免疫療法

新たながん治療法として注目されている、免疫療法(免疫細胞療法)とはどんなものなのか、解説しています。

がん治療の新しい希望・免疫療法(免疫細胞療法)とは

免疫細胞療法、通常「免疫療法」と呼ばれる癌の治療法がいま注目を集めています。手術、抗がん剤治療、放射線治療という3つの癌治療の柱に続く、第4の癌治療法と目されているのです。

癌の治療に利用する「免疫」とは、私たちが自分のからだの中に持っている免疫のはたらきのこと。私たちは、もともと異物である癌細胞を撃退する免疫力を持っています。これを科学的に活性化して、癌の治療に応用するのが免疫療法です。

免疫療法が注目される背景

先に挙げた癌治療の3つの柱は、それぞれに一定の効果を持ちはするものの、弱点もあります。これらの弱点を補うために、免疫療法が利用されるようになりはじめました。

血液や骨髄の癌は手術で切除することはできませんし、体力が著しく落ちている患者の場合は手術に耐えることができないことがあります。また、抗がん剤や放射線での治療は副作用があったり、治療効果が手術ほどは確かでないという面があります。

免疫療法なら手術のような外科処置は必要ないので、どんな癌にも、またどんな患者でも対応できます。自身の免疫による治療なので、副作用もありません。まだ症例が少ないのでほかの治療法と同じレベルでの比較はできませんが、免疫療法による成果も上がっています。

免疫療法を利用できる機関が増加中

かつては、免疫療法には専用施設と高度な技術が必要なこともあり、利用できる病院や施設は限られていました。

しかし、近年の免疫療法への注目の高まりを受け、免疫療法を高度先進医療として提供する「特定承認保険医療機関」に指定される施設が増え始めています。今後、さらに免疫療法が普及・一般化することは間違いないと考えられています。

そんな免疫療法、具体的にどんな仕組みで癌の治療ができるのでしょうか?そのメカニズムをわかりやすくお伝えしたいと思います。

免疫療法とは?

そもそも免疫とは?

人間は、体内に侵入した異物を排除する仕組みを持っています。風邪のウイルスや、食中毒を起こす大腸菌がからだに入った時に、これらの「侵入者」を放っておいたら私たちのからだは大変なことになってしまいますよね?そんな侵入者を撃退するための仕組みが「免疫」です。

免疫が撃退する異物は、外から入ってきたものだけに限りません。体内でつくられたものであっても、からだに取って敵になるような細胞なら撃退するようになっています。たとえば、体内の細胞であってもウイルスによって変質してしまったものや、排除すべき癌細胞といったものです。

私たちのからだをつくる細胞は、自分のからだの細胞である、ということがわかる印を持っています。この印の形が少しでも違えば、それは自分のからだの細胞ではないと認識されるので、免疫システムの撃退の対象になります。もともと自分の細胞だったものも、ウイルスに感染したり、癌細胞になってしまったりすると、印が正常ではなくなるのです。

こういった免疫システムによって、わたしたちのからだは外部からの侵入者や、体内でつくられてしまった敵となる細胞から守られているのです。もちろん、癌細胞ができても、通常は免疫システムによって撃退してしまいます。ですから、私たちは癌にはならないはずです。

では、私たちはなぜ癌になってしまうのでしょうか?

癌が発生する理由

実は、健康な人間でも毎日がん細胞を体内で生み出している、ということをご存じでしたか?健康な成人男性でも、一日に3,000個ほどの癌細胞をつくり出しているそうです。

癌細胞というのは、何らかのトラブルで細胞のもつ遺伝子に異常が生じて、正常ではない細胞へと変化したもの。本来なら、こういった異常な細胞は免疫システムによってすぐに撃退されます。ですから、3,000個の癌細胞がつくられたとしても、癌の腫瘍に発展することはなのです。

