定位放射線治療

癌の治療法の中でも特に代表的なのが放射線による治療です。その中でも定位放射線治療とはどういったものなのかについてご紹介します。

定位放射線治療とは?

通常の放射線治療とは違い、多方向から病巣に集中的な放射線を照射する方法です。 定位放射線治療では複数回に分けて行う照射と、1回で行う照射の2種類があります。

一般的な放射線治療では複数回に分けて照射を行いますよね。これは正常な細胞への負担を減らすためです。正常な細胞は、放射線を受けたとしてもそれが低い線量であれば修復できます。

腫瘍細胞は低い線量でも修復できないことを利用し、低い線量での照射を複数回に分けて行うことにより正常な細胞への負担を減らして効率よく腫瘍細胞に攻撃ができるのです。

ですが、定位放射線治療の場合は病巣に対してのみ働きかける方法で正常な細胞への照射は少なくて済むため、1回照射にも対応できます。

ただ、必ずしも1回照射が選択できるわけではなく、病巣の位置や大きさなどによっても1回照射と分割照射のどちらが最適かは変わるため、医師の判断により異なるでしょう。

これまでは手術といった選択肢しかなかったものに対しても選択できる可能性のある治療法なので、年齢や合併症によるリスクが高いために手術できずにいた方などの治療法としても取り入れられています。

メリット

大きなメリットとして挙げられるのが、広範囲に広く働きかける通常の放射線治療とは違い、ピンポイントで病巣をねらい撃ちできるため、正常な組織への放射線照射を極力抑えることができます。

広範囲に働きかける放射線治療だと周辺の正常組織の被曝量も増えてしまいますが、それを抑えられる治療法です。

また、痛みがないのも大きなメリットです。照射の範囲が少ないこともあり、入院期間も短くて済むケースがほとんどとなっています。

デメリット

デメリットとして挙げられるのが、まだこの治療法が開始されてからそれほど長い歴史がないことです。定位放射線治療によって治療を行った方の晩期障害の有無に関する詳細なデータが出揃っていないのがデメリットだといえるでしょう。

もう一つのデメリットとしてこの治療法を選択している病院が少ないことも知っておかなければなりません。 定位放射線での治療を検討しているものの、なかなか実施している病院が見つからなかったり、通いにくいといった理由で断念している方も多いようです。

どのような癌治療に有効?

肝腫瘍や頭蓋内腫瘍、原発性肺癌、転移性肺腫瘍など。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。