放射線治療

癌の治療に欠かせない「放射線治療」の概要や、その種類についてまとめています。

がん治療の第一選択肢、「放射線治療」とは?

いまや手術と並び、癌の治療方法の選択肢として大きな存在感をもつようになった放射線治療。からだへの負担をできるだけ小さくしながら、癌の根治を目指すことができる治療法です。

癌をすべて取り除くという目標はもちろん、患者のQOLを向上させるという観点からも注目されるのが放射線治療。ここでは、癌の放射線治療がどのようなものなのか、またどういった種類があるのか、その概要を解説しています。

放射線治療とはなにか

がんの放射線治療は、具体的には電離放射線と呼ばれるものをがん細胞に当て、死滅させるというもの。

放射線が当たると、がん細胞のDNAは損傷を受けます。DNAが壊れると、がん細胞は細胞分裂ができなくなり、いずれ死滅します。また、放射線は細胞内のたんぱく質を変質させますが、これも細胞を死に導く効果があります。このようにして放射線でがん細胞を死滅させることができます。

正常な細胞は、DNAが損傷してもそれを回復する力があります。がん細胞は回復する力が弱いため、がん細胞だけを死滅させることができるわけです。また、がん細胞は、正常な細胞に比べると細胞分裂が盛んです。放射線の効果は細胞分裂が盛んなほど高く、それもがん細胞が先に死滅する理由のひとつです。

放射線が効きやすい癌

放射線治療は、癌の部位によって効きやすさ・効きにくさに差があります。細胞分裂の活発な悪性リンパ腫、精巣がん、放射性感受性が高く効果の出やすい食道がん、皮膚がん、子宮頸がんなどは効きやすいものに分類されます。

乳がんや前立腺がんなど、放射線治療の効きにくいものもあります。とはいえ、より多くの線量で治療をすれば効果が高いことに変わりはありません。実際、乳がんや前立腺がんでは放射線治療が高い実績を挙げています。

放射線治療のメリット・デメリットについて詳しく見る>>

放射線治療の種類

放射線治療で一般的に使われるのは、X線、ガンマ線、そして電子線です。

  • X線

    X線照射は、リニアックと呼ばれる装置によって行われます。加速した電子を金属板に当てることでX線を発生させるという仕組みになっています。

    X線は、体内に入って一定の深さに達したところでもっとも効果が高くなります。その深さはX線のエネルギーが高いほど深くなります。そのため、体内の浅いところにあるがんはエネルギーの低いX線、深いところにあるがんはエネルギーの高いX線を照射します。

    放射線治療の一つ「X線」について詳しく見る>>

  • ガンマ線

    ガンマ線は、コバルト60やヨウ素125、イリジウム192、セシウム137という物質から自然に放出される放射線です。X線に比べるとエネルギーが低く、からだの浅い部分にしか利用できません。そのため、現在ではガンマナイフや小線源治療と呼ばれる特殊な治療法でのみ使われています。

    放射線治療の一つ「ガンマ線」について詳しく見る>>

  • 電子線

    電子線は、浅いところで大きな効果を生み、そこから先の深い部分では急速にエネルギーを失うという性質があります。そのため、皮膚がんのようなからだの表面に近いところにあるがんに使われます。

    放射線治療の一つ「電子線」について詳しく見る>>

  • その他の放射線

    このほかに、からだの深い部分まで届き、周囲の組織にほとんど影響がない陽子線、陽子線の3倍の威力があり、ほかの組織に影響しない重粒子線などが利用されます。

    この2つは「ブラッグピーク現象」というものがあります。ブラッグピーク現象は、特定の深さだけで放射線が効果を発揮するというもので、陽子線や重粒子線はブラッグピークの起きる幅が狭いので、周囲の組織には影響が出にくいのです。

    放射線治療の一つ「陽子線」について詳しく見る>>

    放射線治療の一つ「重粒子線」について詳しく見る>>

照射の方法

放射線の照射の方法にもいくつか種類があります。

体外から放射線を照射するものには、定位放射線治療、強度変調放射線治療が挙げられます。ピンポイントでがん細胞に放射線を当てることができる技術です。

また、からだの中に放射線の線源を入れる密封小線源治療、アイソトープ内服療法というものもあります。

放射線治療で癌を治す方のためのオススメの病院

クリニックC4

(サイトイメージ)

クリニックC4は、放射線治療の権威とも言える青木幸昌医師が開業した、がん専門のクリニック。

病巣の個数が多い場合には利用できないという放射線治療のデメリットを克服した、「トモセラピー」という放射線治療機器を利用することができます。7年間で1335症例に照射をし、80%は局所制御に成功した上、46%は病変が消失したという報告があります。

一度に10か所以上の治療が可能なので、全身への転移が見られるケースでも治療が可能。これほどの最新の放射線治療は、他院ではまだ受けられないのが現状です。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。