東京ベイ先端医療・幕張クリニック

千葉 放射線治療

高精度ながん診断で早期治療!
東京ベイ先端医療・幕張クリニック

東京ベイ先端医療・幕張クリニックは、放射線によるがん治療を専門とするクリニック。PET-CTという検査方法を使い、がんを早期に発見して治療できるのが特徴です。

(サイトイメージ) 公式サイト

東京ベイ先端医療・幕張クリニック の名医

名医(イメージ)

幡野 和夫東京ベイ先端医療・幕張クリニック 院長

日本大学医学部卒業。国立病院医療センター、千葉大学医学部放射線医学教室助手、ペンシルバニア・ハーネマン医科大学 放射線腫瘍学・核医学フェロー、千葉大学医学部放射線医学教室 講師、千葉県がんセンター 放射線治療部部長などを歴任。

日本医学放射線学会 放射線治療専門医、日本がん治療認定機構 暫定教育医、日本核医学学会 PET核医学認定医。

東京ベイ先端医療・幕張クリニック の特徴

放射線治療でできるだけ早く治す

このクリニックの院長を務める幡野医師は、実は日本ではじめて強度変調放射線治療を開始したという実績があります。これまでに1000件以上の症例を扱い、精度の高い放射線治療を提供しています。

放射線治療が優れているのは、からだにメスを入れずに治療ができること。切らずにがんを治療し、正常な組織への影響を最小限に抑えることを治療目標としています。

早期発見・早期治療ががん治療の目指すところですが、放射線治療は転移したがんにも強いため、東京ベイ先端医療・幕張クリニックは転移したがんの治療にも対応可能だと考えられます。

東京ベイ先端医療・幕張クリニックの治療方法

放射線治療(イメージ)放射線
治療

PETとCTの同時検査で癌細胞を見つけ出す!

東京ベイ先端医療・幕張クリニックの設備の中でも特徴的なのが、PET-CTという検査機器。PET検査とCT検査を同時に行うことができます。

PET検査とは、特定の栄養成分ががん細胞に集まりやすい性質を活かして癌細胞を見つけ出す検査方法。検査薬が集まった場所を画像化することで、癌の位置や性質を判断することができます。

こういった検査方法を用いることで、全身に転移したがんが見つけやすくなります。この点でも、東京ベイ先端医療・幕張クリニックは転移がんに強いと考えられます。

東京ベイ先端医療・幕張クリニック の基本情報

東京ベイ先端医療・幕張クリニック
診療科目 内科 腫瘍放射線科
診療時間 8:30~17:30
休診日 なし
所在地 千葉県千葉市美浜区豊砂1-17
URL http://www.aoikai.jp/tokyobay/
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。