抗がん剤治療

がんの治療法の重要な役割を果たしている、抗がん剤治療。具体的にどのような治療を行うのか、またどんな種類のものがあるのか、まとめてみました。

抗がん剤治療ってどんなもの?

癌は、腫瘍を手術で取り除くだけでは治しきれないことが非常に多い病気。外科手術や放射線治療と組み合わせ、治療効果を高めるために使われるのが「抗がん剤」です。

かつては、手術の補助的な役割を果たしていた抗がん剤治療。現在では使い方の向上や新薬の登場により、目覚ましく進歩を遂げている治療法です。効果が高まっただけでなく、副作用を抑えたり、上手に癌と付き合っていくための効果を生み出したりしています。

ここでは、抗がん剤治療の概要や、その治療法の種類について解説していきたいと思います。

抗がん剤治療とは

抗がん剤は、血液に乗って全身へ流れた成分ががん細胞を攻撃することで効果が出る薬剤です。点滴や注射、あるいは飲み薬の形で体内に入ります。全身へと成分が行き届くので、がん細胞のある部位を局所的に攻撃するのではなく、全身に対してその効果があると考える必要があります。

抗がん剤には副作用がある

抗がん剤は、がん細胞を攻撃するだけでなく、正常な細胞をも攻撃してしまう性質があります。白血球が攻撃されれば抵抗力は落ちますし、毛根細胞が攻撃されれば脱毛が増えます。よく言われる吐き気や嘔吐という作用は、胃や食道の粘膜が傷つくことで起こります。

しかし理解しておくべきなのは、「抗がん剤の副作用はコントロールできる」ということ。以前のように、副作用に悩まされながらがんと闘うようなイメージは、いまは現実的ではありません。副作用を抑える薬が開発されていることもあるので、極端に心配する必要はありません。

しかも、抗がん剤は複数の種類を組み合わせて使います。そのため、ひとつの抗がん剤の副作用が強く出過ぎるようなケースは少ないのです。

抗がん剤は何のために使われる?

コントロールができるとはいえ、副作用のある抗がん剤をなぜ治療に使うのでしょうか。

まず、手術による治療ができない場合は、抗がん剤の効果に期待することになります。手術では切除できない、目に見えないような小さな癌細胞を攻撃することができ、また転移した全身のがんを攻撃できるというメリットがあります。

術前・術後化学療法

また、手術や放射線治療の前後に抗がん剤が使われることがあります。

治療の前に抗がん剤を使うことで、がんを小さくし、メインの治療の負担をできるだけ小さくすることができます。快方にも向かいやすくなります。また、治療後の抗がん剤の投与は、取り残しを防ぎ、再発や転移を予防するために使われます。

抗がん剤には日本で認可されたものだけでも100種類以上あり、がんの状態に合わせて組み合わせを考慮しながら投与できるのです。

抗がん剤の種類

抗がん剤には、大きくわけて2つの種類があります。ひとつは細胞阻害性抗がん剤、もうひとつは分子標的治療薬です。

細胞阻害性抗がん剤は、がん細胞の細胞分裂を阻害し、最終的に細胞が死滅するよう導くもの。阻害の方法にはいくつか種類があり、それを組み合わせることでより高い効果を生むことができます。

一方、2000年以降に登場し、いまその効果が期待されているのが分子標的治療薬。正常な細胞とがん細胞の違いの部分を利用して、がん細胞だけを攻撃するように作られた抗がん剤です。

がん細胞特有の遺伝子を見つけ出し、その遺伝子のはたらきを阻害することで、がん細胞が増殖できなくなるというもの。この代表格には、乳がんに劇的な効果を示すハーセプチンが挙げられます。

分子標的治療薬にももちろんメリットとデメリットの両面があります。とはいえ、抗がん剤治療の大きな躍進に一役買ったことは間違いありません。

分子標的薬

病気の原因になっているたんぱく質など、特定の分子だけに作用するしくみを持つ治療薬を分子標的薬といいます。

従来の抗がん剤はがん細胞を死滅させて増殖を抑えますが、正常な細胞にもダメージを与えてしまうため大きな副作用が生じる場合があります。しかし、分子標的薬はがんの原因にかかわる特定の分子に限って作用するため、がん細胞だけを攻撃することになり、結果として副作用が抑えられると考えられています。

イレッサ(ゲフィチニブ)

