乳癌へのトモセラピー(放射線)治療

なぜ放射線治療が必要なのか

「癌の摘出手術を受けたのに、なぜ放射線治療が必要なの?」「もしかしたら手術ミスで全部、癌を取り切れていないのでは?」このように考える方がいるかも知れませんが、そうではありません。では、なぜ放射線治療を受けなければならないのでしょうか。

ドクターは、データなどを元に腫瘍を切除しますが、中には目には見えない病変が残存してしまうことが考えられます。医者も完璧ではないので、目に見えないものを取り除くことは困難です。この病変が残ってしまうと、局所的に再発してしまうことが考えられます。

再発するリスクの高い部位に放射線治療を行うことで、局所再発が大幅に減少し、治療を受けた人の方が、その後、長く生きられるということが証明されています。ですので、乳がんの手術を受けたドクターから、放射線治療を提示された場合は、受けておくのがおすすめです。ただし、乳房の全摘手術を受けて、再発のリスクが低い場合は、これには該当しないため、放射線治療を受ける必要はありません。担当のドクターとしっかり相談して、治療方針を決めるようにしましょう。

乳癌における放射線治療の方法

一般的には、斜め前方と後方から、乳房や乳房のあった胸壁に向けて照射を実施。さらに必要に応じて、リンパ節がある部分にも照射範囲を広げることがあります。病院やクリニックごとにガイドラインを設け、それに沿って照射範囲を設定していることもあります。また、放射線が患部に均等に照射できるよう、最先端の手法を用いて施術を行っているクリニックもあります。

治療スケジュールは、月曜日から金曜日までの週5日。合計で25~30回程度の治療が必要なので、1ヶ月から1ヶ月半ほどの治療期間が必要となります。一度、始めた治療を途中で中断してしまうと、その効果が低下してしまうので、よほどのことがない限り、期間中は治療を受け続けなければなりません。所要時間は1~2時間ほどなので、仕事や家事をしながら治療を受けることもできるので、分からないことがあれば、担当の先生に相談してみましょう。

治療を始める場合、まずは放射線科にて初診を受けます。この時は、診察と治療の説明のみで、治療などは行いません。初診が終わったら治療計画を策定。それが終わったら具体的な治療に取り掛かります。

【結論】乳がんはトモセラピーで治療できる?

トモセラピーは脳腫瘍、肺がんや咽頭がん、肝臓がんなど全身のがん病巣が治療の対象となり、乳がんの治療への適用も可能です。

トモセラピーとはがん治療における放射線治療システムとして世界中されている治療機器の1つ。高精度のコンピューター制御によって、放射線を複数方向からがん組織に照射することでピンポイント照射をすることができるのが大きな特徴。また、トモセラピーは、がん病巣以外の周辺部位に照射される放射線量が従来の放射線治療機に比べて圧倒的に少ないため、副作用を抑える効果も期待されています。

ガンマナイフやサイバーナイフのような小さながん病巣へのピンポイント照射はもちろん、複雑ながん病巣にも対応可能。さらに一度に複数の病巣への照射もできることから、トモセラピーは放射線治療の幅が大幅に広げた装置だと言えます。

トモセラピー(強度変調放射線治療)を使った癌治療についてもっと詳しく

ちなみに…乳がんはサイバーナイフで治療できる?

サイバーナイフは肺がんや肝臓がんなどの体幹部の治療を行うために使用されるケースが多く、乳がんの治療で適用されるケースも充分考えられます。

サイバーナイフとは、放射線ががんなどの脳内の病変にのみ集中するよう、照射範囲を設定して行う定位放射線療法の1つ。コンピューター制御のロボットアームに放射線照射装置を搭載した機械で、X線を照射することで、頭蓋内の病変だけではなく、頭頚部癌などにも用いることができます。同じ定位放射線装置であるガンマナイフと比べて、「頭蓋内病変のみに限らない」「照射の際、頭蓋骨に直接金属ネジを刺入して金属フレームを固定する必要がない」「数日間にわたる分割照射が可能なため入院が不要」といった点がメリットです。

サイバーナイフ(定位放射線治療)を使った癌治療についてもっと詳しく

ちなみに…乳がんはガンマナイフで治療できる?

ガンマナイフは、基本的に脳などの頭部の治療をする際に使用するものなので、乳がんの治療を行うために直接、使用されることはほとんどありません。

ガンマナイフとは、定位放射線照射を行う装置の1つ。頭部を囲むように固定された約200個のコバルト線源から腫瘍に向かって放射線の一種であるガンマ線を集中的に照射する装置のことを言います。ガンマ線はまっすぐに進む性質があり、腫瘍周辺の正常な組織に放射線が広がりにくいというのが特徴。そのため、放射線が腫瘍にたどり着くまでに貫通する頭皮・頭蓋骨・脳・血管など、腫瘍周辺の正常な組織への影響が少ないというのがガンマナイフ治療のポイントです。

ガンマナイフ(定位放射線治療)を使った癌治療についてもっと詳しく

ちなみに…乳がんはトゥルービームで治療できる?

トゥルービームは乳がんをはじめ、肺がんや肝臓がん、前立腺がん、転移性腫瘍、骨腫瘍、頭頸部がん、その他、さまざまな疾患への適応が可能です。

トゥルービームとは、正常な組織を守りながら治療効果をあげる強度変調放射線治療(IMRT)と、呼吸の動きを補正する機能を組み合わせた、最も先進的ながん治療システムの装置のこと。従来の放射線治療装置と異なり、1回あたりの治療時間も短くなり、患者の体にやさしく、高精度な放射線治療を受けられるようになっているのが特徴です。

強度変調放射線治療(IMRT)とは、コンピュータを利用して腫瘍だけに放射線を集中させる高度な照射方法のことで、治療の効果を向上させるのはもちろん、副作用の軽減が期待できます。さらに、装置を回転させながらIMRTを行うという新技術も開発されており、これを併用することによって、1~2分という短時間での照射も可能です。

また、トゥルービームは肺や肝臓など、呼吸による臓器移動の影響が大きい部位において呼吸性移動に対策する機能を搭載。これにより、放射線の照射範囲を小さくすることができるため、副作用の発生頻度やその程度が軽減することが期待できます。

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)