癌転移の治療ガイド » 癌の転移に負けない治療方法について » 外陰がんの症状や転移、治療法について

外陰がんの症状や転移、治療法について

外陰から他の部位に転移したがんや、他の部位から転移した外陰がんについて、特徴や治療法をまとめました。

外陰がんの症状

  • 外陰部のかゆみ
  • 外陰部の傷や痛み
  • 外陰部を押さえると痛む
  • 外陰部に小豆ほどの大きさのしこり
  • 性交時の痛み
  • 外陰部からの不正出血
  • 外陰部に白斑が現れる
  • 外陰部のほくろの大きさや色、質感が変化
  • 外陰部周辺の皮膚の引きつれ

外陰がんの症状として、生理とは関係のない出血やおりものが出ます。外陰部に痛みやかゆみが現れることも。

外陰部に小豆ほどの大きさのしこりができたり、赤くうろこ状にただれたりします。その部分だけ皮膚の色が白っぽく変化する場合も。

患部にしわが発生する、皮膚が引きつれるなども外陰がんの症状のひとつです。黒色腫の場合だと、青みがかった黒色・茶色にただれたり、イボができたりすることも。

外陰がんは赤み・かゆみが症状として現れるため、腟炎やナプキン・下着の擦れによるかぶれと勘違いしまいがちです。そのため、初期段階での発見が遅れることがあります。症状が現れたら病院で診てもらいましょう。

がんが進行してしまうと、しこりやただれの部分から水っぽい分泌物が出たり、出血したりします。

大陰唇や小陰唇、クリトリス(陰核)などの部位にも病変が現れる可能性も少なくありません。

腟や尿道、肛門などに転移して、リンパ節へと広がる恐れもあります。

外陰がんの治療法

外陰がんの治療方法は、がんのステージと症状に応じて、外科的切除手術と化学療法や放射腺療法などを組み合わせた方法を用います。

主な治療方法は手術で、外陰部を切除。手術には数種類あり、レーザー手術・広範囲局所切除術・根治的局所切除術・超音波外科用吸引(CUSA)などで、がん細胞を摘出します。

化学療法では、抗ガン剤のクリームやローションを患部に塗ることで症状の緩和が期待できるのです。

放射線治療では、高エネルギーのX線でがん細胞を死滅。体外から放射線を照射する外照射療法や、ワイヤー・カテーテルの中に放射性物質を閉じ込めて、がん組織の内部から攻撃する内照射療法があります。

化学療法と放射線治療は、手術治療と併用されるケースが主です。

外陰がんの転移・再発

鼠径(そけい)リンパ節に転移すると、がん細胞がリンパ液の流れに乗って広がります。その場合、鼠径部や骨盤リンパ節に転移しやすくなります。外陰部以外の部位に転移した場合、陰核や骨盤内にある臓器を切除する「骨盤内臓摘出術」でがん細胞を摘出しなければなりません。

一方、再発は初回手術から2~5年以上長期的に経過観察する必要がありますが、一度がん細胞を切除すると、再発する確率はかなり低くなります。仮に再発しても他部位に転移せず局所に留まるケースが多いそう。

再発した際にがんが大きく広がっていた場合、外陰部全体を切除しますが、それほど大きくない場合は再発した部分のみを切除します。

外陰癌のステージ分類

病期 説明
ⅠA期 がん細胞が外陰または会陰に限り、最大径2cm以下の腫瘍で、間質浸潤の深さが1mm以下。リンパ節転移はない場合
ⅠB期 がん細胞が外陰または会陰に限り、最大径2cmを超えるかまたは間質浸潤の深さが1mmを超えるもの。リンパ節転移がない場合
Ⅱ期 隣接した会陰部組織への浸潤が、尿道下部1/3、腟下部1/3、肛門までにとどまっている場合。リンパ節への転移はなく、腫瘍の大きさは関係なし
ⅢA期 5mm以上のサイズのリンパ節転移が1個ある場合、もしくは5mm未満のサイズのリンパ節転移が1~2個程度、見られる場合
ⅢB期 5mm以上のサイズのリンパ節転移が2個以上ある場合、もしくは5mm未満のサイズのリンパ節転移が3個以上ある場合
ⅢC期 被膜外浸潤を有するリンパ節転移が認められる場合
ⅣA期 腫瘍が上部尿道および/または腟粘膜、膀胱粘膜、直腸粘膜、骨盤骨固着浸潤が認められる場合、もしくは腫瘍が固着あるいは潰瘍を伴う鼠径リンパ節に浸潤している場合
ⅣB期 骨盤リンパ節など遠隔臓器にがん細胞の転移が認められる場合

ステージの分類方法

日本産科婦人科学会によると、病期の区分けとして「FIGO2008手術進行期分類」が用いられています。これを表にまとめたのが上記の項目のものです。他のがんのステージ分けと同様に、がんがどの程度、広がっているか、浸潤具合はどれくらいか、遠隔臓器への転移が認められるかなどを総合的に判断しながら区分けが行われています。

ステージで異なる治療方針

がんの浸潤具合や大きさなどの所見から治療が選択されるのが一般的。根治を目指すのであれば手術による外科治療が行われ、外陰部の病巣と所属リンパ節である鼠径リンパ節の切除が第一選択となります。ただし、手術は合併症が生じる可能性が高いため、患者のがんの進行度や生活の質、年齢などの個別の状況などを考慮しながら、放射線治療や薬物療法も含め、治療計画が立てられます。

手術

手術の具体的な方法として、腫瘍の周りの正常組織を十分、含めた範囲でレーザー照射により細胞内の水分を気化させて除去する「レーザー蒸散術」や、腫瘍のまわりの正常組織を十分含めた範囲で、表皮と皮下組織の間にある真皮までを切除する「局所切除術」、外陰全体の皮膚を切除する「単純外陰切除術」などがあり、これ以外にも様々な施術の方法があります。

放射線治療

放射線治療では、体の外から放射線を照射する「外部照射」のみで治療するケースが多いのですが、腫瘍の大きさや広がり具合によっては、がん組織やその周辺組織内に放射線を出す物質を直接挿入する「組織内照射」を組み合わせることもあります。

投薬治療

薬物療法についてですが、こちらは罹患者数がそれほど多くないため、化学療法の治療計画が確立されていないというのが現状。局所進行した外陰がんを対象に、術前に放射線治療を併用した化学療法を行いながら病巣の縮小を図り、根治手術を目指す試みがなされています。

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)