腹膜への転移

腹膜への転移は、胃癌や大腸癌からによるものが多いようです。このページでは腹膜へ転移する場合の特徴や治療方法などをまとめました。

腹膜に転移するケースとは

腹膜転移とは、消化管の粘膜にできた癌が消化管の壁を突き破ることで広がる癌転移のことです。胃癌や大腸癌が転移して起こり、「腹膜播種(ふくまくはしゅ)」と呼ばれます。胃癌が転移した場合は、胃壁を突破した癌細胞が臓器を覆う腹膜に散らばるのが原因。大腸癌が転移した場合は、腸管を破って腸の外へ出た癌細胞が腹膜に拡散されるのが原因です。初期段階での発見が難しく、がん性腹膜炎としての自覚症状が出て初めて発見されることが多いようです。この場合、症状がかなり進行しています。

腹膜転移の症状

胃癌が腹膜に転移した時の症状と特徴

  • 初期段階は症状なし
  • 腹水がたまる
  • 腸閉塞
  • 黄疸

初期段階だとほぼ症状が現れませんが、進行すると次のような症状が見られます。

まず、お腹に水が溜まります。腹水が溜まると呼吸困難になる場合が多く、張りや痛みを感じることもあります。腸閉塞もよく見られる症状のひとつ。癌細胞が腹膜で大きくなると腸管を圧迫する場合があり、食べ物の通りが悪くなって腸閉塞に発展しやすいのです。

他に、肝臓やすい臓に障害が起こって黄疸が出ることもあり、発症するとかゆみが起こるようになります。

大腸癌が腹膜に転移した時の症状と特徴

  • しこり
  • 腸閉塞

初期段階で感じやすいのは、腹膜にしこりが発生することです。小さいしこりの時に発見できる方もいれば、大きくなって腸管を圧迫するようになって気づく方もいます。しこりがある程度大きくならないと見つかりにくいので厄介です。大きくなったしこりに圧迫された腸管が、腸閉塞を起こすケースも多いようです。腸閉塞が起きると、吐き気を感じる方も。痛みが強く出るため、痛みが発生してからやっと腹膜転移に気づけた方もいます。

腹膜転移の治療方法

胃癌が腹膜に転移した時の治療方法

一般的な方法は、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)を高められる放射線や抗がん剤による全身療法です。治療効果や身体的な負担といった場合にリスクがありますが、抗がん剤を溶かした水溶液を用いて腹腔を洗浄する「腹腔内化学療法」や、広範囲にわたる腹膜の切除手術も行われています。

大腸癌が腹膜に転移した時の治療方法

いったん腹膜に広く散らばってしまうと、癌細胞をすべて手術で除去するのは難しいので、主に抗がん剤を用いた化学療法による治療が行われます。ただ、腸が狭くなって食事が取れなかったり吐いたりなど、身体的に辛い症状がある時は、症状を和らげる手術を行うこともあるそうです。

腹膜転移について

腹膜転移は、腹膜に消化管などから癌が転移して起こる病気です。転移しやすい癌に胃癌や大腸癌などが挙げられます。腹膜に覆われた腹腔内に胃壁や腸壁などを突き破ってきた癌細胞が拡散することで腹水が溜まり、腸閉塞といった症状を引き起こすのです。初期段階で病気を明確にするのは難しく、手術時やそれぞれの症状がはっきりと現れてから診断される場合がほとんどです。先に発生している胃癌や大腸癌からの転移は発見が遅れる傾向があり、腹膜に転移した癌はかなり進行していると言えます。

名医がいる病院をチェックする>>

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。