癌転移の治療ガイド » 癌の転移に負けない最新治療について » 外陰がんの症状や転移、治療法について

外陰がんの症状や転移、治療法について

外陰から他の部位に転移したがんや、他の部位から転移した外陰がんについて、特徴や治療法をまとめました。

外陰がんの症状

  • 外陰部のかゆみ
  • 外陰部の傷や痛み
  • 外陰部を押さえると痛む
  • 外陰部に小豆ほどの大きさのしこり
  • 性交時の痛み
  • 外陰部からの不正出血
  • 外陰部に白斑が現れる
  • 外陰部のほくろの大きさや色、質感が変化
  • 外陰部周辺の皮膚の引きつれ

外陰がんの症状として、生理とは関係のない出血やおりものが出ます。外陰部に痛みやかゆみが現れることも。

外陰部に小豆ほどの大きさのしこりができたり、赤くうろこ状にただれたりします。その部分だけ皮膚の色が白っぽく変化する場合も。

患部にしわが発生する、皮膚が引きつれるなども外陰がんの症状のひとつです。黒色腫の場合だと、青みがかった黒色・茶色にただれたり、イボができたりすることも。

外陰がんは赤み・かゆみが症状として現れるため、腟炎やナプキン・下着の擦れによるかぶれと勘違いしまいがちです。そのため、初期段階での発見が遅れることがあります。症状が現れたら病院で診てもらいましょう。

がんが進行してしまうと、しこりやただれの部分から水っぽい分泌物が出たり、出血したりします。

大陰唇や小陰唇、クリトリス(陰核)などの部位にも病変が現れる可能性も少なくありません。

腟や尿道、肛門などに転移して、リンパ節へと広がる恐れもあります。

外陰がんの治療法

外陰がんの治療方法は、がんのステージと症状に応じて、外科的切除手術と化学療法や放射腺療法などを組み合わせた方法を用います。

主な治療方法は手術で、外陰部を切除。手術には数種類あり、レーザー手術・広範囲局所切除術・根治的局所切除術・超音波外科用吸引(USA)などで、がん細胞を摘出します。

化学療法では、抗ガン剤のクリームやローションを患部に塗ることで症状の緩和が期待できるのです。

放射線治療では、高エネルギーのX線でがん細胞を死滅。体外から放射線を照射する外照射療法や、ワイヤー・カテーテルの中に放射性物質を閉じ込めて、がん組織の内部から攻撃する内照射療法があります。

化学療法と放射線治療は、手術治療と併用されるケースが主です。

外陰がんの転移・再発

鼠径(そけい)リンパ節に転移すると、がん細胞がリンパ液の流れに乗って広がります。その場合、鼠径部や骨盤リンパ節に転移しやすくなります。外陰部以外の部位に転移した場合、陰核や骨盤内にある臓器を切除する「骨盤内臓摘出術」でがん細胞を摘出しなければなりません。

一方、再発は初回手術から2~5年以上長期的に経過観察する必要がありますが、一度がん細胞を切除すると、再発する確率はかなり低くなります。仮に再発しても他部位に転移せず局所に留まるケースが多いそう。

再発した際にがんが大きく広がっていた場合、外陰部全体を切除しますが、それほど大きくない場合は再発した部分のみを切除します。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。