高崎総合医療センター

群馬 放射線治療

地域がん診療連携拠点病院として、地域医療をリードする基幹病院、
高崎総合医療センター

地域がん診療連携拠点病院のほか、地域災害拠点病院・地域医療支援病院として地域医療をリードしている高崎総合医療センター。高度急性期医療を市民に提供することを使命と考えています。

2019年に増改築工事によって全11室の手術室を稼働するほか、救急車の受け入れ台数は年間6,000件以上、紹介患者さんも年間14,000人を超え、今後も地域全体の医療を担うべく、幅広い疾患を受け入れる基幹病院の役割が期待されている医療機関です。

高崎総合医療センターのがん治療の医師

名医(イメージ)

北本 佳住放射線治療センター長

専門分野は放射線腫瘍学(癌の放射線治療)。

群馬大学放射線医学教室出身。日本医学放射線学会専門医、日本放射線腫瘍学会認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医認定医、臨床研修指導医。

診療ポリシーは「早期癌から緩和医療まで放射線の利点を最大限に活かして癌を患う方のサポートをする」。

名医(イメージ)

永島 潤放射線治療科部長

専門分野は放射線腫瘍学(癌の放射線治療)。

群馬大学腫瘍放射線学教室出身。日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会に所属。放射線治療専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、臨床放射線指導医。

診療ポリシーは「患者さん中心のがん治療」。

高崎総合医療センターのがん治療の特徴

高崎総合医療センターでは幅広い診療科に対応しており、治療を手がけている癌も非常に多岐にわたります。

消化器病センターでは内科医、外科医、放射線診断・治療医などが連携し、高度な専門性と安全性を両立させ食道から直腸までの消化管や肝臓、膵臓、胆道の癌に対応します。

治療は術後の早期回復を目指し、ガイドラインに準じた腹腔鏡下手術を積極的に実施して身体への負担軽減を心がけています。また、手術前から栄養療法やリハビリテーションなども行ないます。退院後も患者さんが安心して療養できるよう、がん診療連携パスを活用して地域の医師とも緊密な連携を取っています。

がん診療連携パスとは、がん診療連携拠点病院と地域医療機関との間で治療計画を共有し、癌患者さんに対する一連の診療の流れを体系化したものです。

呼吸器外科でも消化器病センターと同様に身体への負担が少ない手術を行なっています。早期の肺癌であれば基本的に胸腔鏡を用いた手術が可能で、従来の肋骨を大きく開ける手術よりも出血が少なく、肺の機能を温存でき痛みも少なく済むため早期の社会復帰が可能です。肺機能の温存という意味では、これまで行われていた肺葉切除よりも小さい範囲の区域切除手術にも積極的に取り組んでいます。

一方では進行性の肺癌に対する拡大手術も実施。気管支形成や血管形成、胸壁切除再建といった高度な技術を駆使して肺癌の根治を目指します。呼吸器内科や放射線科と連携した手術前の化学療法+放射線療法もそのひとつで、身体負担の軽減だけではなく、集学的治療で安全性と確実性の高い根治手術を目標とすることも重要視しています。

高崎総合医療センターのがん治療実績

高崎総合医療センターの公式ホームページによると、2019年は胃癌に対して62件、大腸癌に対して148件の手術実績が公表されています。

放射線治療は、2015年から2018年にかけて毎年300~400件以上の癌患者さんに対してっ辞されています。

高崎総合医療センターのがん治療方法

放射線治療(イメージ)放射線
治療

患者さん一人ひとりに合った放射線治療を選択

高崎総合医療センターでは、放射線治療の適応可否を各診療科とのカンファレンスで決定します。それが根治治療であっても症状を緩和する治療であっても、基本的にガイドラインや標準治療に則った方法で実施し、可能な限り患者さんの負担が少ない放射線治療を心がけています。もともとの癌が同じでも患者さんの状態によって治療方法を変える必要があり、超高齢化社会を迎えた現在では患者さん一人ひとりに合った治療法を選択することになります。

放射線治療は通院が中心で、強度変調放射線治療をはじめ定位放射線治療や画像誘導放射線治療など、精度の高い放射線治療に取り組んでいます。導入している設備としては2台の高エネルギー放射線治療装置のほか、密封小線源治療装置や複数の治療計画装置を完備。将来的には放射線治療を軸とした総合的な癌患者さんのケアを行なうことが目標です。

高崎総合医療センターの施術について

高崎総合医療センターの施術について紹介します。

放射線施術までの流れ

高崎総合医療センターは、以下のような流れで放射線治療を行なっています。

1.初診

問診や診察の上、画像診断や病理診断のデータと併せて放射線治療の適応について検討します。放射線治療が適切だと判断された場合は、次いで治療スケジュールを決定していきます。

緊急の場合は別として、初診の時点ですぐに放射線治療が開始されることはありません。初診の後に今後の流れを看護師が説明してくれるので、その際に不明な点などを質問することもできます。

2.治療の準備

治療部位や治療方法を確定するためにCT撮影などの検査を行ないます。

そのデータをもとに、コンピューター解析で具体的な治療方法を決定します。通常は数日で治療方法が決まりますが、治療が複雑な場合は1~2週間を要する場合もあります。

3.治療

治療期間は患者さんの状態によってさまざまですが、一般的に数日から2カ月程度の期間となります。また、通院治療が可能な場合と入院が必要な場合に分かれます。

治療内容や効果、副作用などは治療開始前に十分な説明を受けることができますが、治療中も医師の診察や看護師との面談があるので、不安なことがあれば何でも相談することが可能です。

4.経過観察

放射線治療の終了後も、無理のない範囲で定期的な受診が推奨されます。治療が終わること自体が不安を呼ぶこともありますので、定期的な診察を受けて医師とコミュニケーションを取りましょう。

高崎総合医療センターの基本情報

高崎総合医療センター
診療科目 総合診療科・内科・神経内科・呼吸器内科・消化器内科・心臓血管内科(循環器)・小児科・精神科・消化器外科・乳腺、内分泌外科・呼吸器外科・心臓血管外科・脳神経外科・整形外科・形成外科・産婦人科・泌尿器科・皮膚科・眼科・眼形成眼窩外科・耳鼻咽喉科・歯科口腔外科・放射線診断科・放射線治療科・救急科
診療時間 8:30~11:00
休診日 土曜・日曜・祝日・年末年始
所在地 群馬県高崎市高松町36
電話番号 027-322-5901
ベッド数 485床
年間治療患者数 ※参考:手術件数(2019年)
胃癌:62件
大腸癌:148件
放射線治療患者数(2018年)369名
対応可能な治療方法 手術療法、放射線治療、化学療法など
設備 定位・IMRT対応高精度放射線治療装置、MRI、ガンマーカメラ、心血管連続撮影装置、低被曝マルチスライスCT撮影装置、乳房X線撮影装置、電子内視鏡装置、内視鏡外科手術システムなど
URL https://takasaki.hosp.go.jp/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)