癌転移の治療ガイド » 癌の転移に負けない最新治療について

癌の転移に負けない最新治療について

癌の転移を食い止めるための、転移がんの部位別特徴ガイド

がんの治療技術については、切除手術や放射線治療、抗がん剤など、日夜進化を続けています。しかし、移転した癌については未だ治療が難しいとされているのは現状です。

しかし最新の医療では、転移癌の長期生存率が向上し続けていることもたしか。治療をあきらめず転移がんを克服するための、最新の転移癌治療の事情をご紹介します。

なぜ癌の転移が起こるのか

そもそも、癌の転移はなぜ起こるでしょうか。

癌細胞は無限に増殖する性質があり、免疫細胞がこれを食い止めることができなければ、徐々に臓器や組織を侵食していきます。これがいずれリンパ節や血管へと流れだすとがん細胞はほかの部位へと流れだしていきます。

がん腫瘍ができた時点で、体内にはがん細胞が常に流れていると言われています。しかし、通常は免疫機構によって私たちのからだは守られているため、がん細胞は生着できません。これが何らかのトラブルで生着しまうことで、がんは転移を起こします。

がんの転移の詳細なメカニズムについては、以下のページで解説をしています。

>>がんが転移を起こすメカニズム<<

主要5大癌が転移を起こす部位とは?

がんの転移は、原発巣の発生した部位によって転移先が決まっていることが知られています。それだけでなく、原発巣のある部位によってがんの性質が異なるため、治療法も異なります。

ここでは、主要5大癌と呼ばれるがんと、そのほかのよく知られている癌の転移先についてご紹介しています。

>>主要5大がんの転移部位について<<

肺癌

肺には全身からの血液が流れ込み、また肺から全身へと血液を送り出す役割があります。そのため、比較的肺癌は転移を起こしやすく、またほかの部位からの転移も多く起こります。

肺からの転移が発見された場合の多くは、すでにほかの部位にも移転していることがほとんど。そのため、全身療法を行うのが一般的です。

肺癌の転移に対する治療法

肺癌から他の部位への転移、他の部位から肺への転移が起こりやすいという特徴を持つ肺。他部位から肺へ転移した癌の治療は、基本的に薬物療法もしくは対症療法による治療がメインとなります。また、転移性肺癌の大きさや、患者さんの年齢・体力によっては外科手術による腫瘍摘出も選択肢の一つです。基本的に転移性肺癌の治療は、原発巣(元の癌)の種類に合わせた治療方法が選択されます。手術をする場合には、原発巣(元の癌)の治療が終了しているかどうかも大切な要素ですから、じっくりと医師と話し合ってみましょう。

>>肺癌の転移癌の詳細はこちら<<

乳癌

乳癌の転移は、一般的には予後が悪いと言われています。乳房やその周辺の転移の場合は治療実績は悪くないのですが、遠隔転移になると治療が難しくなるようです。

また、乳がんの治療は乳房の切除をせずに行う方法が切望されてきました。最近は放射線治療や化学療法の治療成績が良くなり、切除をせずに乳がんと付き合っていくという選択肢もあります

乳癌の転移に対する治療法

リンパ節や肺、骨に転移することの多い乳癌は、転移部分で外科的手術が可能であれば外科手術による治療が行われますが、外科手術が難しいケースも少なくありません。抗癌剤治療、放射線治療、ホルモン治療のいずれかの治療方法もしくは、これらの治療方法を組み合わせた治療がおこなわれるのが一般的です。例えば乳癌が骨転移をした場合の治療は、放射線治療により半年後には7割の方が骨修復に至っているという報告もあります。転移を起した場所に合わせた治療計画が大切です。

