東京MITクリニック・アスゲンがんクリニック

東京 免疫療法

免疫療法でがんを乗り越える!
東京MITクリニック・アスゲンがんクリニック

東京MITクリニック・アスゲンがんクリニックは、「免疫療法」と呼ばれるがん治療法を提供するクリニックです。最前線で培われた経験をもとに、知識の豊富な医師が治療をしてくれます。

(サイトイメージ) 公式サイト

東京MITクリニック・アスゲンがんクリニック の名医

名医(イメージ)

宇野 克明東京MITクリニック 院長

東海大学医学部卒業。コンフォート病院理事長、東海大学医学外科・研究員、ハルピン医科大学名誉教授、国連支援交流協会特別顧問などを歴任、東京MITクリニックを設立。その後、コンフォート病院より免疫センターを東京MITクリニックに移転。

新規医療素材ES-27、がんミトコンドリア治療などを開発。

東京MITクリニック・アスゲンがんクリニック の特徴

東京MITクリニック・アスゲンがんクリニックの治療方法

免疫療法(イメージ)APT分子
免疫療法

副作用のないがん治療を提供

弱ってしまったリンパ球を回復・安定化する治療を行い、CS-82MDという内服薬により、リンパ球を活性化させます。この組み合わせにより、がん細胞を見つけることに長けたリンパ球を安定して増加させ、より高い治療効果を引き出します。

そして、がん細胞の自死を誘導します。本来、細胞はミトコンドリアという器官があり、この作用によっていずれ自死するもの。しかしがん細胞は、ミトコンドリアが機能しないため、自死せずに増加を続けてしまいます。

このミトコンドリアを復活させる作用があるのが、アポトーゼMD・MTという内服薬。これによって、がん細胞を自死(アポトーシス)へ導きます。

このステップをもって、副作用を起こさずに、患者の免疫作用を持ってがんの治療を目指します。転移がんのような、ほかの治療法では治療できな いと宣告された場合でも、免疫治療で根治に成功するケースが複数あります。決して治療を諦めずに、最先端の免疫治療に取り組んでみてはいかがでしょうか。

APT分子免疫治療の働き

(イメージ) 体内のリンパ球にがん細胞を攻撃させるよう誘導するのが免疫療法。APT分子免疫治療の場合は、HLA抗原クラスIと呼ばれるものを発動させ、リンパ球ががん細胞を認識しやすくするのが特徴。これによって、従来の免疫療法よりも高い効果が得られるというものです。

東京MITクリニック・アスゲンがんクリニック の基本情報

東京MITクリニック・アスゲンがんクリニック
診療科目 腫瘍内科
診療時間 10:00~17:00
休診日 土曜・日曜・祝日
所在地 東京都中央区八重洲 2-5-6 KBYビル
URL http://www.comfort-hp.com/
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。