いちから分かる癌転移の治療方法ガイド » よく分かる癌の治療方法メリット・デメリット

よく分かる癌の治療方法メリット・デメリット

がんの主な治療法である手術、抗がん剤治療、放射線治療、そして免疫療法の概要とそのメリット・デメリットを詳しく解説しています。

がんと闘うための治療方法、そのメリット・デメリットとは

癌の治療には、主に3つの治療法が用いられてきました。切除手術、抗がん剤治療(化学療法)、そして放射線治療です。

かつては、癌の腫瘍と、目に見えない微小な癌細胞を取り除く手術がもっとも信頼性が高いとされてきました。しかし近年になって抗がん剤と放射線治療の技術が飛躍的に向上し、これらが同じレベルで利用されるようになりました。特に放射線治療は、手術と変わらない治療実績を挙げるまでになっています。

それに加えていま注目されているのが「免疫療法」です。上記の3つの治療法では対処できないケースを補完できることがあり、また副作用が少ないことから、急激に利用される機会が増加しています。

ここでは、免疫療法を加えた4つの治療法について、その概要や治療のメカニズム、そしてそれぞれのメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

手術

がん治療の基本である、切除手術。がんを治すには、物理的に癌細胞を除去するのが確実であることに変わりはありません。それゆえ、ほかの治療法が発達したとしても、切除手術が基本となっているのです。

放射線治療や抗がん剤治療によって切除する範囲を少なくすることで、がんの手術はより負担が少なくなっています。内視鏡手術などを利用すれば、傷も小さくて済みます。

ここでは、がんの部位別に手術の方法を解説しています。

>>部位別・がん手術の概要<<

>>手術による治療のメリットとデメリット<<

抗がん剤治療

かつては手術の補助的な役割を担っていた抗がん剤治療ですが、現在では抗がん剤の使い方の改善や新薬の登場によって、その効果が高まっています。以前のように副作用に苦しむことも少なくなり、手術では治療できない癌をコントロールしながら生活するのに欠かせません。

ここでは、抗がん剤を使う理由やその種類、そしてメリットとデメリットについて解説しています。

>>抗がん剤治療の概要<<

>>抗がん剤治療のメリット・デメリット<<

放射線治療

いまやがん治療の方法を選ぶうえで、最初の選択肢になりつつあるのが放射線治療。すでに欧米では主流となっており、その効果と負担・副作用の少なさに期待が集まっています。

放射線の種類や照射の方法・技術が向上し、これまでよりも癌細胞に正確に放射線を当てることができ、またがん細胞を死滅させやすくなっています。

抗がん剤同様、手術での治療が難しい場合や、全身への転移を抑制する上では欠かせない治療法です。

>>放射線治療の概要<<

>>放射線治療のメリット・デメリット<<

免疫療法

上の3つの治療法に加えて、それらを補完する形で注目されているのが免疫療法です。

もともと体内に備わっている、癌細胞を攻撃する免疫システム。これを強化・回復させることでがん細胞を集中的に攻撃し、治療するというものです。

エビデンスが少なくその評価はまだ定まってはいませんが、すでに先進医療として認定されており、手術や放射線治療、抗がん剤治療での対応が難しい場合でも利用できる点は優れています。

また、副作用や身体的負担がなく、どんな患者でも利用できるというメリットもあります。

>>免疫療法の概要<<

>>免疫療法のメリット・デメリット<<

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。