公開日: |更新日:

良性腫瘍と悪性腫瘍

このページでは、良性腫瘍と悪性腫瘍の違いについて、それぞれの特徴や注意点などにもとづきながら詳しく解説しています。癌治療や転移癌に関する知識を得たいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

良性腫瘍と悪性腫瘍とは?

すぐさま治療が必要になる腫瘍とならない腫瘍

体内の臓器には様々な部位で腫瘍が発生する可能性もありますが、一般的に癌と診断される腫瘍は「悪性腫瘍」であり、それ以外の腫瘍は「良性腫瘍」として必ずしも治療を行うべきとは限りません。

例えば、加齢にともなって腕に新しくホクロができたとして、それが常に皮膚癌と診断されるというわけではありません。

癌として直ちに治療が必要とされる腫瘍が悪性腫瘍であり、良性腫瘍は現時点で治療の必要がなかったり、生命に悪影響を及ぼさなかったりする腫瘍を指します。

ただし、良性腫瘍といっても体に変化が生じていることは事実であり、良性だからといって無視して良いとはならないことも覚えておきましょう。

良性腫瘍と悪性腫瘍との3つの違い

良性腫瘍と悪性腫瘍を区別するポイントとして、代表的な3点をご紹介します。

腫瘍細胞の増殖速度

癌(悪性腫瘍)の特徴として、通常の細胞よりも活発に増殖して広がっていくという点が挙げられます。そのため、腫瘍が良性か悪性かを見極める上で、腫瘍細胞の増殖スピードは重要な指標といえるでしょう。

良性腫瘍の場合、通常の細胞と同じように緩やかな速度で増殖したり、またはほとんど増殖しなかったりするため、短期間で大きな変化は認められません。一方、悪性腫瘍は急激に増殖し、周囲の細胞にも悪影響を及ぼします。また、増殖スピードが高いということは活性度が高いということでもあり、細胞や組織への血流や酸素消費量といった観点からも悪性度を検証することが可能です。

腫瘍の形状

一般的に、良性腫瘍では腫瘍の形状が整っており、腫瘍と周辺組織の境目も比較的綺麗な状態になっていることが多いとされています。これは、良性腫瘍が通常の細胞と同様に増殖して生まれた結果であり、一定の規則性に従って増殖していることが理由です。

それに対して悪性腫瘍では不規則な増殖の仕方をしたり、一部に偏って増殖したりするため、一般的な腫瘍や組織と比較して周辺が不明瞭であったり、全体的にいびつな形状をしているケースが少なくありません。

浸潤の有無

浸潤とは、上皮細胞の上に発生した癌細胞が、その下部の組織や周辺の臓器などへ広がって、奥へ奥へと入り込んでいくことを指します。

癌が進行すると組織や臓器の表面から、やがて筋肉や骨といった組織にまで浸潤していき、やがて血管やリンパ管などを通って癌細胞が他の臓器へ転移するリスクも増大します。

つまり、腫瘍の浸潤の有無は、それが良性腫瘍か悪性腫瘍かを見極める上で重要なポイントとなるでしょう。

ただし、すでに述べた通り、癌細胞の浸潤は癌の進行度と相関しており、悪性腫瘍であっても初期の頃は浸潤が進んでいない場合もあります。そのため、現時点で腫瘍細胞が浸潤していないからといって、それが良性腫瘍に間違いないと安易に即断することは危険です。

良性腫瘍だと診断された腫瘍であっても、時間の経過に従って徐々に他臓器へ浸潤していく可能性もあり、定期的な癌検診などによって状態を観察していくことが大切です。

良性腫瘍だからといって油断せず医師へ相談しよう

腫瘍が発見されたとして、現時点では悪性でなく良性腫瘍と診断されることも珍しくありません。しかし、実は悪性であることを見落としていたり、または良性だった腫瘍が時間経過によって悪性化したりといったリスクも考えられます。

そのため、例えば気になるホクロやできものなどが生じた場合、速やかに病院へ行って医師の診断を受け、またその後に変化が感じられれば改めて癌検診などを受けるといった取り組みも重要です。

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

癌の治療法としては主に、切除手術、抗がん剤治療(化学療法)、放射線治療があります。
掲載している治療法には保険適用のものと、適用外のものがございます。保険適用外の治療法については、全額自己負担となります。
症状・治療法・クリニックによって、費用や治療回数・期間は変動いたしますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスク等も診療方法によって異なりますので、詳しくは各クリニックに直接確認してから治療を検討することをおすすめします。
治療法によっては未承認機器や未承認医薬品を使用する場合があります。
入手経路や国内の諸外国における安全性等にかかわる情報、同一成分や性能を有する他の国内承認医薬品等の有無は、使用する医療機器・医薬品、クリニックによって異なります。
詳細については各クリニックに直接お問い合わせください。

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)