抗がん剤治療

メリット・デメリット

抗がん剤治療を検討するうえで知っておきたい、メリットとデメリットについてまとめています。

抗がん剤治療を受ける場合のメリット・デメリットとは?

抗がん剤治療は、それ単体ではもちろんのこと、手術や放射線治療と組み合わせることで、高い治療効果が期待できるものです。上手に使うことで大きなメリットを得られる一方、デメリットがないわけではありません。

抗がん剤治療を利用するなら、メリット・デメリットの両面を知っておく必要があります。そこで、ここでは抗がん剤治療のもつメリットとデメリットを解説していきます。

抗がん剤治療のメリット

全身への効果が期待できる

抗がん剤治療は、全身に対して治療効果が得られるのが最大のメリットです。手術は切り取った部分のがん細胞がなくなるだけ、放射線治療も照射した特定の部位だけに効果を発揮するもの。対して、抗がん剤治療は血液にのって全身に運ばれ、効果を発揮することができます。

これが強みを発揮するのは、がんが原発巣を離れて転移した場合。全身に癌が散らばってしまうと、それをすべて手術で取り去ることは難しくなります。こういった場合に抗がん剤で進行を抑えることができれば、治療の延命効果が高まります。場合によっては癌を根治させる可能性もあります。

複数の抗がん剤を併用することができる

抗がん剤は通常、複数の種類を併用します。これによって副作用が強く出ることを防ぐだけでなく、がんに対してさまざまな種類のアプローチをすることができます。また、放射線治療と組み合わせることもでき、治療実績を向上させることに成功しています。

再発を防ぐ

手術や放射線治療では、原発巣を取り除いたつもりでいても検査で確認できないがん細胞が残ることがあります。これによる再発のリスクが生じてしまうのですが、手術や放射線治療の後に抗がん剤を投与することで再発のリスクを抑えることができます。

抗がん剤をよく使用する癌とその理由

癌を治療する能力を持った薬「抗がん剤」は、作用の仕方や、由来などによって色々な種類が活用されています。抗がん剤によって、適応となる癌は異なります。一般的に、抗がん剤に対する感受性が低いスキルス性胃がんや膵臓がんなどは、抗がん剤治療が効きにくい癌と言われています。ここでは抗がん剤を使用する事が多い癌をご紹介します。


白血病

抗がん剤治療がよく効くとされているのが、白血病や悪性リンパ腫などの血液腫瘍です。例えば、白血病であれば抗がん剤により白血病細胞を排除できれば、骨髄は再び正常な血液を作れるようになります。そのため、抗がん剤治療により癌を根治することも期待できる病気です。[1][2]


胃がん

胃の内側にある粘膜内の細胞ががん細胞になって増殖を繰り返す胃がんは、そのほとんどが表皮組織から発生する癌(腺がん)に分類されます。スキルス胃がんを除いて、胃がんは比較的抗がん剤が効きやすいタイプのがんです。

抗がん剤による化学療法に用いる薬はステージによっても異なりますが、単独もしくは複数の薬を組み合わせて行われます。

胃がんの中でもタンパク質「HER2(ハーツー)」ががん細胞の増殖に関与している胃がんでは、分子標的薬であるトラスツズマブを使って、癌が増殖するのを防ぎます。


大腸がん

大腸粘膜の表面から発生する大腸がんも、比較的抗がん剤の効果が期待できるタイプの癌です。大腸がんに用いられる抗がん剤で近年注目を集めているのが、分子標的薬「抗VEGF(血管内皮増殖因子)ヒト化モノクローナル抗体ベバシズマブ(アバスチン)」です。

アバスチンは、既存の血管から新たな血管が作られるのを阻害する作用を持つ薬です。2007年から大腸がんの治療薬として承認され、他の化学療法と併用して使われます。

このほかにも、セツキシマブという、がん細胞の表面にある受容体に結合してがん細胞が増殖するのを抑える薬などが用いられます。

それ以外にも大腸がんに対する抗がん剤は数多くあり、病態や副作用などを総合的に検討した上で用いられることとなります。[3]


