胃癌の転移

胃から転移した癌や、胃に転移しやすい部位の癌について、その特徴や治療方法などをまとめました。

胃癌の転移先や治療法、そして胃に転移した癌の特徴

胃癌が転移を起こしやすいのは、リンパ節や腹膜。次いで多いのが肝臓と言われています。胃がんが発見された場合、まだ転移が発見されてなかったとしても、予防的な治療を施すのが一般的です。

最近では胃がんの転移リスクをある程度予測することができるので、それに基づいた予防治療が行われています。

ここでは、リンパ節、腹膜、そして肝臓、それぞれへの転移について、その特徴を見ていきましょう。

リンパ節転移

リンパ節への転移は、癌細胞が胃の粘膜に侵食していくことで起こります。

粘膜の表面だけに腫瘍がある場合はリンパ節転移が起きにくく、3%程度の割合と考えられます。しかし粘膜の下層まで癌細胞が達すると、約20%リンパ節転移が起きていると言われています。

粘膜表面の胃がんは、内視鏡手術によって治療が可能です。しかし粘膜下層に達している場合は、原発巣だけでなくリンパ節の切除を行うのが普通です。ひとつでもリンパ節の転移を取り逃せば、再発の危険性はかなり大きくなります。

治療方法

リンパ節転移が疑われる場合の標準治療は、胃を3分の2~すべて摘出し、転移可能性のあるリンパ節をすべて切除します。切除の範囲の決定は、再発や転移を防ぐ意味で非常に重要ですが、まだ定まっていないのが現状です。

腹膜播種

次いで多い転移が、腹膜への播種です。

癌細胞が胃壁へ侵食し、やがて胃壁を突破すると、癌細胞は臓器を覆っている腹膜という組織へ散らばっていきます。これが生着することで転移を起こすものを「腹膜播種」と呼びます。

腹膜播種は肉眼での発見がしにくく、がん性腹膜炎などで自覚症状が出て初めて発見されることが多いようです。しかし、自覚症状が出る時点ではかなり症状が進んでいる状態です。

治療方法

放射線や抗がん剤による全身療法でQOLを高めるのが一般的ですが、抗がん剤を溶かした水溶液で腹腔を洗浄する腹腔内化学療法、あるいは広範囲にわたる切除手術による治療も行われますが、治療効果や身体的な負担の面でリスクがあります。

肝転移

胃癌が肝臓に転移した場合の特徴は、複数の発生の可能性が高いことが挙げられます。発見した転移を取り除いても、すぐに再発する可能性が高いようです。

治療方法

肝転移を起こしている時点でリンパ節や腹腔播種を起こしていることが多いため、切除手術は避けられる傾向にあります。動脈に抗がん剤を注入する肝動注療法によって、ある程度生存期間を延ばす効果が得やすいとは言われています。

胃への癌転移

ほかの部位から胃への癌の転移は、相対的には多くはないようです。もちろん転移の可能性がないわけではなく、乳癌や子宮頸がんなどからの胃への転移についてはネット上でもたくさんの症例が語れられています。

原発巣によってその特徴が異なるので、治療方法や検査法については医師との相談が必要です。

関連ページ

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。