抗がん剤治療

メリット・デメリット

抗がん剤治療を検討するうえで知っておきたい、メリットとデメリットについてまとめています。

抗がん剤治療を受ける場合のメリット・デメリットとは?

抗がん剤治療は、それ単体ではもちろんのこと、手術や放射線治療と組み合わせることで、高い治療効果が期待できるものです。上手に使うことで大きなメリットを得られる一方、デメリットがないわけではありません。

抗がん剤治療を利用するなら、メリット・デメリットの両面を知っておく必要があります。そこで、ここでは抗がん剤治療のもつメリットとデメリットを解説していきます。

抗がん剤治療のメリット

全身への効果が期待できる

抗がん剤治療は、全身に対して治療効果が得られるのが最大のメリットです。手術は切り取った部分のがん細胞がなくなるだけ、放射線治療も照射した特定の部位だけに効果を発揮するもの。対して、抗がん剤治療は血液にのって全身に運ばれ、効果を発揮することができます。

これが強みを発揮するのは、がんが原発巣を離れて転移した場合。全身に癌が散らばってしまうと、それをすべて手術で取り去ることは難しくなります。こういった場合に抗がん剤で進行を抑えることができれば、治療の延命効果が高まります。場合によっては癌を根治させる可能性もあります。

複数の抗がん剤を併用することができる

抗がん剤は通常、複数の種類を併用します。これによって副作用が強く出ることを防ぐだけでなく、がんに対してさまざまな種類のアプローチをすることができます。また、放射線治療と組み合わせることもでき、治療実績を向上させることに成功しています。

再発を防ぐ

手術や放射線治療では、原発巣を取り除いたつもりでいても検査で確認できないがん細胞が残ることがあります。これによる再発のリスクが生じてしまうのですが、手術や放射線治療の後に抗がん剤を投与することで再発のリスクを抑えることができます。

抗がん剤治療のデメリット

抗がん剤だけでは癌は治らない

抗がん剤治療は、実はそれだけではがんを完全に治すことはできません。抗がん剤は癌の増殖を食い止めたり、腫瘍を小さくするためのものです。がんを完全に治すためには、手術や放射線治療、あるいは免疫力を高めて自分でがん細胞を攻撃することが必要になります。

また、すい臓がんや悪性黒色腫など、抗がん剤がまったく効かない癌があることにも注意が必要です。

副作用

以前に比べてかなり負担は軽減されているものの、やはり副作用がゼロになるわけではありません。正常な細胞に対しても抗がん剤が攻撃を加えてしまうことに変わりはないので、ある程度の副作用と闘う必要はあります。

副作用を軽減する薬剤がすでに開発されていますが、脱毛だけはいまだ克服できていません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。