腹膜への転移

腹膜への転移は、胃癌や大腸癌からによるものが多いようです。このページでは腹膜へ転移する場合の特徴や治療方法などをまとめました。

腹膜に転移するケースとは

腹膜転移とは、消化管の粘膜にできた癌が消化管の壁を突き破ることで広がる癌転移のことです。胃癌や大腸癌が転移して起こり、「腹膜播種(ふくまくはしゅ)」と呼ばれます。胃癌が転移した場合は、胃壁を突破した癌細胞が臓器を覆う腹膜に散らばるのが原因。大腸癌が転移した場合は、腸管を破って腸の外へ出た癌細胞が腹膜に拡散されるのが原因です。初期段階での発見が難しく、がん性腹膜炎としての自覚症状が出て初めて発見されることが多いようです。この場合、症状がかなり進行しています。

腹膜転移の症状

胃癌が腹膜に転移した時の症状と特徴

  • 初期段階は症状なし
  • 腹水がたまる
  • 腸閉塞
  • 黄疸

初期段階だとほぼ症状が現れませんが、進行すると次のような症状が見られます。

まず、お腹に水が溜まります。腹水が溜まると呼吸困難になる場合が多く、張りや痛みを感じることもあります。腸閉塞もよく見られる症状のひとつ。癌細胞が腹膜で大きくなると腸管を圧迫する場合があり、食べ物の通りが悪くなって腸閉塞に発展しやすいのです。

他に、肝臓やすい臓に障害が起こって黄疸が出ることもあり、発症するとかゆみが起こるようになります。

大腸癌が腹膜に転移した時の症状と特徴

  • しこり
  • 腸閉塞

初期段階で感じやすいのは、腹膜にしこりが発生することです。小さいしこりの時に発見できる方もいれば、大きくなって腸管を圧迫するようになって気づく方もいます。しこりがある程度大きくならないと見つかりにくいので厄介です。大きくなったしこりに圧迫された腸管が、腸閉塞を起こすケースも多いようです。腸閉塞が起きると、吐き気を感じる方も。痛みが強く出るため、痛みが発生してからやっと腹膜転移に気づけた方もいます。

腹膜転移の治療方法

胃癌が腹膜に転移した時の治療方法

一般的な方法は、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)を高められる放射線や抗がん剤による全身療法です。治療効果や身体的な負担といった場合にリスクがありますが、抗がん剤を溶かした水溶液を用いて腹腔を洗浄する「腹腔内化学療法」や、広範囲にわたる腹膜の切除手術も行われています。

大腸癌が腹膜に転移した時の治療方法

いったん腹膜に広く散らばってしまうと、癌細胞をすべて手術で除去するのは難しいので、主に抗がん剤を用いた化学療法による治療が行われます。ただ、腸が狭くなって食事が取れなかったり吐いたりなど、身体的に辛い症状がある時は、症状を和らげる手術を行うこともあるそうです。

腹膜転移について

腹膜転移は、腹膜に消化管などから癌が転移して起こる病気です。転移しやすい癌に胃癌や大腸癌などが挙げられます。腹膜に覆われた腹腔内に胃壁や腸壁などを突き破ってきた癌細胞が拡散することで腹水が溜まり、腸閉塞といった症状を引き起こすのです。初期段階で病気を明確にするのは難しく、手術時やそれぞれの症状がはっきりと現れてから診断される場合がほとんどです。先に発生している胃癌や大腸癌からの転移は発見が遅れる傾向があり、腹膜に転移した癌はかなり進行していると言えます。

名医がいる病院をチェックする>>

腹膜に転移してしまった人の体験談

気付いた時には治療ができない状態でした

お腹に鋭い痛みが出て20日間ほど我慢していましたが、耐えきれなくなって近所のクリニックへ行きました。診察を受けた結果、「大きな病院への紹介状書くから明日から入院するように」と伝えられたのです。

紹介された病院で5日間入院し、腹膜のがんと判明。今度はがんセンターへ行き、手術ができない状態と告げられました。

がんと宣告されたよりも痛みがひどくなって、病院を移ることのほうが苦しかったです。そんなある日一冊の本と出会い、がんを治そうと決意。ウォーキングや半身浴を始め、朝夕に感謝の祈りをするようになりました。

その結果、がんが消えていたのです。自分で工夫して楽しんで過ごせたのが良かったと感じます。小さな達成感を得ることが、闘病生活では大切です。

がん専門病院への転院が正解でした

腸閉塞を発症したのがキッカケで、子宮腫瘤と指摘されました。その婦人科で検査を受け卵巣への転移がん、もしくは卵巣がんという結果に。さらに詳しく検査を行なうと、リンパ節への転移や腹膜播種があることがわかりました。

