骨転移した癌へのトモセラピー(放射線)治療

骨転移で放射線治療を行う目的

手術後の再発予防や、転移した病変に対する症状改善を目的に行います。

なぜ放射線治療が必要なのか

原発がんが発生し進行してしまうと、腫瘍が血管まで浸食し、これによってがん細胞が血液によって全身へ流れてしまいます。このようにして全身を巡った後、骨にたどり着いた腫瘍が骨転移ということになるのです。言い換えると、骨転移があるということは、全身病であることになり、全身病を治療する場合、一般的に行われるのは抗がん剤治療などの全身治療。しかし、場合によっては放射線治療を行うこともあります。その1つが体幹部定位放射線照射です。

体幹部定位放射線照射とは、病巣に対して多方向から放射線を集中的に照射する方法。一般的な照射と異なるのは、大線量を少ない回数で照射するという点です。この方法は、肺や肝腫瘍の場合でも、行われることで知られています。例えば背骨の場合だと、骨の中に脊髄という重要な神経が走っています。この脊髄は、放射線に弱いため、体幹部定位放射線照射治療を行う場合、脊髄を避けながら腫瘍にだけアプローチするようにしなければなりません。

この治療法は、原発のがんや他の転移が治療によって制御されていることが認められ、かつ骨の転移が1箇所の場合、または以前に照射した骨の病変が再増悪した場合などに効果的です。

骨転移における放射線治療の方法

放射線治療を行うためには、まず治療計画を策定しなければなりません。そのためには、CT及びMRIの撮影が必要となります。治療は、病変がある骨に対し12グレイという強さの照射を2回、行います。1回の照射時間は、40~50分ほど。照射を行っている間、痛みや熱さなどを感じることはなく、入院する必要もありません。治療を行った後は、画像検査などを定期的に行い、経過を観察します。定位放射線照射治療は、腫瘍に対し、高い線量を投与することができるので、治療を行った部位の腫瘍は80~90%という高水準で制御することができると報告されています。

放射線治療の副作用

放射線治療を受けることによって重大な副作用が出ることはほとんどありません。しかし、日常生活に支障をきたすほどではないものの副作用があることが確認されています。ではどのような副作用があるのか確認していきましょう。

まず1つ目は、皮膚炎です。主に治療を行っている時または、治療直後に多く見られ、放射線治療を受けた人のほとんどに見られる副作用ですが、それほど心配する必要はありません。医師に相談し、保湿剤や消炎鎮痛剤などを使えば、1ヶ月もしないうちに快復します。かゆみが出てもこすったりしないようにし、どうしても我慢できない時は、改めて主治医に相談してみましょう。

2つ目は、晩期障害と呼ばれるもの。これは、治療後、しばらくたってから起きる副作用のことを言います。具体的な症状として、皮膚の色が変わったり、硬くなったり、汗の分泌量が減ったりすることが挙げられます。こちらも医師の指導の下、対処を行えば、それほど問題ではないので安心して下さい。

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)