子宮がん

子宮がんは、子宮頸がんと子宮体がんに大別されます。
子宮頸がんはヒトパピローマウイルスの感染が、子宮体がんはホルモン環境が原因と言われています。

子宮頸がんはステージⅢ、Ⅳの場合に抗がん剤治療が用いられることが多く、腫瘍の縮小をまずは抗がん剤で行い、手術が可能なくらい癌が小さくなったら、手術で腫瘍を取り除きます。[4]


前立腺がん

尿道を取り囲むように存在する前立腺に腫瘍ができる前立腺癌は、精巣から男性ホルモンが分泌されるのをブロックし、癌の増殖を抑えるホルモン療法が採用されることが多い癌です。

かつては、前立腺がんの抗がん剤治療は、このホルモン療法を行った後に採用される療法でした。最近は、ドセタキセルという抗がん剤が、前立腺癌の治療に有効であることが確認されています。ドセタキセルによる抗がん剤治療は、副作用が比較的軽いことなどから外来通院でも治療できる可能性があります。[5]


脳腫瘍

もともと脳には、血液脳関門と呼ばれるバリア機能が備えられ、脳を血液中の有害物質から守る働きを持っています。そのため、脳腫瘍に対する抗がん剤治療は、組織内に成分を取り込ませることが難しいなどの理由からあまり用いられてきませんでした。

1990年代以降は、脳腫瘍であっても、部位によっては腫瘍が血液脳関門を破壊することなどを理由に、抗がん剤治療の有効性もわかり、化学療法で抗がん剤を用いるようになりました。

脳腫瘍で用いられる抗がん剤には、アルキル化剤やシスプラチン、カルボプラチンなどがあります。また、分子量が小さいテモゾロミド(テモダール)と呼ばれる抗がん剤は、血液脳関門通過できる、小さな分子量であることなどから脳腫瘍の抗がん剤として用いられるようになっています。[6]

一般に中枢神経系は血液脳関門によって守られているため,水溶性薬剤や分子量の大きい抗体薬などはこれを通過しにくい。また,転移性脳腫瘍そのものによる薬剤耐性も重要な問題である。しかし,分子標的治療薬の開発をはじめとして,がんの全身薬物療法が急速に進歩しているなか,転移性脳腫瘍を対象とする新たな薬物療法への期待も高い。中枢神経症状の有無,それぞれの腫瘍の薬物療法への感受性,薬剤の血液脳関門通過性などを総合的に判断し,有効な治療法の一つとして選択される機会が増えている。

出典:『脳腫瘍診療ガイドライン』2016
http://www.jsn-o.com/guideline2016/CQ/general2.html

放射線治療が基本治療となっているがん

がん治療において、放射線治療はほとんどすべてのがんが基本治療となっています。ただし、放射線治療の内容はがんによっても、また全身状態や併用する治療法によっても異なります。

代表的な放射線治療を用いるがんについて、詳しく見ていきましょう。


頭頸部がん

喉頭がんや中咽頭・下咽頭がんなどの頭頸部がんは、放射線治療に手術と同等の効果があると考えられています。特に手術が難しい上咽頭がんでは、放射線治療が基本治療として用いられます。

また、中咽頭癌や下咽頭がんの場合には、声を出す機能を温存するために、早期の治療では放射線治療を用いることがあります。

上咽頭癌は低分化・未分化の組織の腫瘍が大部分で放射線感受性が高いこと,解剖学的に手術が困難なことより,放射線治療が標準治療とされる。再発形式として遠隔再発が多いこと,化学療法の放射線増感効果が期待できることから,全身状態良好で予備機能が許せば化学療法の併用を積極的に考慮する。

