癌転移の治療ガイド » よく分かる癌の治療方法メリット・デメリット

よく分かる癌の治療方法メリット・デメリット

がんの主な治療法である手術、抗がん剤治療、放射線治療、そして免疫療法の概要とそのメリット・デメリットを詳しく解説しています。

がんと闘うための治療方法、そのメリット・デメリットとは

癌の治療には、主に3つの治療法が用いられてきました。切除手術、抗がん剤治療(化学療法)、そして放射線治療です。

かつては、癌の腫瘍と、目に見えない微小な癌細胞を取り除く手術がもっとも信頼性が高いとされてきました。しかし近年になって抗がん剤と放射線治療の技術が飛躍的に向上し、これらが同じレベルで利用されるようになりました。特に放射線治療は、手術と変わらない治療実績を挙げるまでになっています。

それに加えていま注目されているのが「免疫療法」です。上記の3つの治療法では対処できないケースを補完できることがあり、また副作用が少ないことから、急激に利用される機会が増加しています。

ここでは、免疫療法を加えた4つの治療法について、その概要や治療のメカニズム、そしてそれぞれのメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

手術

がん治療の基本である、切除手術。がんを治すには、物理的に癌細胞を除去するのが確実であることに変わりはありません。それゆえ、ほかの治療法が発達したとしても、切除手術が基本となっているのです。

切除手術は、がん組織とその周辺を切除し、完全にがん組織を切除することができれば完治するところがメリットです。そのため、早期の転移が見られないがんに対しては、有効的な治療方法といえます。また、移転が見られる場合でも転移を想定しながらリンパ節を広めに切除することで、完治する可能性を高めることができます。最近では、放射線治療や抗がん剤治療によって切除する範囲を少なくすることで、がんの手術はより負担が少なくなっています。内視鏡手術などを利用すれば、傷も小さくて済みます。

内視鏡手術でがん組織を切除できる場合は、全身麻酔を使用し広範囲を切除しなくても済むため、体への負担を軽減することができるようになりました。

このように、がんを完治する可能性を高められることが手術のメリットですが、現実的には再発してしまうケースもみられます。胃がんの場合、70%は完治しても残りの30%は再発しているというデータがあります。これは、肉眼では見えない細胞レベルのがん細胞が手術では切除しきれず、体内に残ってしまうためです。

このようなケースも考慮して、手術後の治療方法も重要になってきます。放射線療法や抗がん剤治療を取り入れる集学的治療を取り入れて、さまざまな観点から治療を進めていきます。そのため、術後のケアや体力や傷跡の回復にも気を配らなければならないところがデメリットとなります。

ここでは、がんの部位別に手術の方法を解説しています。

>>部位別・がん手術の概要<<

>>手術による治療のメリットとデメリット<<

抗がん剤治療

かつては手術の補助的な役割を担っていた抗がん剤治療ですが、現在では抗がん剤の使い方の改善や新薬の登場によって、その効果が高まっています。

現在、がんを治療する薬は100種類近くあります。その中でがん細胞を弱らせる役割を持っている薬が、抗がん剤です。抗がん剤のメリットは、全身のがんに対して治療効果が期待できるところです。がん治療の目的として挙げられる「患者さんの生命を保つ」という側面からみると、抗がん剤治療はがんの進行を遅らせたり全身状態を改善したりする効果が期待できます。抗がん剤の成分は、投薬後、血液によって全身を巡ります。そのため、手術や放射線治療では治療が難しい、離れたところに転移しているがんや、全身への転移が進行しているがんにも有効な治療方法です。

また、以前のように副作用に苦しむことも少なくなり、手術では治療できない癌をコントロールしながら生活するのに欠かせません。

手術だけでなく放射線治療など、他の療法と組み合わせて相乗効果が期待できるところも抗がん剤治療のメリットです。一方、抗がん剤治療のデメリットとして挙げられるのは、他の薬に比べて薬物有害反応が非常に強いところです。嘔吐や白血球の減少、脱毛などさまざまな副作用が考えられます。また、抗がん剤治療だけでは完治が難しいところもデメリットの一つです。完治を目的とした治療ではなく、集学的治療の一環として用いられることがほとんどです。

