癌転移の治療ガイド » 知っておきたい癌と必要なケアのこと » 塩分の過剰摂取と癌リスクとの相関性

公開日: |更新日:

塩分の過剰摂取と癌リスクとの相関性

このページでは、塩分の過剰摂取や日本食に多い塩蔵食品と、癌の発生リスクとの関係性について分かりやすく解説していますので、食生活改善の参考としてご活用ください。

塩分の取り過ぎは癌の原因になり得る?

塩分の過剰摂取が病気のリスクを高める

健康的な食生活やライフスタイルが病気リスクの軽減に有効であることは一般的に認知されていますが、一方で塩分の摂り過ぎによる健康被害や病気のリスク増大についても世界中で研究が進められています。

日常的に塩分を摂り過ぎることで、生活習慣病の1つである高血圧症のリスクを上げることが示唆されており、さらに脳卒中や心筋梗塞といった循環器疾患のリスクを高めることも無視できないポイントです。

また、過剰な塩分摂取や塩蔵食品の摂取は胃癌リスクを高めるとされており、特に食塩摂取量が多い男性において胃癌リスクが大きいことは無視できません。加えて、塩分濃度の高い塩蔵食品として、塩辛やいくらの醤油漬けなどを日常的に食べているグループでは、男女の性別に関係なく胃癌リスクが高まるという研究結果も報告されています。

参考元:国立研究開発法人国立がん研究センター癌対策研究所予防関連プロジェクト|塩分・塩蔵食品と、がん・循環器疾患の関連について

塩分摂取と塩蔵食品の摂取による影響の差

1995年から2004年までの期間、岩手県から沖縄県まで各地の9保健所が共同し、食生活と癌リスクや循環器疾患リスクとの相関性について8万人規模の追跡調査を行いました。

報告によると、塩分の摂取量に比例して循環器疾患のリスクが高まっているという結果が得られており、また塩蔵魚類や魚卵といった塩蔵食品の摂取量に比例して、胃癌などの癌リスクが高まっているという結果が得られています。

塩蔵食品の製造過程で生成される成分が原因?

追跡調査の結果、塩分の単純摂取だけでなく、塩蔵食品の製造過程において生成されるニトロソ化合物が、胃癌リスクを上げている可能性が示唆されました。

参考元:国立研究開発法人国立がん研究センター癌対策研究所予防関連プロジェクト|塩分・塩蔵食品と、がん・循環器疾患の関連について

塩分は循環器疾患のリスクとも関係している

塩分の過剰摂取は循環器疾患のリスクを増大させる

塩分の摂取量が循環器疾患のリスクを高める可能性があることは追跡調査で確認されたものの、塩蔵食品の摂取量がそのまま循環器疾患のリスクを上げていたわけではない点も重要です。

このことから、魚介類を材料とする塩蔵食品では、塩分だけでなくDHAやEPA、カリウムといった様々な栄養分も含有されており、それらが全体的に相互作用して循環器疾患のリスク増大へ直結していない可能性が指摘されています。

ただし、根本的に塩分量が増えることで高血圧症や循環器疾患のリスクが高まることは知られており、塩蔵食品だからといって問題を無視して良いということにはなりません。

日本人の食事習慣には注意が必要

和食は塩分や塩蔵食品が多い

健康なイメージのある和食ですが、日本文化にはそもそも醤油や味噌、漬物など塩分の含有量が多い食品や調味料が多く、さらに食の多様化や外食産業の発展によって幅広い年齢層で塩分の過剰摂取が危惧されています。

減塩生活を続けるためのポイント

美味しくない食事はストレスを溜める

いくら健康に良いと言われても、味気なく美味しくない食事を続けるとストレスが増大して、別のリスクが高まるでしょう。

そのため、多様な食習慣で楽しみながら減塩生活を続けられるよう考えることが重要です。

素材の味を楽しめる旬の食材

過度な味付けがなくとも素材の味を楽しめるよう、旬の食材を選ぶことは有効です。

塩以外の調味料も工夫する

ポン酢やりんご酢など、塩以外の調味料によって味付けをすることも食の多様性を広げます。

カリウムを意識的に摂取する

摂取した塩分を排出しやすくなるように、ほうれん草やタマネギ、トマトといったカリウムを多く含む食材を摂取することもポイントです。なお、トマトジュースなどでカリウムを摂取する際は、無塩のものを選ぶように意識すると良いでしょう。

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

癌の治療法としては主に、切除手術、抗がん剤治療(化学療法)、放射線治療があります。
掲載している治療法には保険適用のものと、適用外のものがございます。保険適用外の治療法については、全額自己負担となります。
症状・治療法・クリニックによって、費用や治療回数・期間は変動いたしますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスク等も診療方法によって異なりますので、詳しくは各クリニックに直接確認してから治療を検討することをおすすめします。
治療法によっては未承認機器や未承認医薬品を使用する場合があります。
入手経路や国内の諸外国における安全性等にかかわる情報、同一成分や性能を有する他の国内承認医薬品等の有無は、使用する医療機器・医薬品、クリニックによって異なります。
詳細については各クリニックに直接お問い合わせください。

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)