毎晩不安に押しつぶされそうになり、どんどんネガティブに…。このままではいけないと思い、がん関連の本を購入。いろいろ知識を得て、がん専門病院へ転院することを決意しました。

転院した病院では抗がん剤が効き、元となる卵巣以外のがんは手術前に消滅。そのおかげで、生きることができています。支えてくれた病院のスタッフをはじめ、患者仲間や友達には本当に感謝です。いずれはサポート側に回りたいと考えています。

腹膜の癌に対する研究と論文

腹膜播種制御に向け突破口

国立研究開発法人国立がん研究センターと国立大学法人名古屋大学大学院医学系研究科には、卵巣からお腹の中を覆う腹膜に広がる卵巣がん細胞の腹膜播種(ふくまくはしゅ)の転移について実験を行ないました。

この研究によって、卵巣がん細胞から分泌される細胞間のコミュニケーションの担い手となる小胞エクソソームにコラーゲン代謝に関与するMMP1遺伝子が豊富に含まれており腹膜播種性転移に関わっていることや、卵巣がんを患っている人の腹水に含まれるエクソソームの中にもMMP1遺伝子が多く含まれることを発見。

MMP1遺伝子が予後や治療効果の予測に対し、有効的なバイオマーカーとなる可能性が示されました。卵巣がんの有無を調べる検査の中でエクソソームの解析が加われば、卵巣がんの予後を早期に予測でき、経過観察における重要な情報となると考えられています。[注1]

腹膜転移膵臓がん患者に有効な治療法を発見

関西医科大学外科学講座・里井井壯平准教授の研究チームは、腹膜へ転移した膵臓(すいぞう)がん患者を対象にした臨床実験を行ないました。

臨床実験では経口の抗がん剤「S-1」と細胞分裂を阻害してがん細胞の増殖を抑える「パクリタキセル」の静脈注射と直接投与に注目し、いくつかの施設で共同して行なう多施設共同臨床試験を実施。

その結果、対象となる集団の中で半分の人が死亡する期間を示す生存期間中央値(MST:16.3か月)、切除率24.3%、腫瘍縮小率36%が得られることがわかりました。すい臓がん全体の5年生存率は約5%となっており、致死率が高い疾患となっています。

中でも腹膜に転移した膵臓がんは化学療法での制御が困難で、有効な治療法が確立されていないのが現状です。今回の臨床試験の治療法が実用化されると、膵臓がんが腹膜へ転移した際に発症する腹部膨満感・難治性腹水・栄養低下を緩和するのに加えて、生存期間の延長が期待されます。[注2]

「腹腔内化学療法」の可能性

富山大学大学院医学薬学研究部消火器・腫瘍・総合外科教授の藤井勉先生は、膵臓がんの手術前治療を行なっています。5年間データを集めたところ、手術のみの膵臓がん治療よりも、手術前に化学治療や法線治療を行なってから手術を実施した方が、再発の確率が低いことが明らかになりました。

また、膵臓がんの腹膜播種に対する治療として、「腹腔内科学療法」の可能性に期待しています。腹腔内化学療法は金属のボタンをお腹に埋め込み、ビニールのチューブを使用して直接抗がん剤を入れ込む治療法です。

33例のうち、半数は浮遊しているがん細胞が消失し、3分の1の人は血液検査の際にがんの有無を示す数値の腫瘍マーカーが正常値に。

大元の膵臓がんにも効果があり、腫瘍が小さくなり手術を行なえたケースもあります。腹腔内化学療法が確立すれば、膵臓が治療の未来が明るくなるはずです。[注3]

腹膜に散らばった転移胃がんに新たな治療法

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構の放射線がん研究生物学研究チームに所属する、長谷川純崇チームリーダーと李惠子日本学術振興会特別研究員は、同研究所の永津弘太郎主幹研究員と共に腹膜播種(ふくまくはしゅ)した転移性胃がんに対しα線放出核種を用い治療薬(211At-トラスツズマブ)を作製し、動物実験で治療効果を確認。

その結果、211At-トラスツズマブを投与したマウスは6匹中5匹が生存し、そのうち2匹はがんが消失し、残りの3匹は50~90%のがん退縮が認められました。

懸念されていた白血球や体重の減少は観察されず、腎臓や肝臓の機能異常もありませんでした。効果的な治療法が確立されていない、胃がん腹膜播種の新たな治療法となることが期待されています。[注4]

参考サイト

 

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。