>>乳がんの転移について<<

胃癌

胃癌は転移先がある程度限定されており、また、事前に検査で転移リスクを予測しやすいため、胃癌が発見された時点で転移を予防するための治療が行われます。

ここでは、代表的な転移先である、リンパ節、腹膜播種、そして肝転移の場合の治療法について解説しています。

胃癌の転移に対する治療法

周辺臓器やリンパ節などへの転移が多く見られる胃癌は、リンパ節に転移した場合には、転移の可能性があるリンパ節を切除する外科的治療が行われます。腹膜へ癌細胞が飛び散ってしまう腹膜播種では、手術による全摘出が難しいケースも多く、放射線や抗癌剤による治療が行われることが多いようです、また、抗癌剤を溶かした特殊な液で転移した部分を洗浄する腹腔内化学療法などによる治療も行われることがあります。

>>転移した胃癌の治療法とは?<<

肝臓癌

日本人の国民病ともいわれ、また再発・転移が非常に多いのが肝臓癌。切除などの治療をしても、がん細胞を取り切れずに再発してしまうことが非常に多いようです。

というのも、肝臓は血管が多く集まる臓器で、肝臓からがん細胞が転移しやすいようにできているのです。肝臓がんの転移は80%が肝臓内、残りの20%が遠隔転移と言われています。

肝臓癌の転移に対する治療法

肝臓癌の転移は、同じ肝臓内で起こることが多く、そうした場合では外科手術により癌細胞を切除、もしくはラジオ波焼灼で癌を死滅させる治療が行われます。仮に、転移を早期に発見できた場合には、経皮的エタノール局注療法と言って、癌細胞に純度100%のエタノール駅を注入し、癌細胞を死滅させる治療方法有効です。その他にも抗癌剤を直接注入する動中療法や、冠動脈塞栓術などの手段もあります。転移の程度、発見時の患者さんの体力などによってもベストな治療法は異なります。

>>肝臓癌の転移の予後は?<<

大腸癌

ほかの主要癌に比べると、おだやかで治療しやすいのが大腸癌からの転移。広がるのが遅く、早期発見ができれば切除手術によって長期生存が可能だと言われています。

まず肝臓に移転し、そこから他の臓器に移転するという特徴を持つことから、転移の発見もしやすいとされています。

大腸癌の転移に対する治療法

肝臓や肺へ転移することが多い大腸癌肝臓へ転移した場合には、転移した癌がまだ小さければ、切除手術による摘出も可能。生存率も高いと言われています。また、肺へ転移した場合には、胸に開けた小さな穴から器具を入れて腫瘍を切除する胸腔鏡手術が一般的で、身体的負担が少なく、術後の回復も比較的早いと言われています。外科手術後には、抗癌剤や放射線療法などにより、取り残した小さな癌を死滅させ、根治を目指します。

>>大腸癌の転移の特徴とは?<<

その他の癌の転移について

食道癌

食道癌は進行が早いため、症状が出てからでは遅いと言われています。また、他の臓器へ転移してしまうと、根治するのが厳しいです。そのため、治療後も再発防止治療と定期検診が必要なのです。

ここでは、食道癌が転移した際に出る症状や治療法についてご紹介します。

食道癌の転移に対する治療法

食道癌は、食道近くにある心臓・肺・大動脈・リンパ管や血管、骨などに転移を起しやすい癌です。特に、食道癌は転移しやすいことから、食道癌を発見したら、転移を起していないかしっかりとチェックすることが大切です。転移した場所によって治療法は異なります。転移がみられる場合には、治療方法は全身状態や食道癌の再発の有無に合わせて治療法が選択されます。手術による治療よりも、放射線治療や抗癌剤による化学療法が選択される場合が多いようです。

>>食道癌が転移したときの症状や治療法は?<<

前立腺癌

他の部位の癌と比較すると進行が遅く、生存率が高い前立腺癌ですが、初期症状がほとんどないことも特徴の1つです。発見が遅れてしまうと骨やリンパ節への転移する可能性があります。特に多いのは骨への転移。他の癌より早期に骨へ転移してしまうのが前立腺がんの怖さです。

前立腺癌の転移に対する治療法

転移の見られる前立腺癌の場合、内分泌療法や化学療法が行われることが一般的です。内分泌療法(別名ホルモン療法)とは、癌細胞が増える際に必要なホルモン作用をストップさせるために、特定のホルモンの働きを抑えるホルモンを投与したり、ホルモンを分泌する部分そのものを取り除いてしまう治療法です。ただし、内分泌療法はあくまでも癌の成長を抑えるための治療です。合わせて、癌そのものを攻撃する化学療法などが必要となってきます。

