脳への転移

脳への転移は、肺癌や前立腺癌から起こることがあります。このページでは脳へ転移する場合の特徴や治療方法などをまとめました。

脳に転移するケースとは

あらゆる臓器の中で最も脳転移が多いとされるのが肺癌です。血液の循環により脳に流入した癌細胞が一番外側の「硬膜」に転移することで発生しますが、硬膜だけでなく脳のどの部分でも転移が起こりえます。また、前立腺がんが末期まで進行してしまうと、脳に転移する場合も。前立腺がんが脳に転移するのは非常に珍しいケースと言えますが、起こらないわけではありません。

脳転移の症状

肺癌から転移した場合の症状と特徴

  • 目まい、けいれん、麻痺、感覚障害
  • 背中や腰の痛み
  • 手足のむくみ、しびれ
  • 人格への影響

脳の中で特に転移が認められやすい部位が硬膜。硬膜は、脳を保護する髄膜の一部に当たります。硬膜に転移すると、四肢の麻痺やけいれん、感覚障害、目まいといった症状が発生するケースがほとんどです。硬膜から他の部位にも転移が進んで髄液にまで達した場合、背中や腰の痛み、手足にしびれを感じることもあります。

また、肺癌が脳に転移した場合、転移した患部の周りにむくみが発生します。これにより頭蓋骨の内部が圧迫されてしまい、頭痛や吐き気を感じることも。

一口に脳転移といっても、脳のどの部位に転移するかで現れる症状は違ってきます。例えば、脳で思考や理性などの精神を司る働きを持つ前頭葉に癌が転移した場合、人格が変化して病気の発症前と別人のようになることもあり得るのです。

前立腺がんから転移した場合の症状と特徴

  • 頭痛、吐き気
  • 目まい
  • 麻痺
  • 意識障害
  • 言語障害

前立腺がんが脳に転移した場合は、頭痛や吐き気、目まい、麻痺などの神経障害をはじめ、意識障害や言語障害を生じる可能性があります。

脳転移の治療方法

肺から脳へ転移した場合の治療方法

肺から脳に転移が見つかった時は、外科手術や放射線治療がメインの治療法です。抗がん剤治療は脳に届きにくいので、あまり選択されません。病巣が10個以下で小さい腫瘍には「ガンマナイフ」という放射線を当てる治療法が行われます。ガンマナイフとは、腫瘍のある部分だけを限定して治療できる治療機械のこと。苦痛や痛みを伴わずに治療が可能です。脊髄まで腫瘍が転移し、病巣が10個以上あるような場合は「全脳照射」という治療が行われます。全脳照射は脳全体に放射線を当てることで腫瘍を消滅させる方法です。

前立腺から脳へ転移した場合の治療方法

前立腺がんから脳に転移が見つかった場合は、放射線治療を用いて症状を緩和させます。転移した癌の数や症状に応じて放射線の強さを変える治療法です。脳に転移した癌の数が少なければ、切除といった外科的処置が選択されます。

脳転移について

肺癌からの転移が脳転移では最も多いケース。反対に、レアなケースではありますが起こりうるのが前立腺がんです。どちらも症状としては、目まいや麻痺といった神経障害を引き起こします。癌細胞が転移した部位の周辺がむくむことで頭蓋骨の内部を圧迫するため、頭痛や吐き気などが起こることも。

治療には主に外科手術や放射線治療が行われます。病巣の数や大きさによって治療法は変わりますが、特に前立腺がんからの脳転移は珍しいため、適切な治療が施されないこともあり得るのです。

転移した癌の治療はあらゆる癌治療の中でも難しいとされていて、実績がない医師に任せるのは得策ではありません。転移した癌の治療実績を豊富に持った医師がいますので、その医師を選んで相談することが大切です。

名医がいる病院をチェックする>>

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。