茨城県立中央病院

茨城 放射線治療

総合病院併設の強みを活かしたがんセンター

茨城県立中央病院のがんセンターは、全国初の分散式がんセンターとして平成7年に開設されました。特に肝臓や胆のう、膵臓、肺などの難治性のがんに対する高度専門治療を行なうことを目的としています。

患者さんの高齢化や医療の高度化に伴って、循環器疾患や内分泌疾患、腎臓疾患などの合併症を有するがん患者さんに対する総合的な治療が欠かせない昨今では、総合病院に併設されたがんセンターという形態の強みが十分に活かされているといえるでしょう。現在は都道府県がん診療連携拠点病院として、茨城県のがん診療の中心的役割を果たす存在として認知されています。

茨城県立中央病院の医師

玉木 義雄

専門分野は各種がんの放射線治療(頭頸部がん、食道がん、婦人科がん、悪性リンパ腫など)やラジオアイソトープ治療です。日本医学放射線学会の放射線治療専門医・研修指導者であり、日本放射線腫瘍学会の専門医・代議員、日本がん治療認定医機構認定医、日本頭頸部がん学会評議員、日本リンパ網内系学会評議員、日本ハイパーサーミア学会指導医・評議員なども務めておられます。

茨城県立中央病院の特徴

茨城県立中央病院のがんセンターでは、さまざまな先進的医療機器を導入して高度ながん治療を提供しています。その代表的な設備は強度変調放射線治療装置(IMRT)で、腫瘍の形状に合わせた放射線治療が可能です。正常な組織への照射を軽減してがん病巣にピンポイントで照射できるため、治療効果を高めることが期待できます。

また、64列デュアルCTはがん病巣を詳細に検出することが可能で、がんの早期発見や正確なステージの把握に大いに役立ちます。陽電子放射断層撮影装置(PET)は患者さんに苦痛を与えず一度の検査で全身のスクリーニングが可能。脳と尿路以外の全身のがんや転移の有無を検出できます。RI診断装置も完備しており、放射性同位元素による目印をつけた薬剤を投与してその分布を撮影、体内の異常を見つけます。がん治療においては、とくに骨転移の発見に有用です。

センターではロボット手術支援装置「ダヴィンチ」を導入しており、前立腺がん、腎臓がんの摘出手術に用いられています。患者さんの身体的負担が少なく、繊細な手術を行なうことが可能で、今後は前立腺がん、腎臓がんだけではなくさまざまな分野の手術に使用されることが期待されています。

関連部門としては32ベッドを有する化学療法センターがあり、外来患者さんの化学療法を毎月400件程度実施しています。また、スタッフ10名が在籍するがん相談支援センターではがんをはじめとする医療全般の相談や退院調整に対応しており、年間4,000名以上の患者さんやご家族を受け入れています。

茨城県立中央病院のがん治療実績

茨城県立中央病院における2018年度の新規放射線治療患者数は515名、再治療を含めると延べ583名

そのうち高精度放射線治療として強度変調放射線治療を168名、定位照射治療を62名に対して実施しています。強度変調放射線治療の内訳は前立腺がん68名、頭頸部がん29名、子宮がん16名、肺・縦隔16名、食道6名、その他33名となっています。

また、高線量率密封小線源治療を47名に実施、その大部分は子宮頸がんの腔内照射です。非密封線源治療(ラジオアイソトープ治療)はストロンチウム89を5名、放射性ヨウ素内用療法を6名、ラジウム223による前立腺がん治療を4名に実施しています。

緩和治療は骨転移103名、脳転移55名に対して行ないました。

茨城県立中央病院のがん治療方法

放射線
治療

複雑な形状のがんにも高精度な
放射線治療を実施

強度変調放射線治療(IMRT/VMAT)は、通常の放射線治療では困難な複雑な形状のがんにも高精度な線量分布をつくることができる治療法です。正常な組織への照射量を極力少なくすることができるため、副作用の軽減と治療効果の向上が期待できます。

最適な線量分布は高性能コンピューターを用いて計算しますが、それでも時間がかかるため、通常の放射線治療よりも開始が遅くなるのがデメリットといえます。それでも強度変調放射線治療の優位性は確かで、適応は年々拡大の一途をたどっています。

ちいさながん病巣に対しては、短期間に多くの線量を照射する定位放射線治療を実施します。同院では脳転移や小さいサイズの肺がん・肝臓がんに対して行なっています。複数の脳転移を一度に治療できるシステムを2018年度に導入したため、治療に要する時間も大幅に短縮でき、脳転移に対する定位放射線治療の症例数が増加しています。

肺がんや肝臓がんの治療前にはマーカーを体内に埋め込み、その動きに合わせて照射する「迎撃照射」も実施。この治療法に取り組んでいるのは県内で同院のみです。

また、昨年度からは前立腺がんの定位放射線治療開始に向けて基礎研究を実施しています。

茨城県立中央病院の基本情報

茨城県立中央病院
診療科目 内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、血液内科、腎臓内科、内分泌・糖尿病内科、腫瘍内科、緩和ケア内科、小児科、外科、呼吸器外科、消化器外科、循環器外科、血管外科、心臓血管外科、乳腺外科、整形外科、皮膚科、形成外科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、頭頸部外科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、救急科、病理診断科、脳神経外科、麻酔科、精神科、リウマチ科、歯科口腔外科
診療時間 8:30~11:30(受付時間)
休診日 土・日・祝日およびその振替休日
所在地 茨城県笠間市鯉淵6528
電話番号 0296-77-1121(代表)
ベッド数 500床
年間治療患者数 新規放射線治療患者数515名(2018年度)
対応可能な癌治療方法 手術療法、化学療法、放射線療法
設備 高精度放射線治療システム、ダヴィンチ、PET-CT、SPECT-CT、内視鏡外科手術装置
URL https://www.hospital.pref.ibaraki.jp/chuo/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)