>>前立腺がんの転移の特徴・治療法とは?<<

子宮癌

子宮癌はヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で起こる子宮頸癌と、女性ホルモンのエストロゲンが原因で起こる子宮体癌の2つを指します。それぞれ転移先や治療法が違っていても、早期発見できれば切除のみで治療できるのは同じです。 こちらでは代表的な子宮癌の移転先と治療法を紹介します。

子宮癌の転移に対する治療法

表皮部分(上皮)に止まる程度の初期で発見されれば完治の可能性もある子宮頸癌。治療には、外科手術に加えて、放射線治療や抗癌剤を使った化学療法が用いられます。将来出産を望む方にとっては、できる限り温存したい臓器なだけに、治療法については、医師と慎重に相談する必要があるでしょう。子宮頸癌はリンパ節や、子宮周辺の臓器への転移を起こすことが多く、その場合には化学療法や全身療法など、患者さんの状態に合わせた治療方法が検討されます。

>>子宮癌が転移した場合の治療法とは?<<

癌の転移を食い止めるために必要なこととは?

転移してしまった癌の治療において大切なのは、癌転移のリスクをコントロールすること。がんがそれ以上増殖しないように、抗がん剤や放射線治療、あるいは免疫治療などを行います。

癌の根治にもっとも効果的なのは切除手術だと言われますが、現実的には癌細胞の取り残しがあり、再発・転移を起こす可能性があります。いずれの治療法をとったとしても、継続的に転移や再発を防ぐような治療が必要になります。

そこで、ここでは転移を食い止め、予防するために気をつけたいことをまとめてみました。転移を止め、予後を改善するためには何が必要なのでしょうか。

>>これ以上がんの転移を広げないために<<

名医、いい病院の選び方

癌の治療をする際には信頼できる名医と病院選びをしなければなりません。具体的にどのような名医がいるのか、評価の高い病院はどこなのかを調べる際に役立つ情報についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>名医、いい病院の選び方<<

がんの種類と延命率について

がんの種類別にステージ4からの平均余命と平均延命率をお伝えします。

肺がん

ステージ4からの平均余命

全国がん(成人病)センター協議会が行った、生存率共同調査によれば、肺がんのステージ4からの生存率は、1年生存率が40.7%、2年生存率が19.1%、3年生存率が10.7%、4年生存率は6.95、5年生存率は4.5%となっています。

標準治療を施した場合の延命率

標準治療を施した場合の延命率は、手術治療の場合相対生存率は5年生存率で12.2%に。放射線治療を行った場合には3.9%に。化学療法を行った場合には6.5%となっています。なお、免疫・BRM療法や、内分泌療法に関しては症例数が5件以下と不足しているため正確な数値はわかりません。

出典: 全がん協加盟施設の生存率共同調査「全がん協生存率」

乳がん

ステージ4からの平均余命

ステージ4の乳がんの相対生存率は、1年生存率が84.5%、2年生存率が70.8%、3年生存率が59.4%、4年生存率が47.8%、5年生存率が38.6%と報告されています。ステージ1など早期に発見されれば生存率は95%以上。ステージ2でも5年生存率は90%以上となるがんですから、早期発見・早期治療が大切です。

標準治療を施した場合の延命率

乳がんの外科的治療を行った場合、相対的5年生存率は38.6%から52.6%へと上昇します。放射線治療のみを行った場合には相対的5年生存率は32.0%。放射線治療と化学療法、内分泌療法を併用した場合には5年相対生存率が59.6%と報告されています。複数の治療を組み合わせて結果を出していくのが一般的です。

出典: 全がん協加盟施設の生存率共同調査「全がん協生存率」

胃がん

ステージ4からの平均余命

ステージ4の胃がんの生存率は、1年で44.1%、2年で18.9%、3年で10.7%、4年で8.1%、5年で7.2%となっています。人口10万人当たりの罹患率は減少傾向になり、胃がんで亡くなる方の割合も減少傾向にあります。

