癌転移の治療ガイド » ノーベル賞受賞者・本庶教授の発見から生まれた癌の新治療薬「オプジーボ」とは?

ノーベル賞受賞者・本庶教授の発見から生まれた癌の新治療薬「オプジーボ」とは?

2018年10月1日に京都大高等研究院の特別教授である本庶佑(ほんじょたすく)教授が、免疫を抑制する効果をもつ「PD-1」という分子を発見した功績によりノーベル生理学・医学賞を受賞しました。 日本人がノーベル賞を受賞するのは本庶教授が26人目となります。

ノーベル賞に繋がったがんの新治療薬「オプジーボ」とは?

本庶教授が発見したPD-1は、免疫を抑えてしまう分子。体内で癌と闘う免疫の働きが抑えられると、当然癌の治癒に影響が現れます。PD-1の働きを阻害することができれば、癌の治療に大きな効果があると言えるのです。 現在、PD-1を標的にした抗がん剤「オプジーボ」がすでに小野薬品工業によって開発されており、次世代の癌治療薬として注目を集めてるのです。抗がん剤の多くは癌細胞を攻撃することを目的とした薬。がん細胞を攻撃する「免疫」を助けるオプジーボは全く新しい薬なのです。

すでに始まっているオプジーボの治療

千葉県に在住のある男性は、オプジーボによる癌治療に成功しました。この男性は6年前に健康診断で肺がんが見つかり手術。しかし、癌は脊髄や脳に転移しており、死を覚悟せざるを得ない状況だったそう。他の治療法を試みるなか、「オプジーボ」に出会います。2016年12月からオブジーボの投薬を開始し、2017年の7月にはがんが確認できないまでに回復。男性は「オプジーボの投与から2カ月ほどでずっと悩まされていた頭痛が消えた」と語っています。 「肺がん患者の会ワンステップ」の代表は本庶教授の発見したPD-1、そしてそこから開発されたオプジーボを「希望の薬」と表現しています。 オプジーボは現在まだ高価な薬ですが、研究が進めばより安価に使用できるようになるかもしれませんね

各方面からも声が

新しいがん治療薬オプジーボの開発に繋がった本庶佑教授の「PD-1」発見。今回のノーベル賞受賞に際して、各方面から様々な声が上がっています。

先日、Twitterで癌を患っていると自ら公表した高須クリニックの代表・高須克弥院長は、「今は別の分子標的薬を使用していますが、次のステージではオプシーボを選択するかもしれません」とTwitterにて発言。また、「自分は樹木希林さんのように放射線治療は受けていないけど、癌はタイプにより治療法を選択すべき」とも語っています。 癌治療に新たな選択肢が生まれたということですね。

参照元

参考:毎日新聞のニュース情報サイト『先生は命の恩人』 がん患者ら祝福の声」
https://www.akiramenai-gan.com/medical_contents/disease/disease18/57874/

参考:スポーツ報知「“全身がん”公表の高須院長、ノーベル賞・本庶氏開発の新薬は『選択肢の一つ』も副作用を指摘」
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181002-OHT1T50060.html

参考:産経ニュース:本庶佑氏にノーベル医学・生理学賞 がん免疫治療薬を開発
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181002-OHT1T50060.html

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。