慶應義塾大学病院

東京 放射線治療

「外部放射線治療」と「小線源治療」の両方に対応

慶應義塾大学病院は1920年に北里柴三郎院長が開院した歴史ある総合病院です。さまざまな診療科を設けており、癌患者は放射線診断科と放射線治療科、腫瘍センターなどで積極的に受け入れを行っています。

慶應義塾大学病院の放射線治療科で注目したいのは、身体の外側から放射線を照射する「外部放射線治療」だけでなく、放射線を出す線源を腫瘍に挿入する「小線源治療」を積極的に実施している点。広い範囲に転移した癌は外部放射線治療を、前立腺癌や子宮がんなど、集中的に放射線を照射するのが効果的な場合は小線源治療を実施しているようです。

また、チーム医療を充実させるために腫瘍センターを設置しているのも特徴。診療科の垣根を超え、癌に対して多角的にアプローチしてくれます。

慶應義塾大学病院の医師

茂松 直之

慶應義塾大学病院放射線科の教授・診療科部長であり、放射線治療全般・高精度放射線治療を専門とする。日本医学放射線学会専門医・がん治療認定医・日本医学放射線学会研修指導者・日本核医学会専門医の資格を持っている。

慶應義塾大学病院の特徴

慶應義塾大学病院は、癌治療の新しい診療部門として平成21年(2009年)に腫瘍センターを設立しました。腫瘍センターは計6部門(外来化学療法部門、放射線治療部門、緩和医療部門、低侵襲療法研究開発部門、リハビリテーション部門)で構成されており、各部門の専門スタッフが連携して治療に携わっています。低侵襲療法研究開発部門では、内視鏡による非穿孔式局所全層切除(ひせんこうしききょくしょぜんそうせつじょ)と腹腔鏡によるセンチネルリンパ節ナビゲーション手術を融合させた手術を開発して、患者さんに提供。

また、転移した癌の治療を行いながら、癌の症状や治療の副作用による不安、痛み、息苦しさなどを向上させるケアも実施しているそうです。

慶應義塾大学病院の治療方法

放射線
治療

慶應義塾大学病院が提供している
3種類の放射線治療について


1.外部照射

リニアックと呼ばれる装置を用いて、体外から標的に向けて放射線を照射する治療法です。CT画像をもとに、標的となる病変の部位、大きさ、種類などに合わせて照射方法が決定されます。通常は1日1回、平日は毎日治療を実施。治療期間は疾患によって異なりますが、通常1か月~2か月程度かかります。

また、腫瘍部分に放射線を集中して照射できる画期的な強度変調放射線治療(IMRT)や定位放射線治療(放射線を病変の形状に一致させて集中照射することで周辺正常組織を温存して病変のみを治療する方法)も取り入れているそうです。

外部照射が用いられる主な疾患・症状

脳腫瘍・頭頸部腫瘍・肺癌食道癌・乳癌乳房温存手術後・肝臓癌・前立腺癌・婦人科腫瘍(子宮頸癌など)・悪性リンパ腫・転移性腫瘍など

2.小線源治療

放射線源を内蔵したリング状の機械が、患者のまわりを回転しながら放射線を照射します。CTスキャンで癌の位置を特定して、ミリ単位で場所と強度を計算しながら治療を進める流れ。そのため、正常な細胞へのダメージを抑えつつ、複数の病変へ同時に照射できます。病変数が多く、治療が難しいケースでも、小線源治療なら癌病巣をコントロールしながら延命できる可能性があります。

アイソトープ治療

放射線を放出する物質(アイソトープ)を注射などで投与するがん治療です。慶應義塾大学病院は、アイソトープ内用療法として去勢抵抗性前立腺癌に対するラジウム223内用療法を行っています。

慶應義塾大学病院の施術について

慶應義塾大学病院の施術についてご紹介いたします。

放射線施術までの流れ

慶應義塾大学病院は以下のような流れで放射線治療を行っています。

1.放射線治療医による診察・説明

問診・診察を行うのは放射線治療医です。各種画像診断、病理診断等を参考に放射線治療に適応するかを判断して、放射線を照射する範囲、線量、回数、治療方法などを決定します。

治療方法や予想される効果、副作用などの説明を放射線治療医から受けたのち、患者の了解後に治療計画やCT撮影日、治療開始日を決定する流れです。

2.放射線治療計画

治療計画のためのCTを撮影します。必要であれば、頭部を固定するためのマスクや治療体位を維持するための固定具を使用します。

CT撮影データをもとに、治療計画装置上で放射線の照射方法を決定して、線量計算を実施。この作業には通常2日ほどかかります。強度変調放射線治療(IMRT)を行う場合はさらに時間がかかることも。CT撮影後に初回の照射の時間を決定します。

3.放射線治療

外部照射であれば、1回あたりの治療時間は5~15分間程度です。照射中は動かず安静にしましょう。放射線の照射中に痛みを感じることは基本的にありませんが、治療にかかる期間・回数は患者さんの疾患、治療部位、病状等により痛みの感じ方は異なります。

4.治療方針の決定

通常は1日1回の治療を平日に毎日、数週間行います。また、治療期間中は放射線治療の影響等を見るための診察を定期的に実施。照射期間中は必要に応じて診察を行うことがありますが、予約外の場合は、初回に診察した主治医とは別の医師が診察を担当する場合もあるそうです。

慶應義塾大学病院 の基本情報

慶應義塾大学病院
診療科目 放射線治療科・放射線診断科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・腎臓内分泌代謝内科・神経内科・血液内科・リウマチ膠原病内科・一般消化器外科・呼吸器外科・心臓血管外科・脳神経外科・小児外科・小児科・産科・形成外科・リハビリテーション科・整形外科・婦人科・眼科・皮膚科・泌尿器科・耳鼻咽喉科・精神神経科・麻酔科・救急科・歯科口腔外科・総合診療科・臨床検査科・病理診断科
診療時間 6:45~19:15(休診日 13:00~19:15)
休診日 日曜、第1・3土曜、祝日、年末年始(12/30~1/4)、慶應義塾の休日(1/10)
所在地 東京都新宿区信濃町35
電話番号 03-3353-1211(代表)
ベッド数 960床
年間治療患者数 2018年度外来患者数延べ人数:846,718
2018年度入院患者数延べ人数:290,895
対応可能な癌治療方法 外部照射・小線源治療・アイソトープ
設備 MDCT5台、コーンビームCT1台、MRI(1.5T装置3台・3T装置2台)、リニアック装置2台、SPECT-CT2台、PET2台
URL http://www.hosp.keio.ac.jp/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)