国立研究開発法人国立がん研究センター東病院

千葉 総合病院

転移がんの生存率を向上させる治療が受けられる、
国立研究開発法人国立がん研究センター東病院

国立研究開発法人国立がん研究センター東病院は、放射線と抗がん剤を組み合わせた化学放射線治療で、転移がんの生存率を向上させる治療に定評のある病院です。根治が難しいがんをコントロールし、生活のクオリティを向上させる取組みが盛んです。

(サイトイメージ) 公式サイト

国立研究開発法人国立がん研究センター東病院 の名医

名医(イメージ)

荻野 尚国立がん研究センター東病院陽子線治療 部長

千葉大学医学部卒業。国立がん研究センターを経て、国立がん研究センター東病院陽子線治療勤務。

日本医学放射線学会専門医、日本放射線腫瘍学会認定医。

国立研究開発法人国立がん研究センター東病院 の特徴

あらゆる分野のがん治療スペシャリストが集結

今回は荻野医師を代表としてご紹介しましたが、国立がん研究センター東病院は、その名の通りがん治療のスペシャリストが集まった機関。さまざまな治療法の第一人者が、新しい治療法の研究・実践に挑んでいます。

荻野医師の陽子線治療はもちろんのこと、いくつかの先端放射線治療を受けることができます。私たちが注目したい転移がんの治療に関しては、抗がん剤と放射線治療を組み合わせたものが有効ではないかと思います。

国立研究開発法人国立がん研究センター東病院の治療方法

放射線治療(イメージ)放射線
治療

抗がん剤治療(イメージ)抗がん剤
治療

放射線療法と抗がん剤の組み合わせが強力!

たとえば、食道がん。食道がんは治療が難しく、手術の場合はどうしても食道の機能を損なってしまうのが難点。しかし抗がん剤と放射線を使えば、傷もなく、機能を温存したまま治療が可能です。抗がん剤2種類と放射線治療を利用することで、「治らない」と診断されたがん患者でも、生存率やQOLを高め、日常生活をサポートすることができるのです。

陽子線治療のはたらき

上述の陽子線治療は、通常のX線よりも小さい負担で治療ができます。

陽子線は特定の深度に達するまではエネルギーが小さいのですが、ある深さに達した途端急激にエネルギーを放出し、さらに先ではエネルギーが小さく性質があります。そのため、がん細胞だけにエネルギーを集中させ、まわりの細胞への影響を抑えることができます。

(イメージ) これが適応されるのは、脳腫瘍、頭蓋底腫瘍、頭頸部腫瘍、肺癌、肝細胞癌、転移性肝癌、骨軟部肉腫、前立腺癌などです。

国立研究開発法人国立がん研究センター東病院 の基本情報

国立研究開発法人国立がん研究センター東病院
診療科目 頭頸部外科、頭頸部内科、形成再建外科、消化管内科、肝胆膵内科、食道外科、上腹部外科、大腸外科、呼吸器内科、呼吸器外科、乳腺内科、乳腺外科、化学療法科、泌尿器科、血液腫瘍科、消化器内視鏡、消化管内科、放射線診断科、放射線治療科、緩和医療科、精神腫瘍科、麻酔科、脳神経外科、皮膚科、婦人科、骨軟部腫瘍・リハビリテーション科、歯科、眼科、小児科
診療時間 9:00~17:15
休診日 土曜日・日曜日・祝日・年末年始
所在地 千葉県柏市柏の葉6-5-1
URL http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。