ここでは、抗がん剤を使う理由やその種類、そしてメリットとデメリットについて解説しています。

>>抗がん剤治療の概要<<

>>抗がん剤治療のメリット・デメリット<<

放射線治療

いまやがん治療の方法を選ぶうえで、最初の選択肢になりつつあるのが放射線治療。すでに欧米では主流となっており、その効果と負担・副作用の少なさに期待が集まっています。

放射線の種類や照射の方法・技術が向上し、これまでよりも癌細胞に正確に放射線を当てることができ、またがん細胞を死滅させやすくなっています。

放射線治療は、体外からがん組織がある部位に対して照射する、外部照射が一般的です。外部照明の場合は痛みがなく、短時間で施術が終わるところがメリットです。また、体への負担が少ないため通院での治療も可能です。この他にも、注射や飲み薬で投与する内部照射など、選択肢が増えてきています。

さらに、がんの根治を目指す治療やがんの症状や痛みを緩和するための治療など、幅広い治療に用いることができるのもメリットです。手術後にがん細胞の再発を防止したり、血液がんの治療で行う造血幹細胞移植の前処置として取り入れたりと、他の療法と組み合わせて用いる場合が多いです。

抗がん剤同様、手術での治療が難しい場合や、全身への転移を抑制する上では欠かせない治療法です。

放射線治療のデメリットとしては、副作用が起こる可能性があるところです。可能性自体は低いのですが、急性期には治療終了後に、倦怠感や貧血、出血などの症状を伴う場合があります。晩期も副作用が起こりやすいため、細心の注意を払って治療を進めていきます。他にも治療期間中は通常の生活を送ることができますが、毎日通院して継続した治療を受ける必要があります。また、放射線治療は照射した場所に効果が期待できるという治療です。そのため、転移などを念頭に置くと照射できていない部分が出てくる可能性も否定できません。

>>放射線治療の概要<<

>>放射線治療のメリット・デメリット<<

免疫療法

上の3つの治療法に加えて、それらを補完する形で注目されているのが免疫療法です。

もともと体内に備わっている、癌細胞を攻撃する免疫システム。これを強化・回復させることでがん細胞を集中的に攻撃し、治療するというものです。

免疫療法の中で効果が明らかになっているものは「免疫抑制阻害療法」と「サイトカイン療法」「BRM療法」です。「免疫抑制阻害療法」は、がん細胞により弱まった免疫細胞を強めて、もともと持っている免疫力を高める方法です。「サイトカイン療法」と「BRM療法」は免疫細胞を活性化させる薬を投薬することで、免疫細胞を活性化させ、がん細胞を攻撃させる治療方法です。これらの治療方法は、がん細胞だけを攻撃することができるため、正常な細胞を傷つけずに済むところがメリットです。また、自分の体内に持っている免疫細胞を使用するため、がんが進行し体力が弱まっている人でも試みることができます。

エビデンスが少なくその評価はまだ定まってはいませんが、すでに先進医療として認定されており、手術や放射線治療、抗がん剤治療での対応が難しい場合でも利用できる点は優れています。

また、副作用や身体的負担がなく、どんな患者でも利用できるというメリットもあります。

一方で、免疫療法は先進医療として研究が進められている最中なので、まだまだ治療効果が立証されていない部分もあります。そのため、予期せぬ副作用が起こる可能性も否定できないため、医師と相談しながら慎重に進めていく必要があります。

また、免疫療法は抗がん剤治療と併用するとそれぞれの効果を打ち消してしまう可能性があります。免疫療法は、他の療法では得られないメリットが得られると期待されている治療方法です。これからより研究が進み、第4の治療方法として確立されることが期待されます。

参考:

『免疫療法 まず、知っておきたいこと』国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター

『手術療法』公益財団法人 がん研究会有明病院

>>免疫療法の概要<<

>>免疫療法のメリット・デメリット<<

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。