東京都立多摩総合医療センター

東京 放射線治療 化学療法 外科治療 緩和ケア

他の科と連携して癌治療を実施

地域がん診療連携拠点病院として認定されている、東京都立多摩総合医療センター。総合病院であることを強みにして、多方面の科とも連携した治療を行っています。先進医療などを駆使して、どのようながんにも対応していますよ。

東京都立多摩総合医療センターの医師

輿石 剛 診療放射線科部長

長崎大学卒業後、長崎大学放射線医学教室に入局。放射線診断学一般を専門分野としている。日本医学放射線学会放射線診断専門医・指導医、日本乳がん学会乳腺認定医、検診マンモグラフィ読影認定医(AS)、乳がん検診超音波検査実施・判定医師(A)、PET核医学認定医、臨床研修指導医の資格などを持つ。

東京都立多摩総合医療センターの特徴

厚生労働省に定められた、「地域がん診療連携拠点病院」の一つです。他の科と連携した体制整備を図ることはもちろん、高度ながん医療の提供などを行っています。その他にも地域がん診療連携拠点病院は、がん患者の相談支援や情報提供することも役割となります。

この定めには、5大がんの他に複数のがん(子宮がん、血液腫瘍など)についても集学的治療の実施がされているなどの要件を満たした病院を、東京都が国に推薦しているので高い診療機能がある病院といえます。

また東京都立多摩総合医療センターは総合病院であるため、5大がんを含め稀少がんについても治療件数の多い病院です。合併症の患者さんには他科と連携して治療を行います。「患者中心のあたたかい医療提供」を理念としていので、患者さんご本人や、そのご家族の不安や疑問などについても、がん相談支援センターや緩和ケアチームなどのいくつものチーム医療スタッフの協力のもとで総合的にがん治療のサポートをしているのが特徴です。

東京都立多摩総合医療センターの治療方法

放射線
治療

地域がん診療連携拠点病院としての
役割が備わっている

「地域がん診療連携拠点病院」として認定されるためには、さまざまな要件があります。東京都立多摩総合医療センターでは、その要件に満たし、以下のような機能と役割を持っています。

  • 高度ながん医療や緩和ケアの提供、セカンドオピニオンの実施
  • 相談支援センターの設置、がん医療従事者に対する研修や院内がん登録の実施
  • 都道府県がん診療連携拠点病院は都道府県のがん治療の質の向上及びがん治療の連携協力体制の構築に関し中心的な役割を担い、また、地域がん診療連携拠点病院は二次保健医療圏における中心的な役割を担います。

出典:東京都立多摩総合医療センター がん診療連携拠点病院
https://www.fuchu-hp.fuchu.tokyo.jp/about/cancer_hospital/

総合医療センターという強みを生かし、連携した診療

東京都立多摩総合医療センターでは、がんの治療法として集約的治療を行っています。がんの標準治療には手術・放射線・薬物治療がありますが、これらを単独ではなく、がん患者さんの進行具合や種類に応じて組み合わせて治療を行うことを「集約的治療」と言います。

東京都立多摩総合医療センターでも、手術・放射線治療・化学療法・緩和ケアの4つの療法で構成された集約的治療が用意されています。

外科治療

各診療科によって手術療法の提供は異なります。

放射線治療

放射線科が365日24時間体制で、緊急時にも対応できるようにしています。放射線治療では、放射線科医のもと綿密な治療計画が作成されて実施します。現在導入されている装置は、リニアック装置2台、位置決め用CT装置2台、位置決め用X線透視装置1台、密封小線源装置1台、治療計画装置です。

化学療法

科学治療の提供は外来化学治療センターが行います。がん治療は危険がともなうため、薬剤の種類や量などがすべてコンピューターで管理しています。治療中は音楽や絵を楽しむなどリラックスしながら行えます。

緩和ケア

「がん」と診断されてから、患者さん本人やご家族の不安・心配するこころのケア、症状が現れてくる身体にたいするつらさを少しでも和らげ、これまでと同じような生活が維持向上できるようにサポートします。

また、セカンドオピニオンやキャンサーボードも設置することで、患者さんがより治療の選択の幅を広げられ、快適に治療に取り組めるのではないでしょうか。ちなみにキャンサーボードとは、診療科や職種を超えて、協働で患者さんの治療の方向性について包括的に話し合う場のことです。

東京都立多摩総合医療センターの施術について

東京都立多摩総合医療センターの施術の流れについては、公式HPに記載されておりませんでした。

予約方法

東京都立多摩総合医療センターでは紹介予約制を原則としています。初めて受診をする人は、かかりつけの医療機関の紹介状と事前の電話予約が必要となるので注意してください。

紹介状が無い場合には、治療費の他に特定病院非紹介患者者初診加算料がかかります。

初めて受診予約する場合

東京都立多摩総合医療センターを初めて受診する、もしくは初めて受診する科がある、前回受診から3か月以上経過している人などを対象としています。受診の際には必ずかかりつけ医からの紹介状が必要です。

  • 電話予約:042-323-9200
  • 予約受付:9:00~17:00/月~土曜日

※ただし、受診日の前日15時までの受付。当日の予約は不可

再診(診察)予約、変更、取り消しをしたい場合

前回の診察時に予約をされなかった人や予約日を変更した人は、電話のときに登録番号と名前を伝えてください。

  • 電話予約:042-323-9200
  • 予約受付:月~土曜日9:00~17:00

※ただし、受診日の前日15時までの受付。当日の予約は不可

※※重度心身障害者歯科受診の人は、直接、歯科口腔外科に電話して下さい。(電話:042-323-5111)

治療費について

東京都立多摩総合医療センターの治療費については、公式HPに記載されておりませんでした。

東京都立多摩総合医療センターの基本情報

東京都立多摩総合医療センター
診療科目 総合内科、腎臓内科、消化器内科、内視鏡科、内分泌代謝内科、感染症科、緩和ケア科、血液内科、脳神経内科、神経・脳血管内科、呼吸器・腫瘍内科、循環内科、精神神経科、外科、乳腺外科、呼吸器外科(胸部外科)、心臓血管外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、リウマチ膠原病科、リハビリテーション科、診療放射線科、歯科口腔外科、麻酔科、病理・検査科、女性専用外来、救急・総合診療センター、救命救急センター、臨床研修科、専門研修医
診療時間 公式HPに記載無し
休診日 公式HPに記載無し
所在地 東京都府中市武蔵台2-8-29
電話番号 042-323-5111(代表)
042-323-9200(予約センター)
ベッド数 789床
年間治療患者数 大腸がん手術290件、胃がん手術166件、乳がん手術365件(すべて平成26年度実績)
対応可能な癌治療方法 手術・放射線治療・化学療法・緩和ケア
設備 リニアック装置2台、位置決め用CT装置2台、位置決め用X線透視装置1台、密封小線源治療装置1台、治療計画装置
URL https://www.fuchu-hp.fuchu.tokyo.jp/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)