さいたま赤十字病院

埼玉 放射線治療

県内がん診療の中核を担う
さいたま赤十字病院

さいたま赤十字病院は、埼玉県の「地域がん診療連携拠点病院」に指定されている病院です。

地域がん診療連携拠点病院とは、地域の全域においてがんに対する質の高い医療を提供するとともに、がん診療に関する各診療施設の連携をスムーズに行うための中核となる病院のこと。さいたま赤十字病院では、その責務を果たすため、「診療におけるPDCAサイクル※の構築」「がん相談支援センターの開設」など、幅広い取り組みを行っています。

※PDCAサイクル…計画(PLAN)⇒実行(DO)⇒評価(CHECK)⇒改善(ACT)を繰り返し、プロセスの継続的な改善を図る手法。

さいたま赤十字病院の医師

名医(イメージ)

塚本 信宏さいたま赤十字病院 部長

日本放射線医学会専門医、日本放射線腫瘍学会認定医、がん治療認定医、緩和ケア研修会修了。

さいたま赤十字病院の特徴

副作用の少ないピンポイント放射線治療

従来の放射線治療には「効果が見込める反面、重い副作用が出やすい」というリスクがありました。完治が困難な患者さんの場合には副作用によるQOLの低下を懸念し、治療そのものを断念するケースも珍しくなかったほどです。

しかし、近年では技術の進歩によって、病変を起こしている部位を狙ってピンポイントな照射を行い、副作用を抑えながら痛みや苦痛といった症状を軽減する放射線治療が可能となりました。さいたま赤十字病院では、こうした照射技術を取り入れることでこれまでより副作用の少ない放射線治療を提供しています。

さいたま赤十字病院の治療方法

放射線治療(イメージ)放射線
治療

ピンポイント照射が可能なロボット型放射線治療装置「サイバーナイフ」

サイバーナイフは病変の部位のみを多方向から狙い、放射線(X線)を集中的に照射する治療機器です。搭載された「病変追尾システム」により、呼吸などによる病変部位の動揺も正確に追尾。ピンポイントに大線量を照射することにより、リスクの低減と高い治療効果の両立を実現しています。

病変追尾システム

巡航ミサイルにも使用されている最先端の自動追尾技術により、病変部を精密に把握。6つの関節をもち、放射線発生装置を搭載したロボットアームが細やかに動き、さまざまな方向から照射を行います。

(イメージ) 目標点と実際の照射位置の誤差は、1mm以下と、非常に高精度。病変のない正常な部位への侵襲を抑え、危険の少ない照射を実現しています。

ガンマナイフとの違い

作用や名称の似通っている「ガンマナイフ」との大きな違いには、おもに次のような点が挙げられます。

脳以外への照射が可能

まず、ガンマナイフは頭蓋内の疾患のみを対象とした治療法です。これに対し、サイバーナイフの場合は、肺や肝臓といった頚部より下方にある部位への治療も行うことができます。

フレーム固定が不要

ガンマナイフによる治療では、照射の正確性を確保するため、「フレーム」と呼ばれる金属製の機器を患者さんの頭蓋骨に固定する必要がありました。

しかし、サイバーナイフの場合は、簡易的なプラスチック製のマスクを装着するだけで治療を行うことができます。これにより、患者さんの不安や苦痛を最小限に抑えられるうえ、通院による複数回に分けての治療も可能となりました。

サイバーナイフが有効とされる癌

サイバーナイフは、脳腫瘍や頭頸部癌の治療のほか、肺、肝臓、前立腺などの癌の治療にも有効とされています。

一度治療した後に再発した癌やリンパ節等に転移した癌に対しても適用できるほか、比較的大きな病巣に対してもリスクを抑えた治療が可能です。

脳転移の定位照射では、簡便な固定で済むため、数日に分けての治療が可能。また、全脳照射後の新病変や再増大、頭頚部腫瘍の再発、リンパ節転移にも、サイバーナイフのピンポイント照射は有効です。

サイバーナイフは、肺・肝臓・前立腺などにも照射治療ができます。他の臓器にダメージを与えることなく、狙った腫瘍にピンポイントで照射できるためです。さらに背骨(椎体)や腹部リンパ節転移にも、正確な照射が可能。健康な細胞にも影響を与えざるを得なかった従来の放射線治療に比べると副作用も少なく、照射回数も1〜5回と短期間で完了します。通院で治療可能なことも大きなメリットです。

出典:さいたま赤十字病院 放射線治療科
http://www.saitama-med.jrc.or.jp/department/020housyasenchiryouka/index.html

さいたま赤十字病院の施術について

さいたま赤十字病院の予約の取り方や、大まかな診療の流れについて紹介します。

診療の流れ

2020年現在、さいたま赤十字病院は完全紹介予約制です。初診の際は必ず紹介状が必要となります。

また、院外から放射線治療の依頼を直接行うことはできません。まずは、治療する部位に応じた専門各科を受診しましょう。

1.予約

紹介状を用意のうえ、電話で初診の予約を取ります。なお、初診時に必要な問診票は病院ホームページより印刷し、あらかじめ記入して持参することも可能です。

2.受付・診察

受付表を受け取った後、各科の外来で診察を受けます。

3.治療

各診療科と連携しつつ、放射線治療を開始します。
副作用のリスクを減らしつつ効果を確保するために、さいたま赤十字病院での放射線治療は10~30回程度に分けて行われます。具体的には10~20分の照射を1日1回、2~6週間程度の期間をかけて治療を進めます。

予約方法

さいたま赤十字病院は完全紹介予約制のため、直接外来を訪れての受診はできません。初診の予約を取る際は、必ず主治医からの紹介状を用意しましょう。
また、月曜・火曜の午前中は電話が混み合う可能性があります。予約の際はこの時間帯を避けるとスムーズに受信できるでしょう。

《予約方法》
電話:048-852-1180
予約受付:月~金曜日 9:00~16:00

治療費について

記載なし

さいたま赤十字病院の基本情報

日本赤十字社 さいたま赤十字病院
診療科目 内科・外科・脳神経外科・呼吸器外科・泌尿器科・放射線診断科・放射線治療科など
診療時間 9:00~16:00(予約制)
休診日 土・日曜日・祝祭日・年末年始(12/29~1/3)・創立記念日(5/15)・国民の休日
所在地 埼玉県さいたま市中央区新都心1-5
電話番号 048-852-1111
ベッド数 638床
年間治療患者数 不明
*参考:2018年実績…全照射件数783件、高精度放射線治療315件(内訳:IMRT 75件、頭頚部定位 89件、体幹部定位 187件)
対応可能な治療方法 手術治療、放射線治療(サイバーナイフ等)、化学療法
設備 サイバーナイフ、PET/CT、MRI、がんサロン「ほほえみ」等
URL http://www.saitama-med.jrc.or.jp/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)