強度変調放射線治療

IMRT(intensity-modulated radiotherapy)ともいわれる治療法である強度変調放射線治療の特徴についてご紹介します。他の放射線治療と違う点についてもチェックしてみてください。

強度変調放射線治療とは?

コンピューター技術を用いて、できるだけ正常な細胞への照射線量を抑えて病巣に集中的に照射できる治療法となっています。

この治療法の大きな特徴ともいえるのが、照射する放射線量の強度を細かく調整できるということ。これまでの放射線治療では照射する放射線は一定の線量となっていましたが、強度変調放射線治療では一つの放射線の中で強度を変えられるのが特徴です。

その放射線を様々な方向から照射することにより、へこみがあるような病巣に対してもより効果的に集中照射ができます。特に腫瘍の形が複雑なタイプに対して効果を発揮する治療法です。

メリット

正常な細胞への照射量を抑えられるのが最大のメリットです。放射線量を増やせばその分腫瘍への効果は高まりますが、正常な細胞にもたくさん照射をするとデメリットも多くなってしまいます。

特に前立腺癌、頭頚部癌、脳腫瘍の場合はそのリスクが高いとして、思うように放射線治療が進められずにいました。しかし、強度変調放射線治療を用いれば正常な細胞への負担を減らして効果的に腫瘍に働きかけることができます。

正常な細胞に放射線を照射したことに起こる合併症のリスクが少ない治療法としても注目されており、近年多くの病院で取り入れられている方法です。

強度放射線治療をよく使用する癌とその理由

強度放射線治療がよく用いられる各がんについて、順番に見ていきましょう。

前立腺がん

膀胱と直腸に囲まれている関係上、従来の放射線療法では前立腺以外の組織にもダメージがありました。しかし、がんの形に合わせて放射線を照射できる強度放射線治療なら、前立腺だけをターゲットにできると考えられています。

すでに一部の先駆施設より、前立腺がん・頭頸部がん・中枢神経がんにおいては有望な臨床成績が報告されており、その他の多くのがん種で治療成績向上や合併症の軽減が期待されている。

出典:『強度変調放射線治療(IMRT)ガイドライン』公益社団法人 日本放射線腫瘍学会
https://www.jastro.or.jp/customer/guideline/2016/10/imrt.pdf

頭頚部癌

放射線療法は強力ですが、強すぎて重大な副作用が出てしまう場合があります。ピンポイントで照射できる強度変調放射線治療は、副作用を軽減できるのではないかと注目されているからこそよく使われているのです。

視力、脳・脳神経、脊髄の障害は重篤なので、通常はこれが発生しないように放射線の照射範囲や量を設定しますが、腫瘍がこれらの重要臓器にきわめて近接している場合はこれらの合併症は従来の方法では避けることが困難でした。しかし強度変調放射線治療(IMRT)や粒子線治療などの最新の治療技術を用いれば、これらの副作用を回避することが可能になってきています。

出典:『V.放射線治療』一般社団法人 日本頭頚部癌学会
http://www.jshnc.umin.ne.jp/general/section_05.html

脳腫瘍

構造的に複雑であり、より柔軟な放射線の照射が求められる脳腫瘍でも、強度放射線治療が注目の的です。ガンマナイフやマイクロマルチリーフコリメータといった装置よりさらに複雑な形状のがんにも対応できるため、緩和ケア目的でも利用されています。

上衣腫や髄芽腫の再発は化学療法が効きにくく,治療に難渋することもある、その際に再照射することにより,長期生存する症例もあり、試みるべき治療になる可能性がある。また、IMRT の技術も進歩してきており、helical tomotherapy によってつなぎ目なく、全中枢神経照射を行うことができたり、海馬の照射線量を減らして知能障害の合併症を減ずる全脳照射が試みられている。

出典:『小児脳腫瘍の放射線治療』日本小児血液・がん学会
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspho/52/3/52_294/_pdf/-char/ja

デメリット

病巣の位置を正確に把握するためには、事前にX線撮影やCT撮影なども行わなければなりません。そのため、通常の放射線治療に比べると時間がかかるのがデメリットだといえるでしょう。

病院側でも事前に検査したり、分析しておかなければならないことがたくさんあるため、X線撮影やCT撮影を受けてすぐに照射開始となるわけではありません。この点は注意しておきましょう。

1回の治療時間に関しても長くなります。というのも、治療を受けている最中に少しでも動いたりすると照射すべき位置がずれてしまい、正常な細胞に誤って照射してしまうリスクがあるからです。

それから、まだ新しい治療法ということもあり、癌治療ができるすべての病院でこの方法が選択できるわけではありません。照射法の中ではかなり複雑な部類に入るため、技術力のある信頼できる病院を探す必要があるでしょう。

どのような癌治療に有効?

前立腺癌、頭頚部癌、脳腫瘍など。

強度放射線治療に用いられる装置

トモセラピー

トモセラピーは、強度放射線治療専用の装置です。MRIに似た形状をしており、放射線の照射部分は回転式。複数箇所への照射にも対応しており、ガンマナイフのように頭を固定具で固定する必要もありません。可動式のベッドと回転式の照射装置を組み合わせ、コンピューターで制御しているため、狙った場所を外すことなく放射線を照射できます。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。