がん細胞の増殖に影響する特定のたんぱく質に対し、選択的に作用する分子標的薬の一種です。

がん細胞の中には、上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)というたんぱく質を過剰に発現しているタイプがあります(EGFR陽性)。そこに情報伝達物質が結合すると、細胞に増殖のシグナルが送られてがんが増大していきます。この薬剤は分子標的薬の中でも分子量が小さいため、がん細胞の細胞膜を通り抜けて増殖のプロセスをブロックし、がん細胞が増えるのを抑制します。

2021年6月現在の適応は以下のとおりです。

  • EGFR遺伝子変異陽性の手術不能または再発の非小細胞肺がん

主な副作用としては発疹や下痢、嘔吐、食欲不振などが挙げられており、重大な副作用として急性肺障害、間質性肺炎、重度の下痢、脱水などが報告されています。

ハーセプチン(トラスツズマブ)

抗HER2抗体という薬剤で、悪性度の高いがん細胞に発現することの多いHER2という受容体とがん細胞を増殖させる因子が結合するのを防ぎ、がん細胞の増殖にブレーキをかける分子標的薬です。

具体的にはHER2受容体に結合し、細胞傷害性T細胞という免疫細胞を呼び寄せてがん細胞を攻撃する働き、同じく結合によって補体(異物を排除する免疫を媒介するたんぱく質)の力でがん細胞を攻撃する働きがあり、HER2を発現させている細胞だけに作用します。逆にいうと、この薬剤はHER2が過剰に発現するタイプのがんにしか使えません。

2019年10月現在の適応は以下のとおりです。

  • HER2の過剰発現が認められる乳がん
  • HER2の過剰発現が認められる治癒切除不能な進行・再発の胃がん

主な副作用としては頭痛や悪寒などが挙げられており、重大な副作用として心障害やショック、アナフィラキシー、間質性肺炎、白血球減少、好中球減少などが報告されています。

パージェタ(ペルツズマブ)

抗HER2抗体という薬剤で、がん細胞の増殖に関与する分子を狙い撃ちにする分子標的薬の一種です。

乳がんの中には、細胞の表面にHER2というたんぱく質を過剰に発現しているタイプが存在します(HER2陽性)。HER2が過剰に発現すると、そこに含まれているチロシンキナーゼという酵素の働きが活性化し、細胞増殖のシグナルが過剰に発せられてがんが増大します。この薬剤はHER2の作用を阻害して、がん細胞の増殖を抑える効果があります。

2019年10月現在の適応は以下のとおりです。

  • HER2陽性の乳がん

主な副作用としては下痢や悪心、発疹、脱毛などが挙げられており、重大な副作用として好中球減少症、白血球減少症、急性輸液反応(投与中あるいは投与後に出現する過敏症)、アナフィラキシーなどが報告されています。

カドサイラ(トラスツズマブ エムタンシン)

抗HER2抗体のトラスツズマブに、がん細胞を攻撃する細胞毒性物質エムタンシンを結合させた抗体薬物複合体です。トラスツズマブと結合させたことによって、がん細胞へ集中的にエムタンシンを送ることが可能で、副作用を抑えつつがん細胞を攻撃する新しいタイプの分子標的薬といえます。

2021年8月現在の適応は以下のとおりです。

  • HER2陽性の手術不能または再発乳がん
  • HER2陽性の乳がんにおける術後薬物療法

主な副作用としては吐き気や嘔吐、下痢といった消化器症状や疲労感などが挙げられており、重大な副作用として間質性肺炎、心障害、急性輸液反応、肝不全などが報告されています。

タイケルブ(ラパチニブ)

HER2チロシンキナーゼ阻害薬という分子標的薬の一種です。がん細胞の増殖を促すHER2が過剰に発現しているがん細胞に対し、HER2に含まれているチロシンキナーゼという酵素に作用して細胞増殖のシグナル伝達を阻害し、増殖を抑制しつつアポトーシス(細胞の自然死)をもたらします。

2020年10月現在の適応は以下のとおりです。

  • HER2の過剰発現が確認された手術不能または再発の乳がん

主な副作用としては下痢や悪心、嘔吐などが挙げられており、重大な副作用として肝機能障害や間質性肺炎、心障害などが報告されています。

アバスチン(ベバシズマブ)

正常な細胞とは異なり、がん細胞は無秩序に増殖していきます。がん細胞は増殖した分、より多くの栄養や酸素を要するため、それらを取り入れるために新たな血管(新生血管)をつくり出す必要があります。

この薬剤は血管を形成するたんぱく質を選択的にシャットアウトして血管形成を阻害し、がん細胞への栄養供給を妨げて死滅させる作用があります。結果として新生血管を経由したがん細胞の転移も防ぐことができるため、非常に有効な分子標的薬だと考えられています。

