癌転移の治療ガイド » 癌の転移に負けない治療方法について » 原発不明がんの症状や転移、治療法について

原発不明がんの症状や転移、治療法について

医者 レントゲン

このページでは原発不明がんの症状や治療方法についてまとめました。

原発不明がんとは

原発不明がんとは、ごく簡単に言えば「最初にどこにできたのかが分からないがん」を指します。

一般的ながんの診断は、たとえば胃にできたがんを胃がん、肝臓にできたがんを肝臓がんと呼ぶように、がんが発生した臓器=原発部位にならって、がんの名前がつけられます。そしてその原発部位にできたがんのことを、原発巣と呼びます。

たとえば胃にできたがん=胃がんが肝臓に転移したとしても、それは肝臓がんとは呼ばれません。あくまで胃がんの肝転移という扱いになり、転移先の肝臓でも、そのがんは原発巣である胃がんの性質を示します。

ところが原発不明がんというのは、画像診断や病理検査など、さまざまな検査をした上でも「がんがもうすでに転移している状態であり、どこからどこへ転移したのか、その経過が分からない」という状態で、がんが発生した臓器の判断がつかず、原発部位も原発巣も不明のままとなってしまうのです。

そして「原発巣が分からないからこそ、がんの性質を判断することがきわめて困難になってしまいがち」というのが、原発不明がんのやっかいなところです。

がん全体の中で、こうした原発不明がんの割合は推定1~5%と言われています。[注1]

これだけを見れば、原発不明がんの割合は意外と多そうに思えますが、原発巣がどこなのかは患者それぞれ、さらに転移の経過も患者それぞれだからこそ、患者ごとに病気の状態が異なるため「同様の病態を示す患者の数」はきわめて少なくなります。

患者の数だけさまざまな症例があると言える、それが原発不明がんなのです。

[注1]九州大学病院 がんセンター:原発不明がん

原発不明がんの症状

原発不明がんは、原発巣が不明ながんであるだけに、ありとあらゆるがんの性質の可能性を出す可能性があるため、明確に「この症状が出たら原発不明がん」と示せるようなものはありませんが、以下のような症状をきっかけに、原発不明がんが発覚するケースが多いです。

  • 首の周り・脇の下・太もものつけ根などのリンパ節の腫れ(リンパに転移した際によくある症状)
  • 咳・胸の痛み・声のかすれ(肺転移した際によくある症状)
  • 上腹部の不快感や膨満感(肝転移した際によくある症状)
  • 骨の痛みやしびれ(骨転移した際によくある症状)
  • 息苦しさ(胸水)
  • 腹部膨満感や腹部の腫れ(腹水)

いずれも、がん転移が発生した際に起こりやすい症状であることが分かります。

原発不明がんの治療法

原発不明がんは原発巣が不明であるために、たとえば「胃がん治療にはまずこの治療法」というような、明確な治療方針を立てることに困難がともないます。

ただ、原発不明がんの中にも「今のところ、女性患者の脇のリンパ節のみにがんが検出されている=乳がんのがん分布に非常に似ている」など、特定の原発巣のあるがんと非常に近い病態を示すものもあり、この場合はその原発巣がんを治療する時と同様の治療法を採用することもあります。例に挙げたケースだと、乳がん向けの治療をするということになります。

しかし、そうした「特定の原発巣のあるがんと非常に近い病態を示す原発不明がん」の割合は少なく、大半の原発不明がんは「がんの病態が、特定の原発巣のあるがんのような特徴を示さない」という状態なのが現実です。

しかも、原発不明がんはすでにがんが転移している状態であり、手術をしたとしてもがんの切除はきわめて困難な状態となっています。

そのため、原発不明がんの治療の多くは、薬物治療でがんの進行を遅らせたり痛みの症状を和らげたりすることが中心となってきます。

他にも「これ以上の転移を少しでも抑えるため」「がんを少しでも縮小させるため」という目的で放射線治療が適用されることもあります。

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)