肺癌へのトモセラピー(放射線)治療

肺がんで放射線治療を行う目的

手術後の再発予防や、転移した病変に対する症状改善を目的に行います。

なぜ放射線治療が必要なのか

組織の型によって、「小細胞肺がん」と「非小細胞肺がん」の2つに分類することができるのが、肺がんの特徴。どちらの肺がんを患っているのかによって、治療方針は変わってきます。ただし、どちらの肺がんであっても違いがないのは、放射線治療が効果的であるということです。

肺がんにおける放射線治療の方法

放射線治療は、根治を目的として行う場合と、症状を緩和する目的で行うものとに分けることができます。

まず根治を目的するケースを小細胞肺がんと非小細胞肺がん、それぞれ見ていきましょう。

局所型の小細胞肺がんの場合、抗がん剤を併用しながら放射線治療を行うのが一般的。照射する範囲がそれほど大きくない場合は、3週間ほどで治療を終えることができます。病気の大きさや場所によって照射範囲が広くなる時は、まず抗がん剤治療で腫瘍を小さくさせた後、放射線治療を実施。これによって、腫瘍が見えなくなったり、著しく縮小した場合は予防的全脳照射で脳への転移を予防することが推奨されています。

一方、非小細胞肺がんの場合は、早期がんと局所進行がんによって治療方法が変わってきます。病変が肺に集中し、他の場所やリンパ節への転移がない早期がんのケースは、病巣を多方面からアプローチする体幹部定位放射線治療が有効です。この方法は、放射線を集中させることでがんの制御確率をアップさせることや、周囲の組織への影響を抑えることができること、治療回数が4~8回と比較的、少なくて済むのがポイント。ただし、ピンポイントで照射するためには、毎回、治療をする前に病巣の位置をチェックする必要があります。

続いて局所進行肺がんの場合、腫瘍が肺の内部から周辺組織、胸部のリンパ節の範囲内にあることが条件。これに加え、肺や心臓など合併する疾患のリスクが低く、年齢などの理由によって手術での治療に適応しにくいケースが対象となります。

臨床病期2〜3期の場合、通常の抗がん剤治療と並行しながら放射線治療を行います。高齢者や合併症を持っているなどの理由から、抗がん剤治療を行うのが難しい時は、放射線治療のみで治療を行うことも。通常の場合、週5日、約6週間にわたって治療を受け続けなければなりません。また、正常な組織への影響を抑えるため、照射する範囲を狭めたり、線量を少なくする3次元原体照射法という方法を用いて治療を行うこともあります。

放射線治療の副作用

放射線治療を受けても、ほとんどの人は普段通りに日常生活を送ることができ、重い副作用が起きることはほとんどありません。ただし、誰にでも起きるような軽度な副作用もあります。その代表例が、急性期障害と晩期障害です。

治療中または治療を受けた直後に発症することの急性期障害。皮膚炎などが挙げられます。ただし皮膚炎は、ほとんどの人に出る症状なので、それほど気にすることはないでしょう。適切な処置を行えば、1ヶ月ほどで完治します。処置を行っても治まらない場合や気になる人は主治医や看護師さんに相談してみましょう。

一方、晩期障害は、治療が終わってからしばらくして症状が現れるものを言います。皮膚の色が変わったり、硬くなったり、汗の量が極端に減るなどの症状が見られます。ただし、医師の指導を受けて対処を行えば、回復することが可能です。

【結論】肺がんはトモセラピーで治療できる?

以前までトモセラピーの保険適用は前立腺がん・頭頸部腫瘍・中枢神経腫瘍(原発性)に限られていましたが、2010年4月の診療報酬の改定に伴い適用範囲がほとんどのがんに広がりました。肺がんや食道、すい臓などの消化器がん、直腸や子宮、膀胱などの骨盤臓器、単発性の骨転移などが対象となったため、肺がんの治療としてトモセラピーを選択する人も増えています。

トモセラピーとは、放射線治療装置の中の1つ。強度変調放射線治療と呼ばれる照射を行う専用の装置として開発されました。内蔵されたCTで、放射線を照射するがん病巣の位置を確認し、放射線装置ががんの大きさや形を捉えてピンポイントで放射線を照射することが可能。周辺の正常な臓器などへの影響が少ないため、がん組織だけに高い線量の放射線を照射でき、大きな治療効果が期待できます。ほとんどのがんに高い効果が期待できるのもトモセラピーの魅力です。

トモセラピー(強度変調放射線治療)の癌治療についてもっと詳しく見る

ちなみに…肺がんはサイバーナイフで治療できる?

サイバーナイフのメリットとしては、フレームで固定する必要がないため「より低侵襲で治療することができる」「分割での照射ができる」「対象が頭頸部の疾患だけではない」ことなどが挙げられます。肺がんの治療にサイバーナイフを適用することは可能です。

サイバーナイフとは、ロボット誘導型定位放射線治療装置のこと。コンピューターの発達によって進歩したロボット工学とコンピューター画像デジタル処理技術、小型リニアックを統合した定位放射線照射システムで、1994年、アメリカのアキュレイ社により開発され、スタンフォード大学において脳神経外科医ジョン アドラー博士の元、治療が開始されました。日本国内では1997年に第1号機が導入されたことでも知られています。

サイバーナイフ(定位放射線治療)の癌治療についてもっと詳しく見る

ちなみに…肺がんはガンマナイフで治療できる?

ガンマナイフは、基本的に脳などの頭頸部の治療を行うための装置なので、肺がんの治療に用いられることはほとんどありません。

脳の奥深くにある病巣を、大がかりな開頭手術をすることなく、ガンマ線と呼ばれる放射線を使って除去するための装置がガンマナイフです。脳の中の病巣を取り除きたい場合、以前までは、外科手術で開頭して直接、取り除くしかありませんでした。しかし、脳の深部にあるものは手術自体が困難なものもあったのです。

このような外科手術の代わりに、放射線を使って、開頭せずに病巣を取り除くことを可能にしたのがガンマナイフ。ベッドに横になった患者の頭をしっかり固定した上で、およそ200方向から病巣の1点めがけてビーム状の放射線を照射して治療します。この「約200方向から」というのがポイントで、放射線1本ずつは微弱で、約200本の放射線が重なるのは病巣の部分だけ。だから、病巣にはしっかり放射線の効果が表れても、脳のそれ以外の部分にはほとんど影響がないという仕組みです。

ガンマナイフ(定位放射線治療)の癌治療についてもっと詳しく見る

ちなみに…肺がんはトゥルービームで治療できる?

トゥルービーム(TrueBeam)は、定位放射線治療や強度変調放射線治療などを短時間かつ高精度に行うことができるX線照射装置です。呼吸などで動く臓器を追尾するシステムが搭載されています。肺癌の放射線治療では、肺を固定するために患者に呼吸を止める負担を強いらなくてはならなかったのですが、トゥルービームの場合は不要。肺がんなどの治療に向いた治療装置だと言えます。また、高線量率により治療時間を短縮できるほか、治療中に画像を撮影して状況を確認できるので、治療の精度を高く保つことが可能です。

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)