子宮癌の転移

子宮頸癌・子宮体癌からの転移、子宮癌への転移についてまとめました。

子宮癌の転移先や治療法・子宮に転移した癌の特徴

子宮癌は子宮頸癌と子宮体癌に分かれます。そのため、どちらを発症したかによって転移しやすい場所が変わるのです。

子宮頸癌は子宮の入り口にできる癌のことで、転移しやすい場所は骨盤内にある臓器や器官です。骨盤内には膀胱・直腸・腹膜などがあり、これらが転移しやすい場所となっています。

子宮の内膜に発症する子宮体癌も、膀胱や直腸など、子宮頸癌と共通した転移先がありますが、肝臓・肺・脳といった遠隔転移も少なくありません。また、骨盤などの骨自体にも転移することがあります。

子宮癌は早期発見されていれば切除で治療可能ですが、発見が遅れると放射線や抗癌剤治療が必要になります。

骨盤転移

「子宮癌の治療後に異変を感じた場合はすぐに骨盤への転移を疑うべきだ」というほど、子宮癌の転移が一番多いのが骨盤周辺です。骨盤内にはリンパ節もあるので、流れに乗って骨盤から近い膀胱・直腸へ、また肺や肝臓などへと遠隔転移してしまう恐れがあります。骨盤転移の疑いが出たら、すぐに治療を行いましょう。

症状

  • 不正出血
  • 血尿、血便
  • 腹部の激しい痛み
  • 下半身まひ
  • 下半身のむくみ

骨盤内に転移すると起こるのが不正出血です。膀胱や直腸に転移した場合は血尿や血便などの症状が出てきます。

癌による圧迫によって症状が出るのも子宮頸癌の特徴です。神経を圧迫すると下半身がしびれて下半身まひを起こすきっかけに。尿管を圧迫すると、量が急激に増えた尿により腎臓に圧力が加わるため、腹部に激しい痛みが起きる「水腎症」を起こす可能性があります。

子宮体癌が骨盤に転移した場合も、不正出血や下半身の痛みなどが現れます。

治療方法

骨盤内の転移が見つかった際、もっとも長期生存が期待できる治療法が「骨盤除臓手術」という手術です。骨盤除臓手術は、子宮・卵巣・卵管などをすべて切除する手術法で、症状に応じて膀胱や直腸などもすべて切除する場合があります。長期生存が期待できますが、後遺症のリスクも高くなる治療法です。

骨盤除臓術以外の方法としては化学療法と放射線療法があります。化学療法は主に抗癌剤を使用して癌を小さくする治療法。放射線療法は病巣をピンポイントで攻撃する方法で、腫瘍のサイズが小さかったり腫瘍の場所が限られた場所にしかなかったりした場合に効果的です。放射線療法と化学療法を同時に行う「同時化学放射線療法」が行われる場合もあります。

肺転移

子宮癌からの遠隔転移で多いのが肺です。肺に転移するということは血流に乗って流れてきた癌細胞が全身に及んでいる可能性が高いことを表しており、癌の進行がかなり進んでいる状態といえます。

症状

  • 咳が出る
  • 血痰が出る
  • 肋間神経に癌が当たった場合は痛みを伴う
  • 胸に水が溜まり、呼吸困難になる

肺に転移した場合の症状は風邪の症状にも似ているため、転移に気づきにくいです。転移による咳は癌が気管支や肺を長く刺激し続けるので、しつこく長く続くのが特徴です。それ以上になると血痰や気管支炎になり、胸に水が溜まることで起きる呼吸困難の症状へと進行していきます。

治療方法

子宮癌が肺に転移した場合は、病巣の数や癌の大きさによって手術か抗癌剤治療のどちらかで治療を行います。子宮頸癌の場合は病巣が3つ以下で腫瘍の大きさが3センチ以下であれば手術を行います。それ以上や数が多い場合は抗癌剤治療を用いて改善を目指します。

骨転移

子宮癌は骨に転移することがあり、骨に転移した癌は「転移性骨腫瘍」と呼びます。もっとも多いのが太もも部分の大腿骨(だいたいこつ)です。

転移してすぐは症状がほとんど出ませんが、腫瘍が大きくなると骨の組織を圧迫し、強い痛みが出たり、痛みが長く続いたりします。骨への転移は日常生活に大きく関わる障害になりやすいので、早めの治療が必要です。

症状

  • 骨の強い痛み
  • 骨折
  • 脊髄まひ

子宮癌が骨に転移すると、転移した部分がもろくなってしまい、転移した部位には強い痛みを感じます。部位によっては別の症状を引き起こすこともあり、脊髄に転移した場合は脊髄まひを起こす可能性があります。

治療方法

骨に転移した場合に有効的な治療法は放射線療法です。放射線療法は部位の痛みを緩和させ、骨折が起きるリスクを低くすることができます。

骨粗しょう症の治療によく使われる「ビスフォスフォネート製剤」による治療も、骨転移が見つかった際に用いられる治療法です。ビスフォスフォネート製剤には骨が破壊されるのを防ぐ効果があります。ほかにも痛みを緩和させるために、鎮痛剤のモルヒネを使った緩和治療や症状に応じた対症療法が用いられています。

子宮への転移

子宮頸癌は、ほとんどが性交渉によりヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで起こります。子宮体癌は排卵の障害により女性ホルモンの一種であるエストロゲンの刺激が絶えず続き、子宮内膜が増えることで癌の発生につながります。ほかから転移して子宮癌になるということはほとんどないといっていいでしょう。

しかし、まれに別の癌から転移して子宮癌になることも確認されています。ある癌センターでは昭和59年から平成元年までの間に4例の転移性子宮癌があったことを報告しています。内訳は胃癌が2例、大腸癌の一種であるS状結腸癌が1例、卵巣癌が1例でした。

子宮癌の治療法は癌の進行具合によって異なります。初期の場合は切除や全摘出手術で癌を克服することが可能です。しかし癌が進行していくにつれて、放射線治療や抗癌剤治療などの体力の消耗を伴う治療へと変わっていきます。そうなる前に子宮癌の進行を食い止めなければなりません。

転移した子宮癌を治療できる病院

子宮癌は初期症状が出にくい病気です。定期的に診察を受けている人であれば初期の段階で治療が可能でしょう。しかし癌が進行してしまったときに発見して、実は転移してしまっていた、ということもありえるのです。

でもあきらめてはいけません。進行した癌や転移してしまった癌の治療を行う医師がいるのです。癌治療のスペシャリストを見つけて治療しましょう。日本には癌治療の実績が豊富な医師がたくさんいます。

転移がん治療の名医をチェックする>>

関連ページ

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。