癌転移の治療ガイド » 転移した癌の治療の名医がいるおすすめ病院 » がん研有明病院の転移・再発にも負けない癌治療

がん研有明病院

東京 手術療法化学治療放射線治療

常に最新のがん治療を提供!がん研有明病院

優しく心の通った医療を実践しているがん研有明医院。専門診療部門を多数取り揃えているため、進行がんや転移がんにも対応可能です。がん克服をもって人類の福祉に貢献することを使命と考え、常に新しいがん医療を提供。限られたスタッフとスペースを最大限に活用し、多くの診療に当たっています。

がん研有明病院の名医

名医(イメージ)

山口 俊晴がん研有明病院 病院長

京都府立医科大学を卒業後。同大学で研修医として勤務をし、秋田大学で文武教官として勤務。米国テキサス大学ヒューストン校留学を経て、京都府立医科大学助教授に。財団法人癌研究会付属病院で消化器外科部長、財団法人癌研究会有明病院で副院長を歴任し、がん研究会有明病院の病院長に就任。

国際胃癌学会(IGGA)理事、日本がん臨床試験推進機構理事、公益財団法人がん研究会代表理事、日本胃癌学会名誉会員、日本がん分子標的治療学会理事・評議員、先進医療評価委員会構成員座長、社会保障制度改革推進本部医療・介護情報の活用による改革の推進に関する専門調査会委員など。

名医(イメージ)

西尾 誠人がん研有明病院 呼吸器内科部長

1989年に和歌山県立大学医学部卒業。1992年に国立がんセンター中央病院医院、1993年にマイアミ大学微生物・免疫学教室博士研究員に。1995年癌研究会付属病院内科医院として勤務し、2004年に同内科の医局長に就任。2006年に癌研究会有明病院呼吸器内科副部長、2012年に現在の呼吸器内科部長の役に就く。日本臨床腫瘍学会暫定指導医。

がん研有明病院の特徴の特徴

チーム医療で最大の効果を提供

病床数700床と20室の手術室を備えているがん研有明病院。日本で初めてがん治療の専門医として開設して以来、がん医療を先進的に行なっています。その実力は高く日本国内だけではなく、海外からも訪れる人がいるほど。そんながん研有明病院の最大の特徴は、チーム医療です。

各分野のスペシャリストが連携することでさまざまな視点から意見を出し合い、透明性のある医療を提供。1年間で約1万例の手術への対応を実現しています。将来的には早期がんだけでなく、治療が難しいがんを中心に症例を増やしていくとのこと。さまざまながんへの対応が期待できる病院と言えるでしょう。

がん研有明病院の治療方法

抗がん剤治療(イメージ)手術
治療

放射線治療(イメージ)放射線
治療

抗がん剤治療(イメージ)抗がん剤
治療

2種類の放射線治療を実施

がん研有明病院の放射線治療は、専門的な知識を持ったスタッフによって行なわれます。対応するのは放射線治療全体を管理する放射線腫瘍医、治療計画に基づいた放射線治療を行なう放射線治療技師、放射線治療システム全体の品質管理をする医学物理士など。

安全かつ効果的な治療を提供してくれます。放射線治療法は体の外から対象となる箇所に放射線を当てる外照射、放射性物質を入れて体の中から放射線を当てる小線源治療の2種類です。種類や大きさによって、最適な治療法を選択してくれます。

がん研有明病院の基本情報

がん研有明病院
診療科目 食道外科、胃外科、大腸外科、肝・胆・膵外科、消化器化学療法科、肝・胆・膵内科、上部消化管内科、下部消化管内科、婦人科、頭頸科、整形外科、泌尿器科、血液腫瘍科、総合腫瘍科麻酔科(ペインクリニック)、がん疼痛治療科、腫瘍精神科 、形成外科、眼科、感染症科、皮膚科、漢方サポート科、歯科
診療時間 9:00~16:00
休診日 土曜・ 日曜・祝日・年末年始
所在地 東京都江東区有明3-8-31
ベッド数 総病床数 700床
年間治療患者数 不明
対応可能な治療方法 手術療法、放射線療法、化学療法
設備 PET検査、ダ・ヴィンチ・サージカルシステム
URL http://www.jfcr.or.jp/hospital/index.html
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)