ところが、癌細胞の中には悪質なものがあり、正常な細胞の印をもったまま癌化したり、癌を攻撃する細胞のはたらきを弱めるたんぱく質を分泌したりします。そうして免疫システムの攻撃をくぐり抜けた癌細胞が増殖を繰り返し、やがて癌になります。

そんな癌の悪口・暴走を食い止めるため、免疫システムを強化し、また「教育」することで、癌細胞と闘う力を取り戻すのが免疫療法です。

免疫療法は、免疫細胞を復活させて癌と闘う治療法

免疫システムの力は、加齢とともに衰えてきます。また、ストレスが多かったり、食生活や生活習慣が乱れていると、癌細胞が増殖しやすくなります。一度免疫細胞の網をくぐり抜けてしまえば、癌細胞は無限に増殖を繰り返すもの。そうなってしまうと、さすがの免疫細胞もお手上げとなってしまいます。

しかしそうなったとしても、免疫システムがなくなるわけではありませんし、異物を見つければいつでも排除しようとするはたらきは残っています。そこで、免疫システムをもう一度復活させ、またどの細胞を攻撃すればいいのか教育することで、増加した癌細胞を攻撃させる、というのが免疫システムの基本的な仕組みです。

では、免疫細胞を教育するというのはどういうことでしょうか?

2種類の免疫システム

免疫には、「自然免疫」と「獲得免疫」という2種類のシステムがあります。

自然免疫は、ウイルスや細菌といった異物を見つけたら、手当たり次第に攻撃するもの。これは生まれた時から持っている免疫なので、自然免疫と呼ばれます。一方、自然免疫では退治しきれず病気にかかってしまったりした場合、その原因となる異物が敵であるということをからだが学習します。一度敵だと認識することで、異物の情報を「獲得」し、次からは集中的に攻撃するようになります。これを「獲得免疫」と呼びます。

自然免疫、獲得免疫にはそれぞれ異なる細胞が存在します。主な免疫細胞をご紹介しましょう。

自然免疫

  • マクロファージ:異物を片っ端から食べる、貪食細胞
  • 樹状細胞:自然免疫の細胞から獲得免疫の細胞へ情報を伝達する
  • 好中球:異物を食べるだけでなく、殺菌剤のようなものを振りまく

獲得免疫

  • NK細胞:リンパ球の一種で、怪しいものを次々殺すNatural Killer(生まれつきの殺し屋)
  • ヘルパーT細胞:獲得免疫の細胞に攻撃命令を出す
  • キラーT細胞:強力な殺傷力を持つ、Killer(殺し屋)細胞
  • サプレッサーT細胞:キラーT細胞などの終わらせる細胞
  • レギュラトリ―細胞:免疫反応が過剰になるのを抑える
  • B細胞:ヘルパーT細胞の指令を受けて、異物に対して武器を発射する

ふだんは、マクロファージや好中球、そしてNK細胞が体内をパトロールしており、癌細胞があれば即座に退治します。特にNK細胞は最強クラスの殺傷力があり、ふだんはどんどん癌細胞を退治します。

しかし、あまりにも癌細胞が増えすぎると、NK細胞でも対処しきれなくなります。そうなると、樹状細胞はヘルパーT細胞へと「あいつらは敵だ!」という情報を伝達します。それを受けたヘルパーT細胞は、キラーT細胞やB細胞に「あいつらを退治しろ!」という命令を出し、癌細胞へより集中的な攻撃を始めます。

このとき、キーマンになるのが樹状細胞です。樹状細胞は、T細胞たちに敵の目印を伝える、いわば教育者の役割があります。ヘルパーT細胞の中には情報伝達を受けるとサイトカインという物質を分泌するものがあります。樹状細胞は、サイトカインを受け取ると活性化する性質があり、それによってスーパー教育者へと進化を遂げます。それによって、T細胞はますます高度な教育を受けることとなり、免疫システムが強固なものになっていきます。

