乳癌へのトモセラピー(放射線)治療

なぜ放射線治療が必要なのか

「癌の摘出手術を受けたのに、なぜ放射線治療が必要なの?」「もしかしたら手術ミスで全部、癌を取り切れていないのでは?」このように考える方がいるかも知れませんが、そうではありません。では、なぜ放射線治療を受けなければならないのでしょうか。

ドクターは、データなどを元に腫瘍を切除しますが、中には目には見えない病変が残存してしまうことが考えられます。医者も完璧ではないので、目に見えないものを取り除くことは困難です。この病変が残ってしまうと、局所的に再発してしまうことが考えられます。

再発するリスクの高い部位に放射線治療を行うことで、局所再発が大幅に減少し、治療を受けた人の方が、その後、長く生きられるということが証明されています。ですので、乳がんの手術を受けたドクターから、放射線治療を提示された場合は、受けておくのがおすすめです。ただし、乳房の全摘手術を受けて、再発のリスクが低い場合は、これには該当しないため、放射線治療を受ける必要はありません。担当のドクターとしっかり相談して、治療方針を決めるようにしましょう。

乳癌における放射線治療の方法

一般的には、斜め前方と後方から、乳房や乳房のあった胸壁に向けて照射を実施。さらに必要に応じて、リンパ節がある部分にも照射範囲を広げることがあります。病院やクリニックごとにガイドラインを設け、それに沿って照射範囲を設定していることもあります。また、放射線が患部に均等に照射できるよう、最先端の手法を用いて施術を行っているクリニックもあります。

治療スケジュールは、月曜日から金曜日までの週5日。合計で25~30回程度の治療が必要なので、1ヶ月から1ヶ月半ほどの治療期間が必要となります。一度、始めた治療を途中で中断してしまうと、その効果が低下してしまうので、よほどのことがない限り、期間中は治療を受け続けなければなりません。所要時間は1~2時間ほどなので、仕事や家事をしながら治療を受けることもできるので、分からないことがあれば、担当の先生に相談してみましょう。

治療を始める場合、まずは放射線科にて初診を受けます。この時は、診察と治療の説明のみで、治療などは行いません。初診が終わったら治療計画を策定。それが終わったら具体的な治療に取り掛かります。

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)