アイソトープ内服療法

アイソトープ内服療法(内用療法)は放射性物質を体内に投与する治療法です。内部照射による癌の治療法を検討している方からも選ばれています。

アイソトープ内服療法とは?

ヨウ素131の入ったアイソトープを包んだカプセルを飲んだり、注射で体内に投与する治療法です。

ヨウ素131と呼ばれる放射線ヨウ素を取り入れることになるのですが、その後、放射性ヨウ素は甲状腺細胞に取り込まれます。

どれくらいの放射性ヨウ素が甲状腺に取り込まれるかについては事前に詳しく検査が行われるので安心です。検査ではカプセルを飲み、その後の摂取量を測定することにより最適な投与量を割り出します。

甲状腺にとどまっている放射性ヨウ素から発せられる放射線が甲状腺ホルモンを破壊する治療法です。甲状腺癌のほか、バセドウ病の治療にも取り入れられています。

甲状腺癌の場合、癌細胞だけでなく、転移した癌の破壊にも効果的です。

体内に直接放射線ヨウ素を取り入れるなんて不安…と思ってしまう方もいるかもしれません。しかし、この治療法はこれまで長年にわたり甲状腺癌の治療で選択されている方法でもあります。

術後の経過についてもしっかり観察が行われてきており、高い治療効果が行われることに加え、安全性も確認されているのです。

メリット

アイソトープ内服療法によって取り込まれた放射性ヨウ素は正常な細胞には働きかけることはなく、癌細胞のみが取り込みを行います。そのため、正常細胞に負担をかけることなく癌細胞を攻撃できる治療法だといえるでしょう。

これにより副作用も抑えられます。

デメリット

即効性のある治療ではありません。どちらかというと、ゆっくり効果の出る治療法だといえるでしょう。早い人だと2週間くらいで甲状腺ホルモン値が変わりますが、それ以上かかる場合もあります。

また、この治療法を行ってから3~5日ほどの間は入院をすることになります。これは内服後から少量の放射線が体外に発散されるためです。その間に人が近くにいると悪影響をもたらしてしまうため、面会なども禁止されます。

注意点として、事前に手術を行い、甲状腺を摘出する必要があります。これは甲状腺が残っていると放射性ヨウ素を正常組織に取り込んでしまうためです。

それから、治療結果に悪影響をもたらす可能性があるため、治療を行った後は一定期間の間はヨウ素が含まれる食品を口にしないように気を付けなければなりません。

どのような癌治療に有効?

甲状腺癌

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。