肝臓への転移

肝臓への転移は大腸癌や胃癌からの転移が多く見られます。このページでは肝臓へ転移する癌の特徴や治療方法などをまとめました。

肝臓に転移するケースとは

癌が肝臓に転移する場合、大腸や胃、食道などの他臓器からの転移だけでなく、肝臓内で起こる肝臓内転移も見られます。肝臓に転移した癌は症状が現れにくく、初期段階で自覚しにくいのが特徴。そのため、気づかずに生活してしまう方も多いのだそうです。肝臓は全身に血液を送り出す臓器であり、血液の流れに乗った癌細胞が転移しやすくなっています。どの転移がんも黄疸が自覚症状として現れるので、その場合は転移を疑うようにしましょう。

肝転移の症状

大腸癌が転移した場合の症状

  • 初期段階は症状なし
  • 黄疸
  • 腹部右上に鈍痛
  • 倦怠感

肝臓に転移しても初期段階ではほとんど症状が出ず、気づかずに過ごす方も多くいます。自覚症状として代表的なのが黄疸です。腹部の右上あたりに鈍痛が起こることも。倦怠感も生じやすく、体を動かしていなくてもだるかったり、疲れが取れなかったりする時は肝臓に転移している可能性があります。

胃癌が転移した場合の症状

  • 初期は無症状
  • 倦怠感
  • 黄疸
  • 腹部の張り
  • 痛み

初期段階ではほとんど症状が見られないので、進行しなければ症状が出ないのが厄介です。進行すると肝機能の低下によってだるさを感じることがあります。自覚できる症状の一つが黄疸で、腹部に張りを感じることも。かなり症状が進行した場合、痛みの症状が起こるようになります。

食道癌が転移した場合の症状

  • 体重が減る
  • 食欲がない
  • 疲れやすい
  • 背中、お腹の痛み
  • 黄疸

肝臓へ転移した場合、病巣が大きくなるまで症状は現れにくいですが、体重の減少や食欲低下、疲れやすくなるなどの症状が出ることがあります。進行すると見られるのが、背中やお腹の痛み、黄疸といった症状です。

肝臓内転移が起こった場合の症状

  • 肝機能の衰え
  • 黄疸
  • 尿が黄褐色になる
  • 腹水
  • むくみ

肝臓内転移が進行した場合、肝機能の衰えが症状として出るようになります。だるさや脱力感、肌や眼球が黄色くなる黄疸が現れることも。尿の色が黄褐色に変わることもあります。他に、腹水や手足のむくみといった症状も起こりやすいようです。

肝転移の治療方法

大腸癌が転移した場合の治療方法

一番効果があるのは、外科手術で腫瘍を切除することです。腫瘍の数が多くても、正常に機能する肝臓を残せるなら問題なく行えます。残せる肝臓が少ない時は、門脈塞栓という外科的処置を実施。術後に再発しないよう、抗がん剤治療を行う場合も。腫瘍が小さく、数が多い場合にも抗がん剤治療を用います。他に、マイクロ波凝固療法(MCT)や、ラジオ波焼灼療法(RFA)といった治療法も。どちらも局所療法なので、3センチ以内の癌に有効です。

胃癌が転移した場合の治療方法

肝転移を起こしている時点で胃の近くのリンパ節や腹膜にも転移している可能性が高いので、切除手術を避けることが多いようです。肝動注療法と呼ばれる動脈に抗がん剤を注入することで、辛い症状や痛みを取り除き、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)を高める治療が行われます。

食道癌が転移した場合の治療方法

薬物療法と対症療法が行われています。薬物療法は、癌細胞の破壊を目的に行う治療法です。対症療法は、病気に伴う症状を消す・緩和に向かわせる治療法。根治を目指すのではなく、辛い症状や痛みによる不快を取り除いてQOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)を高めるために行われます。

肝臓内転移が起こった場合の治療方法

肝臓内転移の場合の主な治療法として、切除手術とラジオ波焼灼が挙げられます。がんの進行が初期段階であれば、経皮的エタノール局注療法という治療法を実施。これらの治療が適応できない場合、動脈をふさぐ肝動脈塞栓術や抗がん剤を直接注入する動注療法などが用いられます。腫瘍の数が多い場合には、肝動脈化学塞栓(そくせん)療法が有効です。

肝転移について

肝転移は他臓器だけでなく、肝臓内転移が見られるのが特徴です。肝臓は全身に血液を送り出すための臓器なので、血液の流れに乗った癌細胞が転移しやすいと言えます。転移した場合、初期段階ではほとんど症状が現れません。進行してから黄疸やだるさなどの症状が見られます。

治療法は転移が起こった部位によって異なりますが、切除手術や抗がん剤治療、薬物療法、対症療法といった様々な治療法が導入され、進行の度合いや腫瘍の数によって適切な方法が選択されます。転移した癌を治療するには、技術や実績を持った医師を探すことが重要です。

名医がいる病院をチェックする>>

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。