この教育システムを利用して、高い免疫力をもち、癌細胞と闘うのが免疫療法です。

免疫細胞療法の種類

免疫細胞療法には、いくつかの種類があります。代表的なものを紹介しましょう。

  • サイトカイン療法・BRM療法

    古典的な方法で、T細胞やNK細胞を活性化させるサイトカインを投与するもの。特定の癌を攻撃するというよりは、全体的な免疫力を高めるための方法です。

  • LAK療法・CAT療法

    これも1980年代から使われるほうほうで、NK細胞やT細胞といったリンパ球を採取し、培養液に入れて活性化させ、体内に戻す方法です。ただし、ここで投与されるNK細胞やT細胞は、攻撃するべき癌細胞の印を覚えているわけではありません。そのため、特定の癌細胞に対する攻撃力という点では劣ります。

  • TIL療法・CTL療法

    上のふたつの弱点である「癌細胞の印がわからない」というのを克服するのがTIL療法、CTL療法です。

    TIL療法は、癌腫瘍に浸み込んでいるリンパ球を採取し、増殖させて体内に戻すというもの。癌組織の中にいるリンパ球なら癌細胞の印を理解しているので、攻撃が可能だという考え方です。

    一方CTL療法は、体内から取り出したT細胞に自分の癌の抗原や人工抗原を加え、癌細胞の印を覚えさせて体内に戻すというもの。

    特にCTL療法は治療成績がよく、人工抗原を利用した治療のほうが優れています。

  • 樹状細胞ワクチン療法(DCワクチン療法)

    現在注目され、また一般的になりつつあるのがこの樹上細胞ワクチン療法です。樹状細胞は、たくさんのT細胞やNK細胞に癌の印を教育することができます。ここに着目し、体内から取り出した樹状細胞に癌細胞の印を教え込んで体内に戻します。体内に戻った樹状細胞はT細胞を教育し、より高い攻撃力を手に入れることができます。

    樹状細胞ワクチン療法は、すでに効果が認められており、高度先進医療として認定もされています。今後いっそう普及していくことが予想されています。

  • 腫瘍細胞ワクチン療法・ペプチドワクチン療法

    免疫細胞を教育するのではなく、癌細胞を体内に投与して免疫力をつけるのが腫瘍細胞ワクチン療法です。増殖しないように処理した癌細胞を投与することで、免疫を獲得させます。

    またペプチドワクチンは、人工的につくった癌細胞の印となる抗原を摂取するもの。ペプチドと呼ばれるアミノ酸を摂取すると、体内で樹状細胞が取り込んでT細胞へと教えこみます。これによって癌細胞を攻撃するというものです。

  • 抗体療法

    B細胞には、癌細胞などの異物に対して抗体と呼ばれる武器を製造し、攻撃する機能があります。ということは、癌抗原を標的とする武器である抗体を人工的に作って投与することができれば、癌を効率よく攻撃することができます。これを利用してがん細胞だけを攻撃する抗体を作り、投与するのが抗体療法です。

免疫療法は3大治療法と組み合わせて利用する

免疫療法は、これまでにかなりの実績を積み重ねてはいるものの、手術や放射線治療、抗がん剤治療に並ぶほどではありません。しかし、これらを補完できるという点では、免疫療法は優れています。

そのため、3大療法と併用することで癌の再発・転移を防いだり、低下した免疫力を補ったりしながら癌治療を進めることができます。3大療法だけでは対処しきれない癌であっても、免疫療法との併用で緩和・治療が可能になるケースは少なくありません。どんな病状の方でも、検討する価値は間違いなくある治療法です。

免疫療法を受ける場合のオススメ病院

東京MITクリニック・アスゲンがんクリニック

(サイトイメージ)

東京MITクリニック・アスゲンがんクリニックは、免疫療法の医療素材や新薬を開発している宇野医師が院長を務めるがん専門クリニック。

他院では実施していない、APT分子免疫治療と呼ばれる治療をしており、従来の免疫治療よりも高い効果が得られます。副作用がなくがん治療ができる最先端医療には、検討する価値があります。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。