電子線

からだにメスを入れずに治療ができる放射線は、多くの種類があるためがんの進行度合いや部位によって使い分けなければなりません。ここでは主に皮膚癌への効果が期待できる放射線の一種「電子線」についての情報をまとめています。

電子線の治療とは

放射線は波のような性質を持つ「電磁波」と粒子のような性質を持つ「粒子線」に分けられます。電磁波は光の力からできる「可視光線」「X線」「ガンマ線」などがあり光子線とも呼ばれる波。粒子線は電気からできるエネルギーの流れで「電子線」「陽子線」「重粒子線」などがあります。

ここでは放射線治療で特に使われる電子線についてまとめてみました。分かりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

電子線の特徴について

電子線は光子線(X線・ガンマ線)と同様、放射線治療に使用されるエネルギーのことです。

光子線は体の深部まで照射できます。一方、電子線は体の深部までは届きません。同じ放射線でも特徴が異なるため、症状や進行状況に合わせて医師が適切な放射種類を判断しているのです。

光子線は体の深部まで照射することができるため、奥にある腫瘍を治療することができますが、腫瘍だけではなく周りの正常組織にまで照射されてしまう可能性もあります。

電子線の場合だと体の深部まで照射することは難しいですが、照射範囲が浅い分からだと皮膚の間にできる皮膚がんなどの治療の際に頻繁に使用されるのです。

電子放射治療の放射方法とは?

放射治療による放射線量や照射範囲

電子線とX線・ガンマ線といった光子線を比べたときに「からだの深部まで照射できる光子線の方が良いのでは?」と思う方もいると思います。ですが電子線の放射線量や照射範囲はどちらも大きくないので、腫瘍の周りの正常組織を傷つけないといったメリットがある治療法です。

電子線の放射方法とは?

電子線の照射方法は「高エネルギー放射」しかありません。高エネルギーはX線・電子線を発生させる装置「リニアック」を使い照射する方法。リニアックから発生させる放射線を多方向から的確に放射することができます。がん細胞を死滅させ、正常な細胞を回復させるための時間が必要なので、数週間かけて実施する放射方法です。

電子線は体の奥までは届かないため、皮膚に近い腫瘍の時にしか使えません。ですが電子線は体の浅い部分で止まる性質があるため、周りの細胞を傷つけずに治療ができるので、皮膚近くに腫瘍ができた方にはおすすめできる放射線方法です。

電子線を利用する治療機器を紹介

ここでは電子線を使った放射治療機を紹介しています。どういった特徴があるのかぜひ参考にしてください。

VERO-4DRT(ヴェロ)

心臓の動きに合わせて放射線が出る治療機器です。照射する機能が備わっているため、腫瘍への放射線量を保ったまま治療をすることが可能。また正常な細胞に照射することを避けられるため、高い治療効果が期待できます。

リアニック装置

リアニック装置は電子線・X線を照射してくれます。さまざまな角度から照射することができるので、ピンポイントで放射線を当てることが可能な治療機器です。また的確に当てられることにより正常組織への照射量を減らすことができるため、腫瘍部分への放射線量が高くなります。

VERO-4DRT(ヴェロ)・リアニック装置を利用するかどうか判断するのは、放射線の知識がある放射線医と医学物理士です。腫瘍の状態や進行状態を診ながら判断してくれるため、安心して任せることができます。

また実際に放射治療を行う診療治療線医師は、国家試験である「診療放射線技師国家試験」に合格している医師が施します。放射治療になると放射線医・医学物理士・診療治療線医師・看護師が一丸となってフォローをしてくれるため安心して任せることができます。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。