癌に効く造血幹細胞移植

癌に効くといわれる造血管細胞移植とは、どのような治療なのか解説していきます。
造血器悪性腫瘍や白血病などの血液のがんは、完全に治すことや長く生存することが難しいと言われています。
このような患者に対して化学療法や放射線治療を一定以上行うと他の臓器や骨髄に悪影響を及ぼしてしまいますが、正常な造血幹細胞を移植することで骨髄の機能回復を図ることができます。そのため、通常の化学療法や放射線治療よりも多くの量を投与したり照射したりでき、癌の治療の効果を高めることが期待されている方法です。
また、同種移植することによって、免疫反応がでて抗癌効果も期待できますので、悪性リンパ腫や白血病の再発を防ぐと考えられています。

造血幹細胞移植が注目される背景

造血幹細胞移植が注目されるのは、今までの化学療法や放射線治療の上限を上げ、さらに癌細胞への効果を引き出すことが期待できることと、ドナーが見つかればできるようになる同種移植によって、抗癌効果を期待できるからです。

血液の癌の治療には化学療法や放射線治療などが行われています。抗癌剤も放射線治療もその量を増やせば効果が高まるだろうと考えられていますが、体内の別の部分にまで悪影響を起こしかねないため量に限りがあります。中でも骨髄は影響を受けやすいと言われています。
この限度量を守らないと、癌細胞には効果はありますが、患者の身体に負担がかかり弱まった身体は感染症などを引き起こしかねません。そんな問題を解決することができると考えられているのが、造血幹細胞移植です。
造血幹細胞移植をすることによって、今まででは限られていた量以上の投薬や放射ができるようになりました。

また、同種移植という白血球の血液型が一致したヒトからの移植をすることによって、移植された造血幹細胞が造り出すリンパ球が患者の体内で免疫反応をおこします。同種免疫反応による抗腫瘍効果(GVL効果)と言われており、化学治療や放射線治療だけでは治すのが難しいと考えられる病気も、この免疫反応の抗癌効果によって治癒を期待できます。これらのことから造血幹細胞移植は注目を集めているのです。

参考:日本造血細胞移植学会HP「移植の適応となる疾患」(2018年10月16月確認)

造血幹細胞移植が出来る機関が増えている

1974年に日本では初めて造血幹細胞移植が行われました。現在、造血幹細胞移植は日本でも100を超える様々な場所で行われています。1990年代にはさらに増え、今では1年の間に5000件以上もの移植が行われています。日本造血細胞移植学会をはじめとし、日本骨髄バンク、日本さい帯血バンクネットワークなど様々な機関が造血幹細胞移植に携わっています。

治療法や施設の質を保つためのガイドラインも日本造血細胞移植学会によって設置され、造血幹細胞移植はさらに広まっていくことが考えられます。

参考:日本造血細胞移植学会HP「ガイドライン一覧」(2018年10月16月確認)

参考:日本造血細胞移植データセンターHP「移植データ」(2018年10月16月確認)

造血幹細胞移植とは?

造血幹細胞移植は血液のがんに効果的とされる治療方法の一つです。平成26年度の日本造血細胞移植学会の全国調査報告書によると、造血幹細胞移植に適応しているのは急性骨髄性白血病や、急性リンパ性白血病、非ホジキンリンパ腫が多くを占めています。

造血管細胞にも種類があり、自家移植・同系移植・同種移植があります。

自家移植

患者が放射線治療や化学治療を行う前に自分の造血幹細胞を採取し、冷凍保存して取っておくもの。治療を終えたのちに、負担がかかった骨髄のために保存しておいた造血幹細胞の移植を行います。更なる大量化学療法や放射線治療をすることで抗がんを行い、治療による患者自身の骨髄へのダメージを移植によって回復するというものなので、化学療法や放射線治療に効果がみられることが前提となります。

同系移植

白血球の血液型が一致する一卵性双生児の兄弟姉妹から移植を行います。

同種移植

自分でもなく、同系でもない、白血球の血液型が一致するヒトからの造血幹細胞を行います。白血球の血液型が一致したドナーを見つけなければいけません。健康的な血縁者で白血球の血液型が一致するか、もしくは骨髄バンクやさい帯血バンクなどを利用する方法があります。また、移植をすることによって、抗がん効果がみられることを期待できますが、拒絶反応が起こる可能性もあります。

白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などに化学療法や放射線治療を行うと癌細胞への効果は期待できます。しかし、これらの治療は同時に白血球を減らしてしまうため、他の感染症などに罹ったり、合併症が現れたりして最悪命を落とすことも。そこで自家移植や同系移植をすることによって骨髄の機能を回復させるのです。あくまでも癌への効果は化学療法や放射線治療によるものとなります。

それに比べて、同種移植は移植をすることで、ドナーから移植された造血幹細胞によるリンパ球が、もともとの患者の癌細胞を攻撃しようとする免疫反応が起こる可能性があるので、通常の化学療法や放射線治療だけではない治療の効果が望めます。

造血幹細胞移植の流れ

造血幹細胞移植をするには、まず移植を検討し、同系移植や同種移植のドナーを探す必要があります。
見つかった後、移植予定日を決定。移植予定日の1ケ月前あたりから検査・感染症などにかかっていないかなどのチェックをします。
移植予定日2~4週間前あたりから入院。
移植予定日1週間前には移植前処置とよばれる、大量の化学療法や放射線治療。これによって癌細胞をなるべく減らすようにします。
また、同種移植をする場合は免疫反応に期待したいので、患者自身の免疫細胞を抑えるのも目的です。

そして、造血幹細胞移植。造血幹細胞を点滴で投与するのが一般的ですが、個人差があります。副作用が起こる可能性もあります。

移植した造血幹細胞から白血球が作られるまでの間は、化学療法や放射線治療によって白血球がかなり少なくなった状態となり、患者は感染などに注意しなければならない状態が続きます。白血球が増えるまで特別な環境で過ごすことになるでしょう。
個人差もありますが、2,3か月後に退院できると言われています。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)