結城病院

茨城 外科治療

常に患者さんのための医療を

高齢化社会への対策が国家の急務となっている昨今、地域社会において高齢者をどう支援していくか、その体制づくりに貢献してきた結城病院。「常に患者さんのための医療」という原点に立ち、急速に進む医療の高度化・情報化の中で適切な診断と最善の治療を目指し、救急医療にも積極的に取り組んでいます。

同院は急性期医療だけではなくリハビリテーション医療にも力を入れ、早期かつ集中的なリハビリテーションを提供。脳卒中や整形外科疾患、内科・呼吸器疾患など、急性期からのリハビリテーションを実施することで、早期の回復を目指しています。

結城病院のがん治療の医師

名医(イメージ)

大木準院長

弘前大学医学部卒業。 専門は消化器外科、内視鏡外科、乳腺甲状腺外科。腹腔鏡手術の開発に携わり、ミラノ大附属病院で指導にあたった経験を持つ。

結城病院のがん治療の特徴

結城病院の外科は、消化器や脾臓、腹膜、腹壁に発生した手術を必要とする疾患を治療対象としています。大まかには、腹部臓器に食道を加えた領域となります。 具体的にはがんなどの悪性腫瘍をはじめ、良性腫瘍や潰瘍、胆石、気胸、炎症性腸疾患、感染症、腸閉塞、ヘルニアなどが主となり、疾患によっては早期に腹腔鏡下手術を実施します。腹腔鏡下手術はいくつかの小さな傷で済むため、手術の跡が目立たず痛みが少ないなど、身体的な負担が軽減される点でメリットの多い手術です。食生活や生活習慣の欧米化に伴って近年増加しているがんなどの疾患に対応するため、今や欠かせない手術方法となっています。

同院には日本外科学会や日本消化器学会、日本食道科学会の専門医や消化器がん外科治療認定医などが在籍しており、高度で専門的ながん治療が可能です。 また、無痛内視鏡検査に力を入れており、患者さんが少しでも楽に、そして安心して内視鏡検査を受けられるよう嘔吐反射が少ない鼻から挿入する内視鏡カメラを導入しています。患者さんの希望によっては鎮静剤を使用し、苦痛を軽減することも可能です。

大腸を検査する場合は肛門から挿入する内視鏡を使用します。長いファイバースコープで直腸から結腸、大腸の入り口まで全域を観察することが可能です。大腸はくねくねと曲がっているので挿入方法は少し複雑ですが、小腸の手前まで検査できます。さらに、大腸内視鏡によって異常が疑われる組織の採取やポリープ切除などの処置も行ないます。 場合によっては肛門鏡や直腸鏡を使用することもあります。これらは筒状の硬性鏡で検査範囲が限られますが、肛門に直接挿入することで中を検査し、肛門周囲やS状結腸の手前まで検査できます。

日本では食生活の変化によって大腸がんが増加しており、大腸内視鏡検査のニーズも高まっています。特に便潜血検査で陽性とされた場合の二次検査は注腸バリウム検査に代わって大腸内鏡検査が選択されるようになってきました。

結城病院のがん治療実績

公式HPに記載がありませんでした。

結城病院のがん治療方法

放射線治療(イメージ)放射線
治療

抗がん剤治療(イメージ)抗がん剤
治療

手術(イメージ)手術

結城病院の外科的治療

ここでは結城病院の胃がんに対する外科的治療を紹介します。

まずは同院が得意とする内視鏡的手術ですが、前述の内視鏡を用いてがんを切除する方法があります。がんの浸潤の程度によって切除の方法が変わりますが、ポリペクトミーや内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)などの術式があります。 胃局所切除術は、がんが発生した胃の一部をくり抜くように切除する手術です。

胃部分切除術は胃を大きく切除する手術で、切除する部位によって分類されます。食道側の胃を切除する場合は噴門側切除、胃の体部を切除する場合は分節切除、十二指腸側の胃を切除する場合を幽門側切除とそれぞれ呼びます。がんが発生した部位や進行の程度によって術式が選択されることになります。

がんの手術でもっとも大きな手術は、胃をすべて取り除く胃全摘術です。食道と小腸をつなぎ、その間に胃の代わりになる袋状の部分をつくる手術です。がんを切除した後はそれぞれの断端をつなぎますが、その手術法はさまざまです。そしてこの手術には、腹部を大きく切開する開腹手術と、腹部に数カ所の穴を開けて管を通し、そこに特殊な器械を挿入して行なう腹腔鏡下手術があります。腹腔鏡下手術のほうが傷は小さいため見た目には優れていますが、手術時間も長く難易度が高い手術になります。どちらを選択するかはがん病巣の様子や患者さんの全身状態に応じて決まります。

外科的治療のほかには、化学療法や免疫療法が検討されます。化学療法は一定の投与量や間隔で複数の抗がん剤を組み合わせて使用することが多く、点滴や経口薬で投与されます。免疫療法はその名の通り、人間が本来持っている免疫の力を利用した治療法です。細菌やウイルス、そしてがん細胞のような異物を排除する仕組みが免疫ですが、がんによって免疫力が低下したり、がんが免疫の攻撃から逃れる力を持ってしまったりするとこの仕組みが働かなくなります。そこで、低下した免疫力を再び高めたり、がんを免疫から逃がさないようにする薬剤を使用したりしてがん細胞を退治する治療が免疫療法です。しかし、免疫療法はまだまだ研究の余地がある治療法だと考えられています。

結城病院の施術について

結城病院の施術についての施術についてご紹介いたします。

施術までの流れ

結城病院では、以下のような流れで検査・診断・治療を行っています。

1.診察

放射線治療を受けるにあたり、まずは内視鏡検査・CT検査・MRI・腫瘍マーカーなどの検査・診断が行われます。

2.療部位の位置確認・照合

腫瘍のある部位を特定していきます。

5.治療

治療部位や腫瘍の状況に合わせて、放射線治療・外科的治療・化学療法を組み合わせて治療を行っていきます。

結城病院の基本情報

水戸赤十字病院
診療科目 内科、外科、整形外科、小児科、麻酔科、脳外科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、リハビリテーション科、人間ドック
診療時間 9:00~12:00、13:30~17:00、18:00~20:00
休診日 土曜午後、日曜、祝日、年末年始
所在地 茨城県結城市結城9629番地の1
電話番号 0296-33-4161
ベッド数 194床
年間治療患者数 公式HPに記載がありませんでした。
対応可能な治療方法 手術療法、化学療法 設備:MRI、CT、経鼻胃内視鏡、経口胃内視鏡、大腸内視鏡、超音波検査装置
設備 MRI、CT、経鼻胃内視鏡、経口胃内視鏡、大腸内視鏡、超音波検査装置など
URL http://www.yuki.or.jp/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。
「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)