済生会横浜市東部病院

横浜 外科療法 放射線治療 薬物療法

専門スタッフが患者と家族をケアし、患者としてではなく人として接します

済生会横浜市東部病院では、地域の周辺医療と連携して、癌治療に立ち向かう患者ひとりひとりとその家族に寄り添った治療を行います。

診療科目にも依存することなく横断的な連携と体制を整える事で痛みや苦通の少ない質の高い癌治療が実現しています。

更に、癌を患う事で生じる精神的不安や苦痛を取り除く専門スタッフを揃え、常にリラックして癌治療を受けられる環境作りと充実したサービス体制での取り組みを目指しています。

済生会横浜市東部病院 の医師

名医(イメージ)

石田 勝医師

石田勝医師は、日本がん治療認定医機構がん治療認定医の指導責任者でもあり、ロボット(da Vinci S・Si・Xi)手術認定医とプロクター認定医の資格を所持しています。

数多くの前立腺がん手術の経験とそこで培った実績を生かし、済生会横浜市東部病院では手術支援ロボット「ダビンチ」を使った高度な手術を担当し、広い領域の癌治療に携わっています。

済生会横浜市東部病院の特徴

最先端で最善の治療法を提供します

済生会横浜市東部病院のがんセンターでは最先端の技術を取り入れた各種癌治療を行っています。

治療方法は癌の種類によって異なりますが、現時点で最も効果が期待できる最良の治療法を患者と家族に提案し、お互い納得いく治療計画を立てます。

済生会横浜市東部病院のがんセンターで取り入れている主ながん治療法は、開腹手術やロボット手術などの外科療法、最先端技術を取り入れた放射線治療、化学療法を含めた薬物療法があります。

これらの治療法を単独か患者の体力に応じて組み合わせて行なうことにより治癒効果も高まっています。

治療の進め方は、患者の癌のステージや体力によって決定しますが常に患者の体調を見て最善の治療を行います。

済生会横浜市東部病院の治療方法

手術(イメージ)手術
治療

開腹手術と内視鏡下手術支援ロボットによる外科治療

済生会横浜市東部病院のがんセンターでは最新の外科療法を取り入れた手術を行います。

その方法とは、すでに数多くの実績を誇る「開腹手術」と、内視鏡下手術支援ロボット「ダビンチ」を使った方法です。

ダビンチを導入することで、今までは確認することが困難だった神経や細かい血管も捉えられるようになり、視野が広くなって精密な手術が可能になったことで、前立腺がん、腎がん、消化器系がん、婦人科系がんの治療方法の選択肢のひとつになったのは、癌治療する患者にとっても喜ばしいことです。

更に、従来の手術での課題だった術後の出血や痛みなどのリスクも減ったことで退院も早くなり仕事復帰も早めることも可能になりました。

現在は、前立腺がん、腎細胞がんの部分切除、膀胱がん、胃がん、良性子宮疾患に保険適用が可能になったことで、今後は更にダビンチを使った治療実績も高まることでしょう。

自由診療では、子宮体がん、腎盂尿管移行部狭窄症、骨盤臓器脱にも内視鏡下手術支援ロボットの効果が期待できます。

放射線治療(イメージ)放射線
治療

CT装置による事前検査と高精度放射線機器サイバーナイフを使用した治療

済生会横浜市東部病院のがんセンターでは、日本では数少ないCT装置を放射線治療の事前検査に導入しています。

それにより、正確ながんの位置は把握できるようになり、周囲の健康な細胞にダメージを与えることなく放射線を照射することが可能になりました。

サイバーナイフ

放射線照射には高精度放射線機器サイバーナイフを使用すればピンポイントで放射線を適切なだけ照射できるため、一刻を争う脳や頭頸部の治療はもちろん、幅広い部位の種癌治療に用いられています。

特に済生会横浜市東部病院のがんセンターのサイバーナイフは体幹部への照射実績が多く、前立腺がんの治療は国内トップレベルです。

サイバーナイフの特徴として、自動追尾システムが作用することで画像撮影と呼吸状態で患者を確認し、万が一動いても他の臓器に照射することなく標的のがん細胞をだけを集中して追いかけられるため、他の臓器を被爆させることなく目的の臓器だけの治療が可能になります。

放射線治療のメリット

放射線治療による痛みもないため、外来通院でも治療が受けられることで、仕事を休む事も減り、通常の生活をしながら癌治療ができるという画期的な結果をもたらしています。

抗がん剤治療(イメージ)抗がん剤
治療

患者とその家族と向き合った適切なケアを行います

済生会横浜市東部病院の化学療法センターでは、がん性疼痛看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、がん薬物療法認定薬剤師を採用し、癌治療中の患者さんの状態を常にチェックします。

癌の治療は患者本人だけではなく家族にとっても辛いものですが、済生会横浜市東部病院の化学療法センターでは専門家が少しでも痛みや苦痛が和らぐように適切なケアやアドバイスをしてくれるので、闘病に関して不安なことや辛いことがあれば相談に乗ってもらうと良いでしょう。

外来の緩和ケア

最近は、仕事の合間に通院しながら抗がん剤治療を希望する人も増えてきたため、済生会横浜市東部病院でも外来で抗がん剤治療を行う患者のための緩和ケアチームを充実させています。

緩和ケアチームには、がん性疼痛看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、がん薬物療法認定薬剤師の他に、診療科医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、公認心理師、理学療法士が患者が病気と向き合ってがん治療を受けられるよう対応しています。

済生会横浜市東部病院 の基本情報

済生会横浜市東部病院
診療科目 放射線治療科、放射線診断科、ロボット手術センター、患者支援センター、化学療法センター
診療時間 8:00~11:00
休診日 土日祝
所在地 神奈川県横浜市鶴見区下末吉3-6-1
電話番号 045-576-3000(代表)
ベッド数 562床(うち重症心身障害児(者)施設サルビア44床救命救急センター病棟24床、ICU10床、HCU6床、NICU6床、GCU10床、SCU6床)
年間治療患者数 手術件数 約10,000件(うち全身麻酔 約5,000件)
化学療法件数 約6,000件(外来 約5,000件、入院 約1,000件)
放射線治療件数 約5,500件(リニアック治療 約4,000件、サイバーナイフ 約1,500件)
対応可能な治療方法 開腹手術、「ダビンチ」を使ったロボット手術、「サイバーナイフ」を使った放射線治療、抗がん剤治療
設備 手術支援ロボット「ダビンチ」、ロボット型放射線治療装置「サイバーナイフ」、経カテーテル大動脈弁治療術「TAVI」
URL https://www.tobu.saiseikai.or.jp/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)