癌転移の治療ガイド » 癌の転移に負けない最新治療について

癌の転移に負けない最新治療について

癌の転移を食い止めるための、転移がんの部位別特徴ガイド

がんの治療技術については、切除手術や放射線治療、抗がん剤など、日夜進化を続けています。しかし、移転した癌については未だ治療が難しいとされているのは現状です。

しかし最新の医療では、転移癌の長期生存率が向上し続けていることもたしか。治療をあきらめず転移がんを克服するための、最新の転移癌治療の事情をご紹介します。

なぜ癌の転移が起こるのか

そもそも、癌の転移はなぜ起こるでしょうか。

癌細胞は無限に増殖する性質があり、免疫細胞がこれを食い止めることができなければ、徐々に臓器や組織を侵食していきます。これがいずれリンパ節や血管へと流れだすとがん細胞はほかの部位へと流れだしていきます。

がん腫瘍ができた時点で、体内にはがん細胞が常に流れていると言われています。しかし、通常は免疫機構によって私たちのからだは守られているため、がん細胞は生着できません。これが何らかのトラブルで生着しまうことで、がんは転移を起こします。

がんの転移の詳細なメカニズムについては、以下のページで解説をしています。

>>がんが転移を起こすメカニズム<<

主要5大癌が転移を起こす部位とは?

がんの転移は、原発巣の発生した部位によって転移先が決まっていることが知られています。それだけでなく、原発巣のある部位によってがんの性質が異なるため、治療法も異なります。

ここでは、主要5大癌と呼ばれるがんと、そのほかのよく知られている癌の転移先についてご紹介しています。

>>主要5大がんの転移部位について<<

肺癌

肺には全身からの血液が流れ込み、また肺から全身へと血液を送り出す役割があります。そのため、比較的肺癌は転移を起こしやすく、またほかの部位からの転移も多く起こります。

肺からの転移が発見された場合の多くは、すでにほかの部位にも移転していることがほとんど。そのため、全身療法を行うのが一般的です。

>>肺癌の転移癌の詳細はこちら<<

乳癌

乳癌の転移は、一般的には予後が悪いと言われています。乳房やその周辺の転移の場合は治療実績は悪くないのですが、遠隔転移になると治療が難しくなるようです。

また、乳がんの治療は乳房の切除をせずに行う方法が切望されてきました。最近は放射線治療や化学療法の治療成績が良くなり、切除をせずに乳がんと付き合っていくという選択肢もあります

>>乳がんの転移について<<

胃癌

胃癌は転移先がある程度限定されており、また、事前に検査で転移リスクを予測しやすいため、胃癌が発見された時点で転移を予防するための治療が行われます。

ここでは、代表的な転移先である、リンパ節、腹膜播種、そして肝転移の場合の治療法について解説しています。

>>転移した胃癌の治療法とは?<<

肝臓癌

日本人の国民病ともいわれ、また再発・転移が非常に多いのが肝臓癌。切除などの治療をしても、がん細胞を取り切れずに再発してしまうことが非常に多いようです。

というのも、肝臓は血管が多く集まる臓器で、肝臓からがん細胞が転移しやすいようにできているのです。肝臓がんの転移は80%が肝臓内、残りの20%が遠隔転移と言われています。

>>肝臓癌の転移の予後は?<<

大腸癌

ほかの主要癌に比べると、おだやかで治療しやすいのが大腸癌からの転移。広がるのが遅く、早期発見ができれば切除手術によって長期生存が可能だと言われています。

まず肝臓に移転し、そこから他の臓器に移転するという特徴を持つことから、転移の発見もしやすいとされています。

>>大腸癌の転移の特徴とは?<<

その他の癌の転移について

食道癌

食道癌は進行が早いため、症状が出てからでは遅いと言われています。また、他の臓器へ転移してしまうと、根治するのが厳しいです。そのため、治療後も再発防止治療と定期検診が必要なのです。

ここでは、食道癌が転移した際に出る症状や治療法についてご紹介します。

>>食道癌が転移したときの症状や治療法は?<<

前立腺癌

他の部位の癌と比較すると進行が遅く、生存率が高い前立腺癌ですが、初期症状がほとんどないことも特徴の1つです。発見が遅れてしまうと骨やリンパ節への転移する可能性があります。特に多いのは骨への転移。他の癌より早期に骨へ転移してしまうのが前立腺がんの怖さです。

>>前立腺がんの転移の特徴・治療法とは?<<

子宮癌

子宮癌はヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で起こる子宮頸癌と、女性ホルモンのエストロゲンが原因で起こる子宮体癌の2つを指します。それぞれ転移先や治療法が違っていても、早期発見できれば切除のみで治療できるのは同じです。 こちらでは代表的な子宮癌の移転先と治療法を紹介します。

>>子宮癌が転移した場合の治療法とは?<<

癌の転移を食い止めるために必要なこととは?

転移してしまった癌の治療において大切なのは、癌転移のリスクをコントロールすること。がんがそれ以上増殖しないように、抗がん剤や放射線治療、あるいは免疫治療などを行います。

癌の根治にもっとも効果的なのは切除手術だと言われますが、現実的には癌細胞の取り残しがあり、再発・転移を起こす可能性があります。いずれの治療法をとったとしても、継続的に転移や再発を防ぐような治療が必要になります。

そこで、ここでは転移を食い止め、予防するために気をつけたいことをまとめてみました。転移を止め、予後を改善するためには何が必要なのでしょうか。

>>これ以上がんの転移を広げないために<<

名医、いい病院の選び方

癌の治療をする際には信頼できる名医と病院選びをしなければなりません。具体的にどのような名医がいるのか、評価の高い病院はどこなのかを調べる際に役立つ情報についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

>>名医、いい病院の選び方<<

関連ページ

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。