出典:『頭頸部がん 治療ガイドライン』日本癌治療学会
http://www.jsco-cpg.jp/guideline/15_cq.html#cq4

食道がん

食道癌では放射線治療によって根治治癒が望めるがんです。状況に合わせて化学療法の併用なども用いられます。

食道がんの治療は基本は手術により腫瘍を取り除くこととなりますが、症状改善や手術に耐えられない全身状態の場合にも放射線治療が用いられます。

放射線単独療法に比較して同時化学放射線療法は有意に生存率を向上させるが,導入化学療法後の放射線療法は生存率を向上させない。同時化学放射線療法の適応は,全身状態のよいT1-4N0-3M0(UICC-TNM 分類2009 年版)および鎖骨上リンパ節転移(M1)までの局所進行例である。ただし,切除不能局所進行例(T4)では,瘻孔形成などの重篤な合併症の危険性は高くなる。放射線単独療法の場合,照射期間の延長は局所制御率を低下させるので,根治的線量(66~68.4 Gy)を7 週間以内で照射完了させることが重要である。同時化学放射線療法での根治照射には,少なくとも通常分割法で50 Gy/25 回/5 週以上に相当する線量が必要である。

出典:『食道がん 治療ガイドライン』日本癌治療学会
http://www.jsco-cpg.jp/guideline/09_2.html#X

肺がん

肺がんの中でも、ガンが肺の中や肺周辺のリンパ節への拡散にとどまっている小細胞肺がんの場合は、放射線と抗がん剤による治療が並行もしくは抗がん剤治療・放射線治療の順で行われます。

また、非小細胞肺がんではステージⅠもしくはⅡで手術が難しい場合、ステージⅢで化学療法と放射線治療の併用が難しい場合に根治的放射線治療が採用されます。[7]


前立腺がん

前立腺癌の中でも、性能または近くの臓器に及んだがんに対しては、放射線治療が採用されます。また、前立腺内にとどまるがんでも、外科治療や内分泌療法を併用して放射線治療が用いられることがあります。[8]

前立腺がんの放射線治療には「外照射」と「小線源治療」の2つの治療方法があります。前者の外照射は、IMRTと呼ばれる放射線治療器を使い、7〜8週間かけて行われます。治療効果は手術と同等と考えられ、副作用も比較的低いと言われています。

後者の小線源治療は、外照射と組み合わせて行われるもので、早期の前立腺がんに対して用いられます。小線源治療では、前立腺内に放射線を放出するヨウ素125線源と呼ばれるものを挿入。内側から前立腺に放射線を当てる治療法です。[9]

一般的に、放射線治療の効果が得やすいがんの特徴としては、次のような特徴が考えらえます。

  • 血路が豊富で均等に分布した腫瘍
  • 血管新生能の高い腫瘍母地を持った腫瘍
  • 腫瘍組織から壊死物質が除去されやすい腫瘍
  • 繊維性結合織成分が乏しい腫瘍

放射線感受性の良好な腫瘍間質の条件としては,血路が豊富かつ均等に分布した腫瘍,血管新生能の高い腫瘍母地をもった腫瘍,腫瘍組織から壊死物質が除去されやすい腫瘍,線維性結合織成分の乏しい腫瘍が挙げられる.

出典:『がん放射線治療の基礎知識』早川, 日本消化器外科学会
http://www.jsgs.or.jp/cgi-html/edudb/pdf/20100041.pdf

【参考URL】

参考[1]:国立ガン研究センター がん情報サービス『急性骨髄性白血病基礎知識』(2018年1月21日確認)
https://ganjoho.jp/public/cancer/AML/index.html

参考[2]:がん研有明病院HP「疾患別の薬物療法」(2018年1月21日確認)
http://www.jfcr.or.jp/hospital/cancer/treatment/medication/disease.html

参考[3]:がん研有明病院HP「大腸がん」(2018年1月21日確認)
http://www.jfcr.or.jp/hospital/cancer/type/colon.html

