埼玉県立がんセンター

埼玉 放射線治療 外科治療 緩和ケア

一般的な癌にはもちろん希少癌にも対応しています

1975年に開院した埼玉県立がんセンターは、ベッド数を増やして積極的に設備を充実させ、優秀な医師やスタッフを集めて埼玉でがん診療を充実させてきました。

2013年に開業した新病院には最新の医療機「PET-CT」を導入し、精密な検査が可能になったことで最先端のがん治療が実現可能になりました。

がんにも色々な種類があり、一般病院で治療が可能なものや、医師の知識と技術を求められる希少がんがありますが、埼玉県立がんセンターはあらゆる癌を専門とした医院なので、他院では治療が難しいとされた癌にも積極的に取り組んでいます。

埼玉県立がんセンターは、今後も埼玉県内の癌治療を行う医療機関と連携し、更に徹底したがん診療を患者に提供できるよう努めているので、セカンドオピニオンとして利用したい病院です。

埼玉県立がんセンターの医師

名医(イメージ)

坂本 裕彦埼玉県立がんセンター 病院長

がん診療を専門とする埼玉県立がんセンターは、5大癌と言われる胃がん、大腸がん、乳がん、肝がん、肺がんの他にも、対応が難しい舌がん、頭頸部がん、肉腫などの希少がん治療も行い、治療難民を減らすことを目的としています。

埼玉県立がんセンターでは、常に高レベルの技術を習得し、最新の医療機器を取り入れて患者にとって最も効果のある治療を行います。

病院長の坂本裕彦医師は、病気を診るのではなく常に患者とその家族へのケアを第一に考えた治療をすることをスローガンにしており、全ての患者が納得し「埼玉県立がんセンターにして良かった」と満足できる病院作りに努めています。

埼玉県立がんセンター の特徴

あらゆる癌治療を可能にする最新機器と医師の技術

埼玉県立がんセンターでは、「アキュナイフ」を使った治療をはじめ、高い技術を必要とする数種類の放射線治療、開腹手術や「ダ・ヴィンチ」を使用したロボット手術などの外科治療、癌による痛みや苦痛を軽減する緩和ケアがあります。

他にも、乳がんで乳房を失った方のための乳腺外科があります。

埼玉県立がんセンターで行う主な治療について詳しく説明していきましょう。

埼玉県立がんセンターの治療方法

放射線治療(イメージ)放射線
治療

埼玉県立がんセンターで行われる4種類の放射線治療方法

埼玉県立がんセンターでは、アキュナイフ、IMRT、小線源療法、内照射療法の4種類の放射線治療方法があります。

定位照射法「アキュナイフ」

多方向から放射線を当てる方法で、小さめの病巣に使用されます。

病巣に対して集中的に放射線を照射できるので他の臓器痛めることなく癌治療ができます。

主に脳の腫瘍と肺の腫瘍に用いられ、副作用も軽く効果も期待できます。

IMRT(強度変調放射線治療)

コンピューターソフトを使って放射線の範囲をより自由に設定できる治療法です。

放射線の量を調整できるため、必要に応じて必要な病巣部への放射線の照射量を増やしつつ副作用も軽減できるのが特徴です。

主に前立腺癌や頭頸部腫瘍に用いられ効果を発揮しています。

小線源療法

放射線が放出する針を病巣部分に直接挿入する方法です。

病巣部への放射線の量を多くしても周囲の健康な臓器への放射線量が軽減されますが、身体が動かないようにするため全身麻酔や局所麻酔が必要になってきます。

主に、子宮頸がん、膣がん、舌がん、前立腺がん、気管支肺癌に使用されます。

内照射療法

甲状腺癌の転移巣に用いられる飲み薬で、体の中から病巣部への放射線治療を行います。

甲状腺癌には高い効果が期待でき、何回でも治療できるのが特徴です。

放射線治療対象の癌

放射線治療で高い効果が期待できる癌は、主に以下のものです。

  • 頭頸部がん
  • 前立腺がん
  • 乳がん
  • 肺がん
  • 食道がん
  • 子宮がん
  • 血液腫瘍
  • 脳腫瘍
  • 消化器の腫瘍
  • 骨、軟部腫瘍

(イメージ)手術
治療

低侵襲手術センターの「手術支援ロボット(ダ・ヴィンチ)」

手術は体に傷をつけて腫瘍を取り除くのでそれなりの負担を身体にかけますが、がん治療には欠かせない方法です。

最近では小さな癌細胞に対しては内視鏡下を使用するのは一般的になり、内視鏡下の手術なら小さな傷で済み、開腹手術と比べると体への負担も少なく回復も早くなりました。

埼玉県立がんセンターでは低侵襲手術センターをつくり、手術支援ロボット(ダ・ヴィンチなど)取り入れたことでより精密な手術が可能になりました。

2018年度から、ダ・ヴィンチによる手術も保険適用になったため、受診対象者も増えることで更に癌の治療効果が期待できます。

ダ・ヴィンチが効果的な癌

  • 前立腺がん
  • 腎がん
  • 膀胱がん
  • 子宮がん
  • 良性子宮腫瘍
  • 肺がん
  • 縦隔腫瘍

放射線治療(イメージ)緩和ケア
治療

埼玉県立がんセンターの2つの緩和ケア

埼玉県立がんセンターの緩和ケアには、「緩和ケアチーム」と「緩和ケア病棟」があります。

緩和ケアチームでは、入院中患者と通院中患者を対象に癌による痛みや苦痛を和らげる治療を行います。

入院をしないので、患者は日常の生活が送れて仕事もできるなどのメリットがあります。

緩和ケア病棟は日本緩和医療学会の認定研修施設で、癌の治療が困難と診断された患者が穏やかに過ごすための施設です。

ここでは身体だけではなく、患者本人や家族の精神的な苦痛の緩和を目的とし、スタッフ一同が誠心誠意ケアをします。

放射線治療(イメージ)乳がん外科
治療

乳房再建術、補助療法を実施

埼玉県立がんセンターの乳腺外科では、乳がんで乳房を失った方のための乳房再建術を実施しています。

乳腺腫瘍内科では、乳腺外科と連携して乳がん手術前後の補助療法も行っています。

埼玉県立がんセンターの基本情報

埼玉県立がんセンター
診療科目 放射線技術部、緩和ケア科、セカンドオピニオン外来、無菌治療病棟、がん遺伝子カウンセリング外来
診療時間 8:30~17:00
休診日 土日祝日・年末年始
所在地 埼玉県北足立郡伊奈町大字小室780
電話番号 048-722-3333(予約)
ベッド数 503床(うち療養病床0床、一般病床503床、特別療養環境室としている病床95床)
年間治療患者数 食道癌50例、胃癌200例、大腸癌300例、肝臓癌100例、膵臓癌50例、肺がん400~500例、乳がん500例
緩和ケア400~500人
白血病約100人、悪性リンパ腫約300人、多発性骨髄腫約40人
治療実績のある希少癌:皮膚悪性腫瘍、脳腫瘍、舌悪性腫瘍、咽頭悪性腫瘍、喉頭悪性腫瘍、肺悪性腫瘍、胆道悪性腫瘍、腎悪性腫瘍、前立腺悪性腫瘍、甲状腺腫瘍、副腎悪性腫瘍
対応可能な治療方法 手術による治療、抗がん剤による治療、放射線による治療、粒子線による治療
設備 放射線治療装置:外照射装置3台、小線源治療装置1台、脳定位照射装置1台、治療計画装置9台、前立腺用小線源治療装置(125Iシード用)1台
URL https://www.pref.saitama.lg.jp/saitama-cc/index.html
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)