癌転移の治療ガイド » よく分かる癌の治療方法メリット・デメリット » 癌に効果的 キラーT細胞とはどんなもの?

癌に効果的 キラーT細胞とはどんなもの?

キラーT細胞とは?

「キラーT細胞」とは、リンパ球の一種である「T細胞」の1つです。T細胞は、免疫対応の細胞の1つで、機能ごとに分けることができます。抗体産生細胞への分化をフォローする「ヘルパーT細胞」、抑制する「サプレッサーT細胞」、アレルギー反応を誘う「エフェクターT細胞」、最後が標的を破壊することができる「キラーT細胞」です。

なぜキラーT細胞ががんに効果的なの?

次に、キラーT細胞がどのようにして癌に作用するのかを紹介していきます。

免疫には2種類ある

まず初めに体の免疫がどのようになっているのかを確認しましょう。人間の体の免疫システムには、2種類あります。1つは、自然免疫でもう1つが獲得免疫です。自然免疫は、体内に侵入者がいないかを常に監視。侵入者を発見した場合、真っ先に攻撃を仕掛けます。つまり、体内に異物が入ってきた時の初期対応を行う免疫ということです。マクロファージや好中球、樹状細胞などがこの自然免疫に該当します。一方、獲得免疫は、生物の中でも人間のような高度な生物にだけ備わっている免疫です。癌などの強い破壊力を持つ侵入者に対応します。T細胞やB細胞などが獲得免疫となります。

2段構えで体を守る

先ほど紹介したように、体内に入ってきた外敵に対して、最初に対処にあたるのは自然免疫です。その自然免疫でも対処できない場合は、キラーT細胞などの獲得免疫が対処するという仕組みになっています。

自然免疫の総司令は樹状細胞

自然免疫の中でも、総司令官的な役割を果たしているのが、樹状細胞となります。樹状細胞は、癌細胞などの異物を発見すると、キラーT細胞などに攻撃をするよう指示を送ります。そこで癌細胞を排除するために動き出したキラーT細胞が、癌細胞に取り付いて排除するのです。

ところが癌細胞は厄介なので、体外からの侵入者と思わせないようにして、増殖をしてしまいます。そうなるとキラーT細胞は、癌細胞に気づかず、攻撃しないままになってしまうのです。

進むキラーT細胞の研究

ですが、最近ではキラーT細胞に関する研究が進み、2019年2月には吉村昭彦慶応大教授ら日米の共同チームが、キラーT細胞の働きが悪くなる仕組みを解明したと発表。また、京都大iPS細胞研究所などのチームが、人のiPS細胞から、「キラーT細胞」を作ることに成功したと公表しています。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)