参考[4]:がん研有明病院HP「子宮がん」(2018年1月21日確認)
http://www.jfcr.or.jp/hospital/cancer/type/womb.html

参考[5]:順天堂大学医学部附属順天堂医院 泌尿器科HP「前立腺がんの薬物療法」(2018年1月21日確認)
http://juntendo-urology.jp/treatment/pharmacotherapy/

参考[6]:がん研有明病院HP「抗がん剤の知識・抗がん剤治療の進歩と現状」(2018年1月21日確認)
http://www.jfcr.or.jp/hospital/cancer/treatment/medication/anticancer_drug.html

参考[7]:国立がん研究センター がん情報サービス『肺がん治療』(2018年1月25日確認)
https://ganjoho.jp/public/cancer/lung/treatment.html

参考[8]:国立がん研究センター がん情報サービス『前立腺がん治療』(2018年1月25日確認)
https://ganjoho.jp/public/cancer/prostate/treatment.html

参考[9]:がん研有明病院HP『前立腺がんの小線源治療とは』(2018年1月25日確認)
http://www.jfcr.or.jp/hospital/cancer/treatment/radiation/brachytherapy.html

抗がん剤治療のデメリット

抗がん剤だけでは癌は治らない

抗がん剤治療は、実はそれだけではがんを完全に治すことはできません。抗がん剤は癌の増殖を食い止めたり、腫瘍を小さくするためのものです。がんを完全に治すためには、手術や放射線治療、あるいは免疫力を高めて自分でがん細胞を攻撃することが必要になります。

また、すい臓がんや悪性黒色腫など、抗がん剤がまったく効かない癌があることにも注意が必要です。

副作用

以前に比べてかなり負担は軽減されているものの、やはり副作用がゼロになるわけではありません。正常な細胞に対しても抗がん剤が攻撃を加えてしまうことに変わりはないので、ある程度の副作用と闘う必要はあります。

副作用を軽減する薬剤がすでに開発されていますが、脱毛だけはいまだ克服できていません。

放射線は、細胞の分裂を止め、死滅させる効果があります。がん細胞にだけ放射線を当てることができれば、正常な細胞にのみ放射線を照射し、死滅させることができます。しかし、どうしても正常な細胞にある程度の影響が出てしまいます。これが、放射線治療の副作用です。

副作用には早期反応と晩期反応があります。早期反応には、皮膚や粘膜の炎症、そして白血球減少などの骨髄障害が挙げられます。晩期反応としては、数か月から十数年後に表れるもので、皮膚や皮下組織の委縮、線維化、肺の線維化による呼吸障害、中枢神経の麻痺などが挙げられます。

晩期反応は、長期生存例の中では数%において問題になることがあるようです。放射線治療のメリットと比べると小さいものではありますが、頭に入れておく必要はあります。

毎日治療を受けなくてはならない

放射線治療は、一度の治療時間はわずかですが、毎日欠かさず受けなければなりません。

正常な細胞は、照射のダメージから1日以内に回復をします。がん細胞は回復力が弱く、1日では回復ができません。そのため、毎日欠かさず放射線を当てることで、がん細胞だけがダメージを回復できず、死滅するのです。

ということは、放射線治療を1日休めば効果が損なわれてしまうということです。治療は長期間に渡るので、ある程度の負担があります。

取りこぼしの可能性は否定できない

放射線治療の優れたところは、当たったところにしか効果がないこと。逆にいえば、当たってない部分の癌細胞は死滅せずに残ってしまうということです。

切除手術の場合、癌の摂り残しがないように余裕をもって切除することが可能です。癌腫瘍は正常な細胞との境界線がわかりにくく、場合によっては治療しきれない可能性があります。治療の取りこぼしがあると、再発・転移の可能性があります。

ただし、手術では取りきれない、あるいはこれ以上手術できないような癌の場合は、放射線治療を併用することで治療効果を高めることができます。つまり、表裏一体のメリット・デメリットがあるということです。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。