東京ミッドタウン先端医療研究所

東京 免疫療法

転移がんが治る!
免疫療法の東京ミッドタウン先端医療研究所

東京ミッドタウン先端医療研究所は、最新の免疫療法を中心に、放射線治療や抗がん剤を利用しながら幅広い治療法を提供している病院です。大学病院や専門機関と連携を取りながら先端医療を提供し、治療が難しい転移がんの治療にも取り組んでいます。

(サイトイメージ) 公式サイト

東京ミッドタウン先端医療研究所 の名医

名医(イメージ)

田口 淳一東京ミッドタウン先端医療研究 所長

東京大学医学部卒業。
ワシントン州立大学へ留学、東京大学医学部附属病院助手、宮内庁侍従職侍医、東海大学医学部付属八王子病院循環器内科助教授、東京ミッドタウンクリニック院長を経て、東京ミッドタウン先端医療研究所所長に就任。
日本内科学会認定総合内科専門医、日本循環器学会認定循環器専門医、臨床遺伝専門医、日本心臓病学会特別正会員 米国心臓学会フェロー、東京医科歯科大学 難治疾患 研究所 非常勤講師、日本人間ドック学会 遺伝子検査に関わる検討委員会 委員長、東京医科大学 客員教授 他

東京ミッドタウン先端医療研究 の特徴

豊富なネットワークで幅広い治療の選択肢を提供

東京ミッドタウン先端医療研究所は、同フロア内の内科、整形外科などはもちろん、大学病院や専門機関との連携関係があります。そのため、必要に応じてほかの機関での検査や治療を含めた治療法の検討が可能です。

最新の免疫療法や放射線治療はもちろん、必要に応じて手術や化学療法も可能です。

東京ミッドタウン先端医療研究の治療方法

放射線治療(イメージ)放射線
治療

抗がん剤治療(イメージ)抗がん剤
治療

最先端の免疫療法は転移癌にも有効!

東京ミッドタウン先端医療研究所の最大の特徴は、免疫療法の提供にあります。

免疫療法とは、体内の免疫細胞を使って癌細胞を攻撃するもの。この病院では、樹状細胞ワクチン療法というものを提供しています。がん細胞特有の目印を覚えた樹状細胞によって教育されたリンパ球が、がん細胞を攻撃し死滅させるというものです。放射線や手術のような局所治療ではないので、転移してしまったがんにも有効です。肉眼では見つからないがん細胞を攻撃することも可能です。

東京ミッドタウン先端医療研究所で利用されている樹状細胞ワクチンは、それぞれの患者にあった型を選んで投与するため、作用をより確実に引き出すことができます。既に医学的エビデンスが提出されており、その効果は実証済み。

(イメージ) もちろん、NK細胞療法、活性化リンパ球療法といった、ほかの免疫療法も利用可能です。幅広い選択肢が用意されているので、ほかではもう治らないと言われた方でも、ここでの治療はトライする価値があります。

東京ミッドタウン先端医療研究 の基本情報

東京ミッドタウン先端医療研究所
診療科目 がん治療外来
診療時間 9:00~17:00 土曜日9:00~12:00(完全予約制)
休診日 土曜日午後、日曜、祝日
所在地 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウンタワー6F 東京ミッドタウンメディカルセンター内
URL http://www.midtown-amc.jp/
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。