大船中央病院

東京 放射線治療

がん治療に真摯に取り組む医師たち

急速に進んでいるがん治療やがん治療機器に対応するために、大船中央病院の医師たちは常に技術を磨いて、がん患者の克服のためにつくしています。また、物理士などの専門医とも連携することで早く治療に取り掛かります。

大船中央病院の医師

武田 篤也

慶応義塾大学医学部卒業後、慶応義塾大学医学部放射線科入局、防衛医科大学校病院放射線科、慶応技術大学医学部放射線科に勤務。

都立広尾病院放射線科を非常勤として、大船中央病院放射線科放射線治療室長を長年勤務している。さらに、東海大学医学部付属病院放射線治療科非常勤講師(兼務)、東海大学付属病院放射線治療科客員講師(兼務)を勤めあげた。

慶応義塾大学医学部放射線治療科客員講師(兼務)、東海大学医学部付属病院放射線治療科客員教授(兼務)、東京歯科大学非常勤講師(兼務)、横浜市立大学客員教授(兼務)を現在でも勤めている。

大船中央病院の特徴

大船中央病院が提供している放射線治療について

がん治療の一つである放射線治療は、早期から進行期までのさまざまな状態のがんに対応しています。日々進歩していくがん治療に対して、治療の質を高めるための努力を続けており、独自の照射法や高度な照射技術なども用いて治療を行っている病院です。患者さんとの診察時の対話を大切にしており、診察結果や相談内容に応じて1人ひとりにあった治療方法の提示と説明を行います。

大船中央病院の治療方法

放射線
治療

治癒率の高い体幹部定位放射線治療(ピンポイント放射線治療)

体幹部定位放射線治療(ピンポイント放射線治療)は体力的に手術の困難な高齢者や合併症を持っている患者さんでも、手術と同等な結果が報告されています。大船中央病院の独自の方法により、極めて高いがん抑制率と重症副作用の少ない優しい治療を両立しています。 同院での肺がんに対する臨床試験も900例越と大変多く、放射線治療向けの医学専門書としてもまとめて公表されています(※)。

大船中央病院では、この体幹部定位放射線治療(ピンポイント放射線治療)を早期肺がん、肝臓がん治療のために行いますが、他の施設では困難と言われるような病状の患者さんに対しても十分な話し合いのもと積極的に実施されています。

※参照元:大船中央病院放射線治療センター「早期肺がん」

幹部定位放射線治療(ピンポイント放射線治療)の仕組み

一般的な放射線治療は、がん細胞を含めた周囲の細胞にも均一に放射線をあてるようになっています。しかし大船中央病院が考案した方法は、がん細胞周辺にある正常な細胞や臓器にかかる放射線量を一般的な方法に抑えつつも、がんを中心にした治療範囲には非常に高い放射線量をあてることが可能です。

強度変調回転放射線治療・Brachytherapy小線源治療も病状によっては可能

体幹部定位放射線治療(ピンポイント放射線治療)の他にも、大船中央病院ではVMAT強度変調回転放射線治療、Brachytherapy小線源治療の高い技術も持ち合わせています。 VMAT強度変調回転放射線治療は、IMRTという治療の発展型で、治療装置を回転させて照射する範囲や強さをめまぐるしく変化させる照射法です。これにより、短時間で副作用を抑えながら集中的に照射することが可能となりました。 Brachytherapy小線源治療は前立腺癌に対して行われる照射技術の一つで、前立腺内に埋め込んだ線源から集中的に放射線を照射します。

幹部定位放射線治療(ピンポイント放射線治療)が有効とされるがん

幹部定位放射線治療(ピンポイント放射線治療)は副作用の少ない優しい治療ですが、全てのがんに適用されるわけではありません。治療法として幹部定位放射線治療(ピンポイント放射線治療)が適用されるがんは次のとおりです。

早期肺がん

これまでに数多くの臨床試験を行ったところ、高齢者や合併症の患者さんが受けた幹部定位放射線治療(ピンポイント放射線治療)では、手術をしたときと同等の生存率が報告されているのです。治癒部位の治癒率は99%と高い率となっています。

肝臓がん

肝臓がん治療に放射線治療が行われることがありませんでしたが、放射線治療が高度化されたことによって、腫瘍に集中して放射線を照射する治療が可能となりました。肝臓がんにおいての幹部定位放射線治療(ピンポイント放射線治療)は、ラジオ波治療に匹敵するので、ラジオ波が困難な場合にも治療が可能です。治癒部位の治癒率は96%となります(2018/9月現在pubmed検索にて)。

大船中央病院の施術について

大船中央病院の施術についてご紹介いたします。

放射線施術までの流れ

大船中央病院は以下のような流れで放射線治療を行っています。

1.放射線治療外来での診察を受ける

はじめに医師が診察をして、これまでの経過などから今後の治療方針を決定します。診察後には看護師が面談や注意事項などを伝え、安心して治療ができるようにバックアップしてくれます。

2.専用の固定具を作成する

放射線治療中は、毎度同じ体勢いなければなりません。そこで患者さん1人ひとりにあった固定具を作成します。

3.放射線治療計画の立案

医師と物理士が連携して、最善な放射線治療計画を出します。

4.日々の放射線治療

治療は続けて平日毎日行われます。(一日一回、週五回) 治療の時間は患者さんで異なりますが、10分~30分程度となります。また治療は初日のみ予約制となっていますが、それ以外の日の治療は都合のいい時間に受けることが可能です。

予約方法

はじめて受診する場合は、必ず電話での診察予約となります。電話番後は下記の通りです。

  • 電話:0467-45-2111(代)内線:3135

治療費

治療費となる自己負担額は、病状や治療方法などにより異なってきます。放射線治療は基本的に保険診療となるので、高額療養費制度の利用が可能です。

これから紹介する治療費は、あくまでも標準的な放射線治療を行った場合の概算です。

  • 乳がん温存術後(治療回数25~33回):約6万円~21万円
  • 前立腺がんに対する強度変調放射線治療(33~41回):約13万円~47万円
  • 定位放射線治療(6日入院):約5万円~26万円

大船中央病院の基本情報

大船中央病院
診療科目 内科、呼吸器病センター、消火器・IBDセンター、光学診療部(内視鏡)、外科、整形外科、脳神経外科、乳腺センター、皮膚科、泌尿器科、婦人科、女性外来、眼科、耳鼻咽喉科、放射線治療センター、トラベル外来、救急診療科、歯科口腔外科、病理診断科、麻酔科、形成外科
診療時間 月~金8:30~17:00、土8:30~12:00
休診日 日曜日
所在地 神奈川県鎌倉市大船6-2-24
電話番号 0467-45-2111
ベッド数 285床
年間治療患者数 年間平均731人を治療
対応可能な癌治療方法 VMAT強度変調回転放射線治療、SIB、IGRT画像誘導放射線治療、幹部定位放射線治療(ピンポイント放射線治療)、Brachytherapy小線源治療
設備 Halcyon、Clinac iX、ExacTrac、Align RT
URL https://www.ofunachuohp.net/rt/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)