癌転移の治療ガイド » 転移した癌の治療の名医がいるおすすめ病院 » 脳転移でもあきらめない、東京脳神経センター病院の癌治療

東京脳神経センター(福島孝徳脳神経センター)

東京 手術治療

世界的名医が在籍!東京脳神経センター

急性期から回復期、在宅・施設まで一貫した地域医療介護を提供している社会医療法人森山医会。東京センター脳神経センターは、回復期部門を担っています。

中でも複雑で困難な脳腫瘍手術に対応できる福島孝徳脳神経センターは、全国から診療・治療を受けに来るほど人気。高い技術を持った医師から、最高の治療をしてもらえる環境が整っています。

東京ベイ先端医療・幕張クリニック の名医

名医(イメージ)

福島 孝徳京脳神経センター病院福島孝徳脳神経センター 最高顧問

1968年に東京大学医学部を卒業し、同大学医学部付属病院の脳神経外科臨床・研究委員に。1年目で世界初となる脳内視鏡「手術用ファイバーエンドスコープ」を開発し、世界から注目を浴びる。

その後はドイツやアメリカで脳神経外科医として腕を磨き1979年に東京大学医学部付属病院脳神経外科助手、1980年に三井記念病院脳神経外科部長を務め、頭蓋底の鍵穴手術法を確立。

1989年から2年間、ロサンゼルスUCLA脳神経外科で頭蓋底手術プログラムを開設し、1991年に南カリフォルニア大学医療センター脳神経外科教授に就任。さまざまな病院で教授や所長を歴任し、セミナーなどを開催。

2016年から福島孝徳脳神経センターを東京脳神経センターへと移転。国内の拠点として、各地の病院で活動をおこなっている。

脳神経外科手術24,000例以上、脳神経外科頭蓋底手術16,000例以上、聴神経腫瘍手術2,200例、頭蓋底脳腫瘍手術10,000例以上、髄膜種1,527例、下垂体手術2,700例、頭蓋底血管障害手術842例など、その他多数の実績あり。

東京脳神経センター病院(福島孝徳脳神経センター)の特徴

最高の医療が受けられる環境が整っている

森山医会東京脳神経センター病院は、慢性期脳神経疾患や回復期リハビリを中心とした病院です。東京脳神経センター病院の特徴は、日本トップクラスの脳神経外科医が在籍していること。センターは、「福島孝徳脳神経センター」「脳動脈瘤手術センター」「国際てんかん治療センター」「脳下垂体・神経血管減圧センター」の4つに分けられており、最高の医療を提供できる環境が整っているのが魅力です。

その中でも注目されているのが、福島孝徳脳神経センター。最高顧問を務める福島医師は、脳腫瘍から多くの人を救ってきた日本を代表するスーパードクターです。これまで行なった脳神経外科手術症例は24,000例以上、脳神経外科頭蓋底手術は16,000例以上にも及びます。福島医師は国内外で治療を行なっているため、毎日福島孝徳脳神経センターに在籍しているわけではありません。そのため、日本での外来受診は福島医師が認める高い技術を持つ、根本医師が対応。外来で画像や症状を詳しく確認し、治療のスケジュールを立ててくれます。

東京脳神経センター病院(福島孝徳脳神経センター)

手術療法(イメージ)手術療法

世界的に有名な鍵穴手術

東京脳神経センター病院(福島孝徳脳神経センター)で行なわれるのが、福島式鍵穴手術です。福島医師が考案した治療法で、開頭の範囲を最小限にとどめ、身体的な負担とリスクを抑えることができます。また、手術が困難とされる複雑な箇所の脳腫瘍手術が可能です。

東京脳神経センター病院(福島孝徳脳神経センター)の特徴の基本情報

東京脳神経センター病院
診療科目 脳神経外科、内科、糖尿病・内分泌科、循環器内科、腎臓内科、消化器内科、泌尿器科
診療時間 9:00~午前診察受付分終了まで
休診日 午後・日曜・祝日・年末年始
所在地 東京都江戸川区西葛西7-12-7
ベッド数 総病床数 149床
年間治療患者数 不明
対応可能な治療方法 手術療法
設備 SIGNA Infinity Excite Echo Speed Plus 1.5
URL http://mr.moriyamaikai.or.jp/
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)