免疫療法

メリット・デメリット

癌の治療法である、免疫療法のメリットとデメリットをまとめてみました。

免疫治療のメリット・デメリットとは?

手術・放射線治療・抗がん剤治療に次ぐ第4の治療法として注目される、免疫療法。免疫治療によって体内の癌細胞柄の免疫力を高め、攻撃するというもの。ほかの治療法では得られないメリットが多く、優れた治療法と目される一方で、まだ克服できないデメリットもあります。

癌の治療法を選ぶためには、それぞれのメリットとデメリットを理解する必要があります。ここでは、免疫療法のメリットとデメリットをそれぞれ解説していきたいと思います。

免疫療法のメリット

癌細胞のみを攻撃することができ、副作用がない

免疫療法は、免疫細胞に対してがん細胞だけを攻撃する力を与えるもの。したがって、正常な細胞には影響がありません。

手術の場合は身体への負担が大きいですし、放射線治療は正常な細胞へのダメージを避けることができません。抗がん剤には副作用がありますが、免疫療法にはそれがありません。身体的リスクや、治療後の副作用のリスクがないため、安心して使うことができます。

進行がん、転移がんにも効果がある

かなり癌が進行したり、からだ中に転移をしている場合は、手術をすることができません。また、抗がん剤や放射線をもっても治療が難しいとされる場合は、これまでならお手上げとなっていました。

しかし、進行がんや転移がんであっても免疫療法は利用することができます。体力が衰えてほかの治療に耐えることができない方でも利用できるのは大きなメリットです。

早期がんなら根治の可能性も

早期の小さな癌であれば、免疫療法だけでも根治する可能性があります。まだ治療例が少なく、その実績もたしかなことは言えませんが、今後さらに普及が進めば早期発見の癌は免疫療法が適用されることもあるかもしれません。

もちろん早期でない癌でも、免疫治療によって根治する可能性があります。

免疫療法のデメリット

治療データの蓄積がない

最大のデメリットは、いまだ治療効果があるという根拠に乏しいところです。理論的には有効であっても、それを裏付け、証明するだけの治療実績は十分ではありません。絶対に効く!と断定することはできないのが難しいところです。

先進医療として認定されてはいますが、まだ評価が定まっていない点は否定できません。

抗がん剤の効果を下げてしまう可能性がある

抗がん剤は免疫力を下げる作用がある一方、免疫療法は免疫力を上げるので、効果を打ち消し合う可能性があります。

これは、それぞれを上手に使えば回避できる問題であることもわかっていますが、まだその方法は確立されていません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。