

もちろん生活のために仕事は必要ですが、それは経済的な問題だけではありません。仕事は社会と自分との関わりの証ともなる、精神的な支えや生きがいの1つです。癌の告知を受けたからといって人生が終わるわけではありませんので、絶望のあまり勢いで仕事を辞めてしまうことはおすすめできません。自分から仕事を辞めないにしても、癌になったせいで同じように仕事をすることはできないのではないか、もしかしたら解雇されるのではないか、そう不安になるかもしれません。

ここでは癌の治療と仕事を両立させるための制度や考え方についてまとめています。

癌でかかるお金と支援制度

ただでさえ大きなショックを受ける癌の告知。治療のこと、家族のこと、仕事のこと、さまざまな不安にとらわれてしまうでしょう。そしてもう1つ、忘れてはならない問題はお金のことです。

癌の多くは早期発見できれば治療もスムーズに進み、早い段階で完治することが期待できます。費用も抑えることができるでしょう。しかし、癌が進行してから発見された場合は長期にわたる治療を余儀なくされます。治療の副作用などで社会復帰もままならず、収入が減っていくのに費用はかさんでいく…。そんな問題を抱えてしまうことにもなりかねません。

お金の問題が不安やストレスを呼び、闘病生活に悪影響を及ぼすことは避けるべきです。ここでは癌の治療にかかる費用や、それを支援してくれるさまざまな公的制度について説明していきます。

気になる肌荒れのスキンケア

肌荒れは放射線治療や抗がん剤治療といった癌治療の副作用の1つで、比較的頻繁に発生します。とくに女性にとって肌荒れは天敵、非常に悩ましい問題となります。肌荒れを起こす部位や程度によってはどうしても人目を気にすることになり、誰にも会いたくなくなってしまうなど日常生活にも支障をきたしかねません。

スキンケアの基本は清潔と保湿だといわれますが、これは癌患者さんにとっても同様です。ただ、いつもと同じようなケアではいけません。日常生活においても注意すべきことがありますし、男性か女性かによっても違ってきます。

ここでは肌荒れに代表されるスキントラブルと癌治療の関係を考え、その対処法についてお伝えしていきます。

癌患者が悩まされる睡眠障害

個人差はあるにしろ、多くの癌患者さんが「眠れない」「眠りが浅い」といった睡眠障害に悩まされています。癌患者さんであることを考えれば、睡眠障害の原因は数多くあるでしょう。治療の副作用や環境変化、そしてストレスや不安など、要素を挙げていけばきりがありません。

また、自分でも気づかないうちに睡眠障害に陥っていることがあります。日中に頭痛やめまいがしたり、集中力の低下や苛立ちを覚えたりしたことはないでしょうか。心当たりがあるのなら、それは睡眠障害かもしれません。

ここではそんな癌患者さんの悩みである睡眠障害にアプローチします。原因から治療法、そして日常生活上の注意点、そして睡眠障害との向き合い方まで、1つずつお伝えしていきますね。

癌患者が旅行を楽しむための手引き

たとえ癌になったとしても、自分は自分らしく生活していきたい、きっとそれはすべての癌患者さんの願いです。旅行に出かけたいというのもその1つかもしれません。

闘病中の旅行は不安だという人も多いでしょう。しかし、体調が良いのであれば気分転換のためにも行きたいところ。主治医の許可を前提に、思い切って出かけてみてはいかがでしょうか。

現在では闘病中の人でも旅行を楽しめるように、さまざまなサービスを用意している旅行会社がたくさんあります。中には医療スタッフが同行してくれるサービスもあるので、医学的管理が必要な人でも旅行に出かけられるのです。

もちろん基本は体調と相談しながら、無理のない旅行計画を立てましょう。ここでは闘病中の旅行について心得ておきたいポイントをまとめています。

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)