神奈川県立がんセンター

神奈川県 放射線治療

希少癌(肉腫・皮膚癌)にも対応している
神奈川のがん診療連携拠点病院

神奈川県立がんセンターは、がん診療連携拠点病院に指定されている病院です。地域の病院と連携しながら、一人ひとりの患者さんに適した癌治療を行っています。癌治療に特化した病院であり、治療設備が整えられているため、転移癌や希少癌(肉腫・皮膚癌)の治療にも対応しているのが特徴。また、患者さんやその家族が癌んを通して経験した様々な感情を分かち合い支え合えるように、「がん患者サロンあさひ」という場を病院等1階に設置しています。

神奈川県立がんセンターの医師

名医(イメージ)

放射線治療科部長:加藤 弘之

2001年に群馬大学の医学部を卒業後、そのまま同大学の大学院へ進み、2020年に大学院を修了。現在は放射線科専門医(放射線治療専門医)、日本がん治療認定医機構 、医学物理士、がん治療認定医などの資格を活かしながら、神奈川県立がんセンター放射線治療科の診療部長を務めている。

神奈川県立がんセンターの特徴

神奈川県立がんセンターは都道府県がん診療連携拠点病院に指定されています。神奈川県内の医療機関と連携をはかりながら癌医療を提供中。癌治療の三本柱である手術、薬物療法、放射線治療のすべてに対応しています。

手術は内視鏡手術やロボット手術などを取り入れながら、難度の高い手術も積極的に実施。放射線治療は、一般的なX線を使った治療と重粒子線を使った治療を受けられます。

また、漢方サポートセンター、がんワクチン・免疫センター、遺伝カウンセリング外来などを設けているので、放射線治療や手術以外のさまざまな方法で癌にアプローチできるでしょう。

そのほか、癌患者やその家族が経験者にしかわからない悩みや思いを共有して支え合う場として「がん患者サロンあさひ」を用意しているのも特徴です。

神奈川県立がんセンター の治療方法

放射線治療(イメージ)放射線
治療

放射線科では、それぞれの診療科の医師と連携し、情報共有を行うことによって様々な種類の癌・転移癌に対する治療を実施しています。抗がん剤や手術と組み合わせる場合もあれば、放射線治療のみで対応する場合もあるそうです。

放射線治療は、外部照射や三次元腔内照射、アイソトープ内用療法などの治療方法を用意。重粒子線を使った治療も行っています。

1.三次元放射線治療

(イメージ)放射線治療をスムーズに行えるように、CT撮影データを用いて患者さんと一緒に照射線量や治療計画を決定します。

2.強度変調放射線治療

強度変調放射線治療は、放射線の強さを調整し、変化を加えながら治療を行う方法です。主に前立腺がんや頭頚部がんの治療として用いられています。腫瘍の形は均一ではなく、凸凹している(不均一)な場合がありますが、強度変調放射線治療なら形状に合った放射線治療が可能です。

3.定位放射線治療

小さな腫瘍に対して多方向から照射する高精度な放射線治療です。一般的な放射線治療よりも大線量を短期間で照射できるのが特徴。主に早期肺がんや転移性肺がんなどの治療で用いられています。

4.三次元腔内照射

アプリケーターを病巣部に挿入した後、アプリケーター内に小線源を挿入・停留して、病巣に放射線を照射する治療方法です。主に子宮頸がん、肺門部早期肺がん、早期食道がんなどに対して行われます。

5.アイソトープを用いた内用療法

甲状腺がんに対するI-131療法(外来・入院)、有痛性骨転移の疼痛治療における塩化ストロンチウム-89治療、悪性リンパ腫に対するイットリウム‐90標識抗CD20抗体を用いた放射免疫療法などが該当します。

6.重粒子線治療

加速器を使い、炭素イオンを光速の約70%まで加速し、癌の病巣へ集中的に照射する治療法です。

神奈川県立がんセンターの治療の流れについて

放射線治療の流れ

神奈川県立がんセンターでは、次のような流れで治療が進められています。事前予約が必要なので忘れないようにしましょう。

1.外来受診

放射線治療科医が画像診断や病理診断などを参照しながら問診・診察を行ったのち、治療にかんする説明があります。説明が終わった後に治療開始日や治療計画用のCT撮影日などを決定します。

2.CT撮影

CT撮影を行い放射線を照射する部位の皮膚にマジックで印をつけたり、体位を保持するための固定具を必要に応じて作成したりします。

3.治療計画

CT撮影データを参考にしながら、放射線の照射範囲や照射角度などを決定します。治療計画を立てるのに数日かかることもあるそうです。

4.放射線治療開始

外部照射にかかる時間は10~15分程度です(初日は30分程度)。精度が高い治療(IMRTや定位照射など)の場合は15~60分程度の時間がかかります。

神奈川県立がんセンターの基本情報

神奈川県立がんセンター
診療科目 消化器内科外科・婦人科・泌尿器科・骨軟部腫瘍外科・頭頚部外科・脳神経外科・皮膚科・形成外科・腫瘍内科・血液内科・放射線治療科
診療時間 平日8:30~17:00
休診日 土日・祝日・年末年始
所在地 神奈川県横浜市旭区中尾2-3-2
電話番号 045-520-2222(代表)
ベッド数 415床
年間治療患者数 不明
対応可能な治療方法 三次元放射線治療、強度変調放射線治療、定位放射線治療、三次元腔内照射、アイソトープを用いた内用療法、重粒子線治療など
設備 換気設備の整った切り出し室、ホルマリン固定装置、自動免疫染色装置、自動包埋装置、自動染色封入装置など
URL http://kcch.kanagawa-pho.jp/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)