標準治療を施した場合の延命率

胃がんの外科的手術を実施した場合の1年相対生存率は18.9%です。一方、体腔鏡的(腹腔鏡、胸腔鏡)的手術治療を行った場合には1年生存率が78.0%と上昇します。放射線治療による1年生存率は29.4%、化学療法による1年生存率は50.5%。

体腔鏡的(腹腔鏡、胸腔鏡)的手術治療と化学療法を行った場合の1年生存率は83.0%と延命率は上昇します。しかしながら、いずれの治療法でも、2年、3年生存率以降は低い数値が報告されています。

出典:全がん協加盟施設の生存率共同調査「全がん協生存率」

肝臓がん

ステージ4からの平均余命

肝がんのステージ4からの生存率は1年で23.0%、2年で8.9%。3年目以降は4.4%、2.5%、1.9%と低い値が報告されています。これらの数字は、手術、放射線治療、薬物療法など何らかの治療を受けた患者さんを総合して計算した場合の生存率です。

標準治療を施した場合の延命率

外科的治療を行った場合の、ステージ4の肝がんの生存率は1年生存率が45.1%と上昇しています。しかしながら2年目は11.5%。その後の生存率も低くなっています。放射線治療のみを受けた場合の生存率は1年で26.2%、2年で14.5%。3年で5.1%と良好な結果が報告されています。

出典: 全がん協加盟施設の生存率共同調査「全がん協生存率」

大腸がん

ステージ4からの平均余命

大腸がんの平均余命は他のがんと比べて比較的高く、ステージ3でも70%の生存率が報告されています。ステージ4の場合の生存率は、がんの進行スピードや広がり方によっても異なります。1年生存率は71.3%、2年生存率は48.4%、3年生存率は34.3%、4年生存率は25.3%、5年生存率は20.2%となっています。

標準治療を施した場合の延命率

外科的手術治療を行った場合の、ステージ4大腸癌の1年生存率は81.6%、2年生存率は60.1%、5年生存率も30.3%となっています。外科的手術治療と化学療法、放射線治療を組み合わせた場合は5年生存率がさらに上がり、37.5%となっています。

出典: 全がん協加盟施設の生存率共同調査「全がん協生存率」

食道がん

ステージ4からの平均余命

食道がんのステージ4からの5年生存率は12.4%と報告されています。ステージ4a期には化学放射線療法が、ステージ4b期には化学療法が標準療法として推奨されています。

標準治療を施した場合の延命率

放射線と化学療法を行った場合の5年生存率はステージ4全体で12.6%です。化学療法のみを行った場合の5年生存率もそれほど変わらず、14.3%となっています。

出典: 全がん協加盟施設の生存率共同調査「全がん協生存率」

前立腺がん

ステージ4からの平均余命

前立腺がんは、ステージ1から3までの生存率はほぼ100%。ステージが進行してもそれほど変化がないのが特徴です。ただし、転移のあるステージ4では、5年生存率が64.1%となっていることから、転移の有無が余命に大きく影響を与えるがんと言えます。

標準治療を施した場合の延命率

前立腺がん はリンパ節転移や、遠隔転移がみられる場合には内分泌療法や化学療法が選択されます。内分泌療法を受けた場合の相対5年生存率は67.7パーセントと予後が若干向上します。

出典: 全がん協加盟施設の生存率共同調査「全がん協生存率」

子宮がん

ステージ4からの平均余命

子宮がんの中でも、子宮体がんのステージ4の生存率は、5年相対生存率で16.8%となっています。ステージ1であれば5年相対生存率は94.9%。ステージ3でも68.3%となっていることから、いかに早期発見をするかが延命の鍵となります。

標準治療を施した場合の延命率

ステージ子宮体がんの手術治療を行った場合の延命率は、5年相対生存率が40.7%に向上していることからも高い効果が得られると考えられます(個々の効果については症例による)。

出典: 全がん協加盟施設の生存率共同調査「全がん協生存率」

関連ページ

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。