クリニック C4

東京 放射線治療

転移がんを諦めない!最新放射線治療が受けられる、
クリニックC4

クリニックC4は、放射線治療の名医である青木幸昌先生が2008年に開業したがん専門クリニック。全身に転移している癌の治療にも有効な放射線治療機を導入し、治療が難しいケースでも最先端の治療を施し、癌の制御を助けてくれます。

(サイトイメージ) 公式サイト

クリニック C4 の名医

名医(イメージ)

青木 幸昌クリニックC4 院長

東京大学医学部医学科卒業。東京大学医学部付属病院放射線科講師病棟医長、英国Royal Cancer Institute留学、放射線医学総合研究所特別研究員(重粒子線)、総理府技官、東京大学医学部放射線医学教室助教授、国際医療福祉大学保健学部放射線・情報科学科教授などを経て、2008年にクリニックC4を開院。

日本医学放射線学会専門医、日本放射線腫瘍学会認定医、日本放射線腫瘍学会評議員、第一種放射線取扱主任者。

クリニック C4 の特徴

治療が難しくても、決してあきらめない治療

癌は、単発の癌であれば根治の可能性は高くなります。しかし、ほかの部位に転移を起こすことで治療が難しくなります。なかでも治療が難しいのが、多発転移がん。全身のあちこちに癌が転移を起こすと、手術での切除はもちろん、再発や転移を防ぐことも難しくなります。

では、全身転移を起こしてしまったら、延命は諦めなければならないのでしょうか?いいえ、決してそんなことはありません。あきらめずに、多発転移がんを制御しながら付き合っていくことは可能です。そんな治療を提供しているのが、青木幸昌医師が開業したクリニックC4です。

クリニック C4 の治療方法

放射線治療(イメージ)放射線
治療

複数病変への照射が可能な放射線治療「トモセラピー」

トモセラピーは、全身へ転移してしまった複数の癌に対して、同時に放射線を照射することができる装置。クリニックC4では、トモセラピーを使って再発進行期のがん患者への治療を提供しています。

トモセラピーを利用した場合、1回30分ほどの照射で、10か所以上ある病変に対しても放射線治療を施すことができます。1クールは5~10回の治療で終わるので、患者の負担も小さいようです。実績としては、7年間で1335症例に照射、うち80%は局所制御に成功し、46%は病巣が完全に消失したそうです。

これまでの放射線治療の場合、一度に照射できる病変の数は限られていました。正常な細胞へのダメージが小さいガンマナイフや粒子線治療は複数病変の治療には向かず、かといって全身に一度に放射線を当てるのは副作用が大きくなりすぎます。それを解決できるのが、トモセラピーです。

トモセラピーのはたらき

放射線源を内蔵したリング状の機械が、患者のまわりを回転しながら放射線を照射します。CTスキャンで癌の位置を特定し、ミリ単位で場所と強度を計算しながら治療を進めていきます。そのため、正常な細胞へのダメージを最低限に抑えながら、複数病変への同時照射が可能になるのです。

(イメージ) これによって、病変数が多く治療の難しいケースでも、がん病巣をコントロールしながら延命をすることができます。がんと上手に付き合いながら生きていくために、こういった治療は待ち望まれていたと思います。

さらに進歩的な治療法・分子標的照射も可能

トモセラピーの効果を高めるものに、「分子標的照射」という技術があります。これは正常な細胞を避け、がん細胞だけにはたらきかける特殊な放射線増幅剤を利用するもの。

これによって癌細胞だけが放射線の効果を強く受けるので、放射線の強度を3分の1に減らしても、約80%の制御率を達成できるのだそう。さらに小さい負担での効果的な治療が期待できそうです。

クリニックC4 の基本情報

医療法人社団愈光会 クリニックC4
診療科目 放射線科・腫瘍放射線科
診療時間 9:00~18:00(予約制)
休診日 土日・年末年始
所在地 東京都渋谷区元代々木町33-12
URL http://cccc-sc.jp/
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。