2020年9月現在の適応は以下のとおりです。

  • 治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん
  • 扁平上皮がんを除く切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん
  • 手術不能または再発乳がん
  • 悪性神経膠腫
  • 卵巣がん
  • 進行または再発の子宮頸がん
  • 切除不能な肝細胞がん

主な副作用としては血圧上昇や疲労・倦怠感、食欲低下、悪心などが挙げられており、重大な副作用としてショック、アナフィラキシーなどが報告されています。

リツキサン(リツキシマブ)

悪性リンパ腫はリンパ球ががん化し、リンパ節などに腫瘍を生じる血液のがんです。リンパ球にはB細胞やT細胞、NK細胞などがありますが、悪性リンパ腫の中ではB細胞ががん化するケースがもっとも多くなっています。

この薬剤はB細胞の表面に存在するCD20というたんぱく質に結合する分子標的薬で、免疫細胞を活性化させてがん化したB細胞を攻撃させます。

2021年4月現在の主な適応は以下のとおりです。

  • CD20陽性のB細胞性非ホジキンリンパ腫
  • CD20陽性の慢性リンパ性白血病
  • 免疫抑制状態下のCD20陽性のB細胞性リンパ増殖性疾患

主な副作用としては発熱や疼痛、倦怠感、悪心、嘔吐などが挙げられており、重大な副作用としてアナフィラキシーや肺障害、心障害、血圧低下などが報告されています。

レブラミド(レナリドミド)

免疫調節薬の一種で、従来の抗がん剤とは違った作用機序を持っているのが特徴です。具体的には免疫細胞を活性化してがん細胞への攻撃力を高めるほか、骨髄腫細胞の自然死を促したり、がん細胞に栄養を供給する血管の新生を抑えたりと、複数の作用でがん細胞を攻撃します。また、この薬剤はサリドマイドの誘導体で強い催奇形性を持つため、厳格な安全管理を要するとされています。

2021年7月現在の適応は以下のとおりです。

  • 多発性骨髄腫
  • 5番染色体長腕部欠失を伴う骨髄異形成症候群
  • 再発または難治性の成人T細胞白血病リンパ腫
  • 再発または難治性の濾胞性リンパ腫および辺縁帯リンパ腫

主な副作用としては便秘や下痢、悪心、疲労感などが挙げられており、重大な副作用として静脈血栓症や肺塞栓症、脳梗塞、骨髄抑制などが報告されています。

リムパーザ(オラパリブ)

損傷したDNAを修復するPARPというたんぱく質の働きを阻害する薬剤です。正常な細胞は別のプロセスで修復されますが、がん細胞はPARPを阻害されるとDNAを修復できずにアポトーシス(細胞の自然死)に至ります。こうしたメカニズムによって、がん細胞の増殖を抑える効果があると考えられています。

2020年12月現在の適応は以下のとおりです。

  • 白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣がんにおける維持療法
  • BRCA遺伝子変異陽性の卵巣がんにおける初回化学療法後の維持療法
  • 相同組換え修復欠損を有する卵巣がんにおけるベバシズマブ(遺伝子組換え)を含む初回化学療法後の維持療法
  • がん化学療法歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能または再発乳がん
  • BRCA遺伝子変異陽性の遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺がん
  • BRCA遺伝子変異陽性の治癒切除不能な膵がんにおける白金系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法後の維持療法

BRCA遺伝子とは誰しもが持っている遺伝子のひとつで、DNAの損傷を修復して細胞のがん化を防ぐ作用があります。BRCA遺伝子変異陽性とは、その作用に異常をきたしていることを意味します。

この薬剤の主な副作用としては悪心や嘔吐、下痢、疲労などが挙げられており、重大な副作用として骨髄抑制や間質性肺疾患などが報告されています。

ネクサバール(ソラフェニブ)

細胞の増殖や血管新生に関与するリン酸化酵素を阻害する分子標的薬の一種です。さまざまな酵素を阻害できるため、マルチキナーゼ阻害剤と呼ばれています。

細胞の増殖を活性化させるシグナルを伝達するRafキナーゼ、血管新生を促進するたんぱく質のVEGFRやPDGFRの作用を抑えることで、複合的に抗がん効果を生み出す薬剤です。

2019年9月現在の適応は以下のとおりです。

  • 根治切除不能または転移性の腎細胞がん
  • 切除不能な肝細胞がん
  • 根治切除不能な甲状腺がん

主な副作用としては脱毛や発疹、血圧上昇、下痢などが挙げられており、重大な副作用では手足症候群や剥脱性皮膚炎、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群などが報告されています。

