癌転移の治療ガイド » 知っておきたい癌と必要なケアのこと » 癌予防に期待できる食生活とは?

公開日: |更新日:

癌予防に期待できる食生活とは?

癌リスクに影響するポイントとして、食生活の内容が医学的にも重視されています。このページでは、癌予防に期待できる食事の仕方や、食材などについて分かりやすく解説していますので、生活習慣改善の参考にしてください。

食生活が癌のリスクへ影響する

食材によって発癌リスクが変動する

医学的にはっきりと発癌リスクを上げたり、あるいは癌を予防したりできると確認されている食材や食品はあまり多くありません。

しかし、一部の食材や食品については特定の癌リスクを上げる可能性があるとされており、体質や健康状態を考えながら食べ方をプランニングしていくことは、癌の予防や健康習慣の獲得において重要だといえます。

参考元:がん情報サービス|科学的根拠に基づくがん予防

参考元:がん情報サービス|がんの発生要因

癌リスクを上げるとされる食材・食品

アルコール

はっきりと癌リスクを上げるとされている食品の1つがお酒(アルコール)です。ただし、アルコールは飲酒量や飲み方によっても影響が異なるため、自分の体質を理解した上で正しい節酒方法を考えていくことが大切です。

参考元:公益社団法人アルコール健康医学協会|アルコールと健康に関する最新の医学情報

赤身肉や加工肉などの肉類

牛肉や豚肉の赤身、また加工肉といった肉類は大腸癌や乳癌のリスクを上げるとされています。

参考元:がん情報サービス|がんの発生要因

塩分・塩蔵食品

塩蔵食品とは、塩辛や数の子、いくらなど塩分を多く含む食品です。塩蔵食品を過剰に摂取することで、胃癌リスクが上がるとされています。

また、塩分の多い食事を続けて高血圧になれば、健康を害して癌リスクの上昇へつながる恐れもあるでしょう。

参考元:国立研究開発法人国立がん研究センター癌対策研究所予防関連プロジェクト|食塩・塩蔵食品摂取と胃がんとの関連について

熱いもの

口内や喉の粘膜が火傷を負うくらい熱いものを日常的に食べたり飲んだりしている人は、食道粘膜が傷つけられて発癌リスクが上がるとされています。

参考元:公益財団法人長寿科学振興財団健康長寿ネット|がん予防のための食事とは

焦げている食材

野菜や肉の焦げている部分が発癌を促すという可能性も指摘されており、焦げている食品は控えることもポイントです。

残留農薬や食品添加物など

残留農薬や食品添加物とされるものの中には、発がん性が指摘されているものもあります。野菜は食べる前によく洗うようにしてください。

癌予防をサポートするとされる食材・食品

食物繊維の多い食材

食物繊維を多く含む野菜や根菜は、腸内環境を整えて消化器系の発癌リスクを下げると期待されている食材です。

緑黄色野菜・果物

十分なビタミンやミネラルを摂取することで、健康維持に好影響を与えられると分かっています。ビタミンAやB群、C、Eなど様々なビタミンを幅広く摂取できるように、色々な野菜や果物を食べる習慣作りが大切です。

乳製品(ヨーグルト)

ヨーグルトなど乳酸菌を含む食品が健康へ良い影響を与えるという研究結果も報告されています。

ただし、牛乳の過剰摂取が前立腺癌のリスクを上げる可能性も示唆されており、食べ過ぎ飲み過ぎは厳禁です。

参考元:順天堂大学医学部付属順天堂医院がん治療センター|第15回市民公開講座 質疑応答:講演1

癌予防のために食生活を見直す3つのポイント

食べ方や食べるものについて理解する

暴飲暴食が健康に悪いということは医学的にも一般的にも知られている事実ですが、具体的にどのような食事が健康へ影響しているのか、普段から意識している人は少ないでしょう。

食事の習慣を見直すことで癌予防へ好意的な効果を発揮できる可能性があり、まずは自分がどのような食生活を送っているか現状を確認することが大切です。

参考元:がん情報サービス|科学的根拠に基づくがん予防

無理なく続けられる食生活

例えば栄養学的に理想の食事だと言われても、それが美味しくなかったり、嫌いなものばかり使われていたりすれば、楽しく食事を続けることができず、せっかくの食習慣の改善も失敗してしまうでしょう。また、無理矢理に嫌いなものを食べ続けることでストレスがたまり、余計に病気のリスクが高まる恐れもあります。

栄養学的・医学的に健康とされる食生活を意識しつつも、自分にとって継続できる食事習慣から始めていくことが肝心です。

運動習慣とセットで考える

食事量や内容は、日常的に消費するカロリーや運動量によっても適正な範囲が変わります。そのため、食生活の改善は適度な運動習慣とセットで計画していくようにしてください。

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

癌の治療法としては主に、切除手術、抗がん剤治療(化学療法)、放射線治療があります。
掲載している治療法には保険適用のものと、適用外のものがございます。保険適用外の治療法については、全額自己負担となります。
症状・治療法・クリニックによって、費用や治療回数・期間は変動いたしますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスク等も診療方法によって異なりますので、詳しくは各クリニックに直接確認してから治療を検討することをおすすめします。
治療法によっては未承認機器や未承認医薬品を使用する場合があります。
入手経路や国内の諸外国における安全性等にかかわる情報、同一成分や性能を有する他の国内承認医薬品等の有無は、使用する医療機器・医薬品、クリニックによって異なります。
詳細については各クリニックに直接お問い合わせください。

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)