東京都立駒込病院

東京 放射線治療

全国で5本の指に入る実績数を持つ
東京都立駒込病院

東京都立駒込病院は癌と感染症に対する高度専門病院として、2015年には都内3位、全国でも5位のがん登録件数(5,040件)の実績を持つなど、多くの方の癌治療を行っている施設です。総合病院として内科部門、外科部門、中央部門には多くの診療科があり、さまざまな癌治療に対応しています。

東京都立駒込病院のがん治療の名医

名医(イメージ)

古賀 文隆腎泌尿器外科部長

東京医科歯科大学卒業。泌尿器癌、泌尿器癌の低侵襲手術、泌尿器癌の臓器温存・機能温存治療、泌尿器がんの集学的治療を専門としています。

医学博士、日本泌尿器科学会指導医・専門医、日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会 腹腔鏡下小切開手術(ミニマム創内視鏡下手術)施設基準医 ロボット支援腹腔鏡下手術認定術者、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会理事、European Urology誌編集顧問 ほか国際学術誌編集委員(3誌)、東京医科歯科大学医学部臨床教授。

東京都立駒込病院のがん治療の特徴

治療している癌の種類が多い

診療科の数が多岐にわたっています。癌治療箇所では、治療が難しいとされるすい臓癌の治療を受けられる肝胆すい外科、前立腺癌を治療する腎泌尿器科、子宮癌を治療する婦人科など計18種類以上の治療を提供しています。

質の高い治療提供を目指す体制

都道府県がん診療連携拠点病院として、手術療法、放射線治療、化学療法、緩和ケアを組み合わせた癌治療を提供。がん診療連携拠点病院の強みに「院内がん登録」というシステムがあります。病院で診断・治療を受けた患者についての情報(癌の箇所、組織型、進行度、治療内容など)を収集し登録。全国から集められ蓄積されたデータをもとに患者の状態や癌の特徴を正確に把握してくれます。治療や治療後のケア・支援にも役立つシステムです。

診断時から適切な緩和ケアを継続して受けられる緩和ケアセンターを設置。また、患者サポートセンター(がん相談支援センター)では、患者や家族の悩みや不安に対して真摯にアドバイスをしてくれます。

江戸川がん治療センターではホルモン治療や患部に当てる放射線量を変化させる強度変調放射治療も受けられる体制を整えています。また、治療が難しいとされるすい臓癌の治療技術向上のために、ビューレイシステム(メリディアン)を導入しているのが特徴です。

東京都立駒込病院のがん治療実績

2015年のがん登録件数(癌で診療し、癌に関する情報を登録した人の数)が5,040件で都内3位、全国でも5位の登録数となっています。

放射線治療件数は2016年に22,433件、2017年に24,483件と2万件以上の治療を行える施設です。

東京都立駒込病院のがん治療方法

放射線治療(イメージ)放射線
治療

放射線治療

トモセラピー、サイバーナイフ、ヴェロの高精度放射線治療装置を3台導入し、強度変調放射線治療や定位放射線治療を行っています。

トモセラピーはCT撮影も行える装置でベッドに横になった状態で治療が受けられます。体の周りを360度回りながら病巣のみにピンポイントで照射を行うので、正常な組織への影響を抑えられる治療です。また、全身をターゲットにできるので、転移した癌の治療も受けられます。

サイバーナイフでは放射線を複数方向から一点に集中する高精度の定位放射線治療が受けられます。患者のわずかな動きも瞬時に捉え、正しい位置に補正して照射を行ってくれます。主に脳の病巣に対して使用されていましたが、2013年から肺や骨の病巣にも活用されています。

ヴェロ(VERO-4DRT)は患者の呼吸によって動く臓器に合わせて、照射ヘッドが動く機能を搭載した動体追尾放射線治療です。特定の部位のみ放射線を当てるため、周辺臓器の線量を抑えられるのです。主に呼吸によって病巣も動いてしまう肺癌の治療で活用されています。

低侵襲手術

腎泌尿器科で受けられる治療方法です。低侵襲(体への負担を抑えた)のロボサージャン・ガスレス・シングルポート手術や手術支援ロボットのダヴィンチを利用した治療が受けられます。

ロボサージャン・ガスレス・シングルポート手術は、治療を行う医師をロボットのように精密な動きができるようサポートし(ロボサージャン)、炭酸ガスを使わず(ガスレス)、単一の小さな穴(シングルポート)から手術を行う方法です。腹膜への負担を抑えられるため、抗生物質の量も減らせます。低費用で受けられるのもメリットの一つです。

東京都立駒込病院の基本情報

東京都立駒込病院
診療科目 内科系部門:消化器内科、呼吸器内科、脳神経内科、血液内科、腎臓内科、肝臓内科、膠原病科、糖尿病内科、総合診療科、腫瘍内科(化学療法科)、緩和ケア科、精神腫瘍科、小児科、感染症科
外科系部門:外科(食道)、外科(肝胆膵)、外科(胃)、外科(大腸)、外科(乳腺)、外科(呼吸器)、整形外科、リハビリテーション科、骨軟部腫瘍科、脳神経外科、皮膚腫瘍科、形成再建外科、腎泌尿器外科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍外科、歯科口腔外
中央部門:遺伝子診療科、麻酔科、輸血・細胞治療科、放射線診療科(診断部)、放射線診療科(治療部)、臨床検査科、薬剤科、栄養科、看護部
診療時間 平日:9:00~17:00
土曜:9:00~12:00
※(紹介予約制)
休診日 要問い合わせ
所在地 東京都文京区本駒込3-18-22
ベッド数 815床(一般785床 感染症30床)
年間治療患者数 ※参考:がん登録件数:2015年:5,040件
放射線治療件数:2017年:24,483件
対応可能な治療方法 低侵襲手術、放射線治療、薬物療法、緩和ケアなど
設備 トモセラピー、ダヴィンチ、電子内視鏡、マンモグラフィ、ビューレイシステムなど
URL http://www.cick.jp/
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)