癌転移の治療ガイド » 癌患者に家族ができること » セカンドオピニオンを活用する

セカンドオピニオンを活用する

セカンドオピニオンを直訳すると「第二の意見」。自分に合った、より効果的な治療を目指してセカンドオピニオンを希望する人は増えています。その背景には癌の治療の進歩と、患者さん自身がインターネットなどで多くの情報を得られる時代になったことがあるでしょう。

ここではセカンドオピニオンの本来の意味や上手な活用法についてお伝えしていきます。

セカンドオピニオンを受けるにあたって

セカンドオピニオンの目的

セカンドオピニオンの目的とはなんでしょうか。それは、主治医以外の医師の意見を聞くことで、患者さん自身が納得のいく治療を受けるためにあるものです。

誤解している人も多いのですが、決して主治医を変更したり転院したりするためのものではありません。他の医師だったらどのように考えるのか、その意見を主治医のもとに持ち帰って治療を続けるのが本来のあり方です。

本当にセカンドオピニオンが必要か

セカンドオピニオンを受けたいと考えている人は、少なからず治療への疑問があるでしょう。そこで、セカンドオピニオンを受ける前に、どこに疑問を感じているのか、何を聞きたいのかを整理し、それをまず主治医に伝えてみてください。もしそれで疑問が解消するのであれば、主治医とのコミュニケーションが足りなかったということになります。

主治医と話したうえで、やはりセカンドオピニオンの必要性を感じる場合にはそう伝えましょう。

セカンドオピニオンを受けて後悔する?

セカンドオピニオンの担当医は、主治医が言いにくいことを敢えて伝える場合もあります。治療の可能性や余命、ホスピスの話など、患者さんにとってショックな内容にならないとは限りません。「こんな話は聞きたくなかった」と、セカンドオピニオンと受けて後悔する人もいます。

良い結果だけを得られるわけではなく、想定外の結果を提示されることも踏まえたうえで、セカンドオピニオンを受けるかどうか決めましょう。

セカンドオピニオンは患者の権利

セカンドオピニオンを申し出ると主治医の気分を損ねるのではないか、そう心配する人も多いようです。

セカンドオピニオンは患者さんの権利。それを快く受け入れてデータを提供してくれるような主治医なら、これからも信頼関係を保つことができるでしょう。

もしセカンドオピニオンに対して嫌な顔をする主治医であれば、その時点で信頼関係を構築していくのは難しいといえます。それこそ主治医の変更や転院を検討すべきかもしれません。

セカンドオピニオンを受けた後

セカンドオピニオンの見解が主治医と同じだった場合、患者さんは納得して主治医の治療を受けることになるでしょう。しかし、セカンドオピニオンで主治医とは違う治療方針を示された場合は、多くの患者さんが転院を希望します。

セカンドオピニオンは転院を目的としたものではありません。あくまでも患者さんの選択と決定を支える手段の1つです。納得いく治療を選択するためにセカンドオピニオンを活かしましょう。

セカンドオピニオンの基礎知識

セカンドオピニオンはどこで受ける?

いざセカンドオピニオンを受けると決めても、どこで受けるかはあてのない人のほうが多いでしょう。

セカンドオピニオンはがん対策基本法に基づいて設置されている「がん診療連携拠点病院」のほか、癌の診療を行なっている多くの医療機関で受け入れを行なっています。どこで受けるか迷った場合は、がん診療連携拠点病院の相談センターなどに問い合わせてみると良いでしょう。

セカンドオピニオンの手続きは?

どこでセカンドオピニオンを受けるか決まったら、あらかじめそちらに連絡を取って必要な手続きを確認しておきましょう。確認すべき内容は以下のとおりです。

  • 受診の方法(予約の仕方など)
  • 費用
  • 当日の所要時間
  • 必要な書類や資料など

セカンドオピニオンを受ける際には、現在までに受けた治療・検査のデータは必須となります。これは主治医の医療機関から借りることになるので、いずれにせよ主治医の了承を得なければなりません。

セカンドオピニオンの事前準備は?

セカンドオピニオンは保険適用ではないので自費診療となります。したがって、費用や所要時間は医療機関によって変わります。

費用と限られた時間を有効に活かすために、医師に伝えたいこと、聞きたいことをメモに整理しておいたほうがよいでしょう。担当医も、本人がセカンドオピニオンを選択した理由を早く正確に理解できるので対話がスムーズに進みます。

セカンドオピニオンにおける家族やパートナーの役割

セカンドオピニオンに同席する

事前準備をしっかり行なってセカンドオピニオンに臨んでも、医師の前だと緊張して上手く伝えられないことがあります。癌治療のセカンドオピニオンですから、本人にとって厳しい話になることもあるでしょう。そうなると冷静な判断ができなくなるかもしれません。

やはりセカンドオピニオンには信頼のおける家族やパートナーが同席することが望ましいでしょう。一緒に話を聞いてくれることで、本人の安心度はまったく変わります。

情報と理解を共有する

セカンドオピニオンの内容を本人だけで理解しようとすると、どうしても客観性に欠け、解釈が偏ることがあります。ここも家族やパートナーの出番です。セカンドオピニオンの前、そして受けた後には本人と一緒に情報を整理して共有し、共に理解するという姿勢で本人を支えてあげましょう。

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)