ジカディア(セリチニブ)

がん細胞の増殖に関与する酵素の作用を狙い撃ちする、分子標的薬の一種です。非小細胞肺がんには、細胞の増殖に影響するALKというたんぱく質をつくる遺伝子が変異しているタイプが5%程度存在します。この遺伝子変異は細胞増殖のシグナルを過剰に発信し、がん細胞も増えていきます。この薬剤はシグナルの発信元になっているたんぱく質の働きを阻害し、がん細胞の増殖を抑える効果があります。

2021年4月現在の適応は以下のとおりです。

  • ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん

この薬剤の主な副作用としては悪心や嘔吐、下痢、食欲減退、肝機能検査値異常などが挙げられており、重大な副作用として手足症候群や剥脱性皮膚炎、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群などが報告されています。

免疫チェックポイント阻害薬

私たちの身体の中には、異物の侵入を防いだり、侵入してきた異物を攻撃したりする働きを持つ免疫細胞が存在しています。しかし、がん細胞には免疫細胞と結合して働きを弱め、攻撃から逃れるメカニズムを持っているタイプもあります。

がん細胞と免疫細胞の結合を「免疫チェックポイント」といいます。その結合を阻害することで免疫細胞のブレーキを解放し、がん細胞を攻撃できるようにする薬を免疫チェックポイント阻害薬といいます。

オプジーボ(ニボルマブ)

がん細胞の表面に存在するPD-L1というたんぱく質は、免疫細胞の表面にあるPD-1というたんぱく質と結合することで免疫細胞の攻撃力にブレーキがかかってしまいます。この薬剤は抗PD-1抗体と呼ばれる免疫チェックポイント阻害薬の一種で、PD-L1とPD-1の結合を阻害して免疫細胞ががん細胞を攻撃できるようにする作用があります。

2021年8月現在の適応は以下のとおりです。

  • 悪性黒色腫
  • 切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん
  • 根治切除不能または転移性の腎細胞がん
  • 再発または難治性の古典的ホジキンリンパ腫
  • 再発または遠隔転移を有する頭頚部がん
  • がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の胃がん
  • 切除不能な進行・再発の悪性胸膜中皮腫
  • がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性を有する結腸・直腸がん
  • がん化学療法後に増悪した根治切除不能な進行・再発の食道がん

主な副作用としては疲労感や下痢、悪心、食欲減退、関節痛などが挙げられており、重大な副作用として間質性肺疾患や重症筋無力症、心筋炎、横紋筋融解症などが報告されています。

バベンチオ(アベルマブ)

がん細胞と免疫細胞の表面に存在するたんぱく質、それぞれPD-1とPD-L1との結合を阻害する免疫チェックポイント阻害薬です。有名なオプジーボは抗PD-1抗体ですが、この薬剤は抗PD-L1抗体で、同じように免疫チェックポイントを阻害して免疫細胞ががん細胞を攻撃できるようにします。

2021年2月現在の適応は以下のとおりです。

  • 根治切除不能なメルケル細胞がん(皮膚の神経内分泌がん)
  • 根治切除不能または転移性の腎細胞がん
  • 根治切除不能な尿路上皮がんにおける化学療法後の維持療法

主な副作用としては下痢や悪心、嘔吐、手足の知覚異常などが挙げられており、重大な副作用として間質性肺疾患や膵炎、心筋炎、横紋筋融解症などが報告されています。

ヤーボイ(イピリムマブ)

がん細胞への攻撃の司令塔となるのはT細胞という免疫細胞ですが、そもそもがん細胞が敵だという情報をT細胞に伝えるのが抗原提示細胞です。しかし、T細胞の表面に存在するCTLA-4という分子と、抗原提示細胞の表面にあるCD80/86という分子が結合すると、がん細胞への攻撃を止めるような指示が出てしまいます。

この薬剤はCD80/86よりも先にCTLA-4に結合することで攻撃中止指示を出させず、免疫細胞を活性化してがん細胞を攻撃させる作用があります。

2021年8月現在の適応は以下のとおりです。

  • 根治切除不能な悪性黒色腫
  • 根治切除不能または転移性の腎細胞がん
  • がん化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の高頻度マイクロサテライト不安定性を有する結腸・直腸がん
  • 切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん
  • 切除不能な進行・再発の悪性胸膜中皮腫

主な副作用としてはそう痒症や悪心、嘔吐、腹痛、疲労感などが挙げられており、重大な副作用として大腸炎や消化管穿孔、重度の下痢などが報告されています。

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)