リンパ節への転移

リンパ節への転移は、肺癌や乳癌からの転移が多く見られます。このページではリンパ節へ転移する場合の特徴や治療方法などをまとめました。

リンパ節に転移するケースとは

リンパ節には様々な臓器からの癌転移が見られます。肺癌の場合、血液やリンパ液の流れに乗って癌が広がるため、リンパの流れが密集しているリンパ節に転移することが多いそうです。乳癌ではリンパ節に転移する確率が最も高いと言われています。胃癌の場合は、癌細胞が胃の粘膜を侵食していくことでリンパ節に転移。食道癌は、進行具合に関係なくリンパ節に転移する可能性があります。前立腺がんの場合、多く見られるのが前立腺の周りのリンパ節への転移です。リンパ節に転移してしまうと、リンパ管を通して遠隔転移することもあり得ます。

リンパ節転移の症状

肺癌がリンパ節に転移した場合の症状

  • 頚部の腫れやリンパ節腫脹
  • 顔や腕、上半身のむくみ
  • 喉の異常

頚部やリンパ節に腫れが見られるようになります。縦隔や肺門など肺の近くにあるリンパ節に転移してしまうと、上半身のむくみや、風邪でもないのに咳が出る場合も。リンパ節のなかでも特に首や鎖骨上のリンパ節に肺癌の転移が多く見られます。

乳癌がリンパ節に転移した場合の症状

  • リンパ節の腫れ
  • ワキの下部分のしこり
  • しびれ、むくみ
  • 腕の異常

乳房周辺のリンパ節に腫れが出るようになります。腋窩(えきか)リンパ節に転移した癌細胞が大きくなって、ワキの下部分にしこりが確認できる場合も。リンパ液の流れがせき止められることで、腕全体にしびれやむくみなどの症状を感じる方も多いようです。

胃癌がリンパ節に転移した場合の症状

  • しこり
  • しびれ
  • 腕のだるさ

胃癌が転移すると、触った際にしこりとしてリンパ節を発見できるようになります。症状の一つとして、しびれを感じる方もいるようです。癌細胞が大きくなってリンパ節が圧迫された場合、腕のだるさを感じる方もいます。

食道癌がリンパ節に転移した場合の症状

  • 食べ物がのどに詰まるように感じる
  • 食後、食道あたりに違和感がある、しみる
  • 胸や背中に痛みを感じる
  • 声が枯れる、かすれる
  • 出血がある

食道癌は他の臓器への転移が早い癌です。ステージ1では自覚症状がほとんど見られません。ステージ2・3に進行してはじめて、食べ物が詰まったり声が枯れたりなど、食道やのどに症状が現れるようになります。

前立腺がんがリンパ節に転移した場合の症状

  • 下半身のむくみ
  • しびれ
  • 排尿障害

前立腺がんがリンパ節に転移するとリンパの流れが悪くなるため、下半身がむくみます。前立腺の近くにあるリンパ管が炎症を起こすのでしびれたり、排尿が困難になったりすることも。転移した癌がさらに悪化した場合、下半身麻痺を生じる恐れもあります。

リンパ節転移の治療方法

肺癌がリンパ節に転移した場合の治療方法

肺癌がリンパ節に転移した場合の治療法は、外科手術でリンパ節の切除(肺葉切除またはリンパ節郭清)を行うのが一般的です。癌があまり進行していなければ、非常に有効な治療法になります。他に外側から放射線を照射することで癌細胞を取り除く放射線療法も。放射線を当てた部分の癌細胞のみに効果のある治療法です。

乳癌がリンパ節に転移した場合の治療方法

リンパ節に乳癌の転移が見つかった場合、ワキの下にあるリンパ節(腋窩リンパ節)を切除する「腋窩リンパ節郭清(かくせい)」を行って、全身への癌細胞の転移を防ぎます。術後、再発を防ぐために放射線療法や抗がん剤治療などを組み合わせて治療するのが一般的です。

胃癌がリンパ節に転移した場合の治療方法

リンパ節転移が疑われる場合の標準的な治療法として、胃を3分の2以上摘出し、転移の可能性のあるリンパ節をすべて切除する方法が行われます。切除は転移や再発を防止する点で非常に重要です。

食道癌がリンパ節に転移した場合の治療方法

食道癌がリンパ節に転移した時に行われる治療法のうち、成功率が高いのは外科手術です。ステージ1~3のほとんどの方が外科手術を受けています。

癌が食道から遠くにあるリンパ節に転移して外科手術が難しい場合(ステージ3・4)は、「抗がん剤+放射線治療」が選ばれるそうです。完治よりも癌の進行を食い止める目的で行われます。

前立腺がんがリンパ節に転移した場合の治療方法

癌の進行を抑制するためのホルモン療法が一般的な治療法です。骨盤リンパ節へ転移すると遠隔転移する可能性が高くなるので、ホルモン療法と放射線治療を併用する場合もあります。

リンパ節転移について

リンパ節への転移は、肺癌をはじめ、乳癌や胃癌、食道癌、前立腺がんなど様々な臓器から転移します。リンパ節は全身をめぐるリンパ管の関所のような部位。リンパ液を通して他の部位の癌細胞が流れてくることがあり、リンパ節に転移することもあります。リンパ節は上半身から下半身まで体の各所に存在しており、一口にリンパ節転移といっても見られる症状は部位によって様々です。治療方法も、外科手術や抗がん剤治療、放射線治療、ホルモン療法といった方法が選択されています。

また、転移がんを適切な方法で治療するためには「病院選び」「医師選び」を行うことが大切です。後悔しないためにも、転移がんの治療の名医を探して相談しましょう。

名医がいる病院をチェックする>>

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。