癌転移の治療ガイド » よく分かる癌の治療方法メリット・デメリット » 【癌と免疫の関係】マクロファージとは?

【癌と免疫の関係】マクロファージとは?

マクロファージの役割

マクロファージとは?

マクロファージとは、アメーバ状の細胞。大きさは、直径15~20μmと比較的、大きいのが特徴です。全身の組織に幅広く分布していて、生まれつき持っている防御機能「自然免疫」において大きな役割を果たしています。

なぜマクロファージが癌に効果的なの?

では、マクロファージがなぜ癌に効果的なのかを見ていきましょう。人間の体に癌細胞が侵入すると、マクロファージはその癌細胞を自分の体内に取り込むことで消化しようとします。これを貪食処理と言います。マクロファージの中には、ただ取り込んで消化するだけでなく、その癌細胞の情報を他の細胞に伝えるために、その細胞を自分の表面付近に持ってきます。その情報を受け取ったキラーT細胞などの他の細胞が、癌細胞を破壊しにかかるのです。つまり、マクロファージが癌細胞を見つけ、消化しながら他の細胞へその情報を伝えなければ、癌細胞はどんどん繁殖することになるので、マクロファージが重要となります。

進むマクロファージに関する研究

このマクロファージについては、様々な研究が現在も進められ、2019年2月には、京都大学大学院工学研究科の秋吉一成教授、三重大学の村岡大輔助教、原田直純同特任講師、珠玖洋同特定教授らの研究グループによってマクロファージに関する研究結果が国際学術誌に掲載されました。

この研究は、がんの治療に使用されている「免疫チェックポイント阻害薬」に関するもの。この阻害薬は、肺がんなど一部のガンにおいては目覚ましい成果を挙げているものの、一方では他の癌には抵抗性があるとされているため、どのような癌に抵抗性があるのかという解析が進められています。抵抗性のある癌の場合、T細胞などの免疫系の細胞が上手く作用しないことはこれまでの研究で分かっているのですが、なぜ抵抗性があるのかということについて、原因究明に取り組んだのです。

その結果、マウスを使った実験により、癌の内部にある免疫細胞「TAM」が不活性で、抗原提示機能を発揮していないことが、癌が免疫チェックポイント阻害薬抵抗性になる要因の1つであることを突き止めました。このTAMというのが腫瘍関連マクロファージと呼ばれるものです。この結果、抵抗性だった癌が感受性に変えることができるということが分かり、免疫チェックポイント阻害薬などの免疫療法を行う際、抵抗性のものを感受性に変えて治療成績を向上させることが見込まれるということになりそうです。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)